世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

V2X通信の未来


The Future of V2X Communications

概要 Berg Insight社は、2020年末時点でV2X機能を搭載した自動車が道路を走っている数は約70万台と推定しています。この数は、2025年には3,510万台まで増加すると予想されています。以下の分析におけ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2021年7月31日 Eur750
シングルユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
40 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

Berg Insight社は、2020年末時点でV2X機能を搭載した自動車が道路を走っている数は約70万台と推定しています。この数は、2025年には3,510万台まで増加すると予想されています。以下の分析におけるBerg Insight社のVehicle-to-Everything(V2X)システムの定義は、自動車に搭載され、IEEE 802.11pまたはC-V2Xプロトコルのいずれかを使用して、自動車が周囲の交通システムの可動部と通信することができる技術である。802.11pベースの技術とC-V2X技術の両方が市場で共存すると考えられていますが、地域によって成功の度合いは異なります。新車販売時のV2Xの装着率は、2020年の0.6%から2025年には23.4%になるという。ベンダー、製品、市場に関する最新情報をお届けします。

 


 

The Future of V2X Communicationsは、セルラーV2XとDSRCのような802.11pベースの技術の両方をカバーするV2X市場の包括的な概要を提供します。Berg Insight社のこの戦略的調査報告書は、5年間の業界予測と期待されるコメントを含む40ページのユニークなビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の根拠となります。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業への多数のインタビューから得られた洞察。
  • V2X技術と主要なアプリケーションの包括的な概要。
  • 最新の業界動向や開発状況のまとめ。
  • 10社以上の自動車メーカーのV2Xテレマティクスへの取り組みのケーススタディ。
  • V2Xのバリューチェーンを構成する9つのキープレイヤーの詳細なプロフィールを掲載。
  • 2025年までの世界および地域別の広範な市場予測。

2020年には、V2X機能を搭載した自動車が0.7百万台に達する

V2X(Vehicle-to-everything)とは、車両と、インフラや歩行者、ネットワークなどの関連環境との間の通信を指します。V2X通信では、車両が相互にデータを交換したり、インフラとデータを交換したりします。一般的には、V2Xという広義の用語が使われ、「X」は任意の車両やインフラのノードなどを表します。V2X技術は、ドライバーの危険予知能力を向上させ、衝突回避能力を高めることで、死亡者数や負傷者数を減らし、交通効率を高めることができます。また、交通渋滞を警告したり、代替ルートを提案したり、よりスマートな交通管理が可能になります。

車両間の通信は20年以上前から議論されてきたが、実装はほとんどされていない。V2Xの直接通信には、DSRCなどの802.11pベースの技術と、セルラーV2X(C-V2X)の2つの主要なセットが存在する。802.11pベースの技術は欧州や日本で導入されているが、C-V2Xは他の地域でも普及が進んでいる。Berg Insight社は、2020年末の時点で、V2X機能を搭載した自動車が約70万台、道路を走っていると推定しています。この数は、2025年には3,510万台まで増加すると予想されています。802.11pベースの技術とC-V2X技術の両方が市場で使用されると考えられていますが、地域によって成功率は異なります。V2Xの装着率は、2020年の0.6%から2025年には23.4%に増加します。中国は、2025年以降もV2Xを搭載した車両の数でトップを維持すると予想されます。

自動車メーカーは、V2Xサービスを構築する際に、異なる接続方法を選択することができます。802.11pベースの技術を使ってV2Xを展開している自動車メーカーには、フォルクスワーゲンやトヨタがあり、C-V2Xはフォード、BMW、アウディ、通信業界が支援している。ロードサイドユニット(RSU)やオンボードユニット(OBU)などのV2X専用ハードウェアの専門ベンダーには、Askey社、Applied Information社、Cohda Wireless社、Danlaw社、HARMAN Savari社、Commsignia社などがある。V2Xのソフトウェアベンダーには、Marben ProductsやESCRYPTなどがある。V2Xのハードウェアベンダーは、道路運営者、インフラベンダー、都市や自治体、交通機関の開発者に製品を販売しています。

本レポートは以下の質問に答えます

  • どのようなトレンドや開発が市場を形成しているのか?
  • この技術の主要な応用分野は何ですか?
  • ソリューションベンダーはどのようなビジネスモデルを採用しているのか?
  • C-V2Xの導入による市場への影響は?
  • 今後、V2X通信市場はどのように進化していくのでしょうか。

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図の一覧

エグゼクティブサマリー

1 V2X(Vehicle-to-Everything)について

1.1    Introduction to V2X
1.1.1    Brief history of V2X communications
1.1.2    V2Xの理論的根拠
1.2    技術環境
1.2.1    802.11p技術(DSRC、ITS-G5)について
1.2.2    セルラーV2X(C-V2X)について

2 V2Xエコシステム

2.1    Automotive OEMs
2.1.1    Audi
2.1.2    BMW
2.1.3    BYD
2.1.4    Daimler
2.1.5    Ford
2.1.6    Geely
2.1.7    General Motors
2.1.8    Honda
2.1.9    Renault
2.1.10    Toyota
2.1.11    フォルクスワーゲン
2.2    半導体ベンダー
2.2.1    オートタークス
2.2.2    クアルコム
2.2.3    NXPセミコンダクターズ
2.3    V2X専門のベンダー
2.3.1    アスキー
2.3.2    応用情報
2.3.3    コーダワイヤレス
2.3.4    コムサイズム
2.3.5    ダンロー
2.3.6    ハーマン・サバリ

3 市場予測とトレンド

3.1    Market analysis
3.1.1    Car sales forecast
3.1.2    V2X market sizing and forecast
3.1.3    V2X deployments in Europe
3.1.4    V2X deployments in North America
3.1.5    その他の地域におけるV2Xの導入状況
3.2    市場動向と業界の見解
3.2.1    中国はC-V2X導入の主要市場
3.2.2    新しい自動車評価プログラムがV2Xの需要を促進する
3.2.3    V2Xは完全な自動運転を実現するための必要条件

用語解説

 

ページTOPに戻る


 

Summary

スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)の調査レポート「V2X通信の未来」は、V2X通信市場の動向を調査し、セルラーV2XおよびDSRCなどの801.11pベースの技術、両方を含むV2X市場を分析・予測しています。

Description

Berg Insight estimates that there were about 0.7 million cars on the roads equipped with V2X capabilities at the end of 2020. The number is expected to grow to 35.1 million by 2025. Berg Insight’s definition of a Vehicle-to-Everything (V2X) system in the following analysis is a technology installed in cars that allows vehicles to communicate with moving parts of the traffic system around them using either IEEE 802.11p or C-V2X protocols. It is believed that both 802.11p-based technologies and C-V2X technologies will co-exist on the market but with varying success in different regions. The attach rate of V2X on new cars sold will grow from 0.6 percent in 2020 to 23.4 percent in 2025. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 


 

The Future of V2X Communications gives a comprehensive overview of the V2X market covering both Cellular V2X and 802.11p-based technologies such as DSRC. This strategic research report from Berg Insight provides you with 40 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expect commentary on which to base your business decisions.

Highlights from the report:

  • Insights from numerous interviews with market-leading companies.
  • Comprehensive overview of V2X technologies and key applications.
  • Summary of the latest industry trends and developments.
  • Case studies of more than 10 car OEM V2X telematics initiatives.
  • In-depth profiles of 9 key players in the V2X value chain.
  • Extensive global and regional market forecasts lasting until 2025.

The number of cars with V2X capabilities on the roads reached 0.7 millio n in 2020

Vehicle-to-everything (V2X) refers to communications between a vehicle and the related environment such as infrastructure, pedestrians and network. V2X communications involves vehicles exchanging data with each other and the infrastructure. The broader term V2X is commonly used where the “X” represents for example an arbitrary vehicle or infrastructure node. V2X technology can improve driver awareness of upcoming potential dangers and improve collision avoidance, resulting in reduced fatalities and injury severity and potentially enhance traffic efficiency. Additional benefits include warnings for upcoming traffic congestions, proposing alternative routes and smarter transportation management.

Communications between vehicles have been discussed for more than two decades, but with few implementations. Two key sets of V2X direct communications exist: 802.11p-based technologies such as DSRC and Cellular V2X (C-V2X). While 802.11p-based technologies have been deployed in Europe and Japan, C-V2X is gaining momentum in other regions. Berg Insight estimates that there were about 0.7 million cars on the roads featuring V2X capabilities at the end of 2020. This number is expected to grow to 35.1 million by 2025. It is believed that both 802.11p-based technologies and C-V2X technologies will be in use on the market but with varying success in different regions. The attach rate of V2X will grow from 0.6 percent in 2020 to 23.4 percent in 2025. China is expected to stay in the lead in terms of vehicles equipped with V2X through 2025 and onwards.

Automotive manufacturers can choose between the different connectivity options wen creating V2X services. Carmakers that have deployed V2X based on 802.11p-based technologies include Volkswagen and Toyota, whereas C-V2X is backed by Ford, BMW, Audi and the telecommunications industry. Specialised vendors of dedicated V2X hardware such as roadside units (RSUs) and onboard units (OBUs) include Askey, Applied Information, Cohda Wireless, Danlaw, HARMAN Savari and Commsignia. V2X software vendors include Marben Products and ESCRYPT. V2X hardware vendors sell products to road operators, infrastructure vendors, cities and municipalities and developments of transportation.

This report answers the following questions:

  • Which trends and developments are shaping the market?
  • Which are the key application areas for this technology?
  • What business models are used by the solution vendors?
  • How will the introduction of C-V2X affect the market?
  • How will the V2X communications market evolve in the future?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1 Vehicle-to-Everything (V2X)

1.1    Introduction to V2X
1.1.1    Brief history of V2X communications
1.1.2    The rationale for V2X
1.2    Technology environment
1.2.1    802.11p technologies (DSRC and ITS-G5)
1.2.2    Cellular V2X (C-V2X)

2 The V2X ecosystem

2.1    Automotive OEMs
2.1.1    Audi
2.1.2    BMW
2.1.3    BYD
2.1.4    Daimler
2.1.5    Ford
2.1.6    Geely
2.1.7    General Motors
2.1.8    Honda
2.1.9    Renault
2.1.10    Toyota
2.1.11    Volkswagen
2.2    Semiconductor vendors
2.2.1    Autotalks
2.2.2    Qualcomm
2.2.3    NXP Semiconductors
2.3    Specialised V2X vendors
2.3.1    Askey
2.3.2    Applied Information
2.3.3    Cohda Wireless
2.3.4    Commsignia
2.3.5    Danlaw
2.3.6    HARMAN Savari

3 Market forecast and trends

3.1    Market analysis
3.1.1    Car sales forecast
3.1.2    V2X market sizing and forecast
3.1.3    V2X deployments in Europe
3.1.4    V2X deployments in North America
3.1.5    V2X deployments in Rest of World
3.2    Market trends and industry observations
3.2.1    China is the main market for C-V2X deployments
3.2.2    New car assessment programmes to drive demand for V2X
3.2.3    V2X is a requirement to achieve full automated driving

Glossary

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(V2X)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る