世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

欧州と北米のEV充電インフラ(第3版)


EV Charging Infrastructure in Europe and North America - 3nd Edition

概要 本調査では、欧州と北米の電気自動車充電インフラ市場を調査しています。欧州の専用充電ポイントの総設置台数は、2021年の450万台から2026年までに年平均成長率(CAGR)34%で1960万台に増加する... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年1月24日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

本調査では、欧州と北米の電気自動車充電インフラ市場を調査しています。欧州の専用充電ポイントの総設置台数は、2021年の450万台から2026年までに年平均成長率(CAGR)34%で1960万台に増加すると予測します。北米では、専用充電ポイントの設置台数は2021年の140万台から2026年には610万台に達し、CAGR34%で成長するとベルグインサイトは予測しています。この数字には、民間と公共の充電ポイントの両方が含まれます。2021年には、両地域のこれらの充電ポイントのうち約160万台がセルラー接続でモニターされています。ベンダー、充電ポイント事業者、製品、市場に関する最新情報を入手することができます。

 


 

欧州と北米のEV充電インフラは、この2つの地域における電気自動車充電市場の最新動向を分析したベルグインサイトの第2弾戦略レポートです。充電ポイントの運営会社、自動車OEMの取り組み、ハードウェアとソフトウェアのベンダーなど、バリューチェーンのあらゆる部分をカバーしています。本レポートは、5年間の業界予測、専門家のコメント、実際のケーススタディなど、190ページに及ぶ独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎となる情報を提供します。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする30社のエグゼクティブインタビューから洞察
  • 欧州と北米のEV充電インフラに関する最新データ
  • EV充電のバリューチェーンと主要アプリケーションの包括的な説明
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • EV充電のハードウェアとソフトウェアを提供する68社のプロファイル
  • 充電ポイント運営会社(CPOs)32社のプロファイル
  • 2026年までの市場予測

欧州と北米のEV充電ポイント接続数は2026年に1,800万カ所に達する見込み

電気自動車(EV)充電とは、バッテリー式電気自動車やプラグインハイブリッド自動車を外部電源から充電することです。この外部電源は、多くの場合、充電ステーションであり、電気自動車と電力網の接続を可能にする機器と定義されます。EV充電ステーションは、自動車の電動化に関する議論において重要な役割を担っています。電気自動車とEV充電ステーションは、輸送が環境に与える影響を軽減するための必須条件として、しばしば話題に上ります。

Berg Insightは、EV充電ソリューションの市場は今後数年間は成長期にあると見ている。自動車の排気ガスや気候変動といった大きな課題が、電気自動車やEV充電インフラへの投資を促し、市場の前向きな見通しを後押ししています。欧州におけるCOVID-19危機とそれに続くサプライチェーン不足、エネルギー危機は、市場に目立った落ち込みを与えていません。ベルグインサイトは、長期的に大きな成長が続くと前向きに考えています。欧州の専用充電ポイントの総数は、2021年の450万台から2026年末には1,960万台へと、年平均成長率(CAGR)34%で増加すると予測されます。北米では、専用充電ポイントの総数が2021年の140万台から2026年には610万台に達し、CAGR34%で成長するとベルグインサイトは推定しています。この数字には、民間と公共の充電ポイントの両方が含まれています。

充電ステーションは、従来の非接続型ハードウェアから、Wi-Fiや2G/4G携帯電話などの接続技術を利用したスマートデバイスに進化しています。充電ポイントオペレーター(CPO)は充電ステーションを遠隔で監視・保守でき、EVドライバーは充電器の場所を特定し、充電の可否を監視し、支払いを管理することができます。2021年には、欧州における接続型充電ポイントの数は260万台に達し、57%の普及率に相当すると推定されます。北米では、接続型充電ポイントの数は約70万台と推定され、52%の普及率に相当します。欧州と北米の接続型充電ポイントのほとんどは、公共または準公共の用途に使用されています。

欧州の主要なEV充電ステーションメーカーには、自動車メーカーやパワーエレクトロニクス・ソリューションプロバイダーが名を連ねています。また、一部のピュアプレイ充電ステーションメーカーも有力なプレーヤーに成長しつつあります。この地域の主要ハードウェア・プロバイダーの例としては、ABB、ABL、Alfen、Alpitronic、Circontrol、Comero Charging Solutions、CTEK、DBT Group、Easee、Efacec、EVBox、Garo、IES Synergy、KEBA、Mennekes、Pod Point、Rolec Services、Schneider Electric、WallboxおよびZaptecが挙げられます。AC充電器とDC充電器のどちらかに特化している企業もあれば、両方を提供している企業もある。また、ソフトウェアやサービスをエンド・ツー・エンドで提供する企業も少なくない。いくつかのCPOはバックオフィスのプラットフォームを自社で開発しているが、中には専門のソフトウェアプロバイダによるサードパーティプラットフォームを好む企業もある。欧州の主要なソフトウェアプロバイダーの例としては、Virta、GreenFlux、Last Mile Solutions、Driivz、AMPECO、Fortumが挙げられます。

北米には、EV充電器を販売する地域的な企業だけでなく、国際的な企業も数多く存在します。ChargePointは市場をリードする企業であり、ハードウェア、ソフトウェア、CPOサービスを提供するフルサービスプロバイダです。その他の主要な地域別ハードウェア・プロバイダーには、BTC Power (E.ON), Blink Charging, ClipperCreek, Flo, SemaConnect (最近 Blink Charging が買収) があります。北米の著名な企業の中には、ハードウェア、ソフトウェア、CPOサービスを含むエンドツーエンドのサービスを提供できるところもあります。北米で最も著名な専用ソフトウェアプロバイダーは、EV Connect(最近Schneider Electricが買収)とShell Recharge Solutionsです。

欧州には多数のCPOが存在する。これらのプレイヤーのうち数社は充電事業をコアビジネスとしているが、多くのアクターは隣接市場からの参入である。多かれ少なかれCPOに特化した企業の例としては、Allego、Fastned、Freshmile、InstaVolt、Ionityなどが挙げられます。Ionityは、BMWグループ、フォード・モーター・カンパニー、ダイムラー、フォルクスワーゲン・グループによって2017年に設立されました。欧州のCPOの多くは電力会社です。CPOとして活動する電力会社の例としては、CEZグループ、EnBW、Enel X、ESBグループ、Iberdrolaグループ、Innogy、Izivia、Mer(Statkraft)、Vattenfallがある。フランスのCPOであるIziviaはフランスの電力会社EDFの子会社であり、Enel Xはイタリアの電力会社Enelの子会社です。エネルXはさらに、2017年にeMotorWerksを買収し、北米で注目されるハードウェアプロバイダーとなっている。欧州のCPOの中には、石油業界を背景とするものもあります。石油会社がEV充電に参入する例としては、Shell Recharge SolutionsやBP Pulseが注目されます。フランスのTotalEnergiesも充電オペレーション事業を行っています。しかも、BP Pulse、Shell Recharge Solutions、TotalEnergiesの3社は、いずれも独自のハードウェアを提供しています。北米では、Electrify AmericaとEVgoが2大ピュアプレイCPOです。テスラも有力なプレーヤーで、欧州と北米でスーパーチャージャーとデスティネーションチャージングネットワークを運営しているが、今のところテスラのドライバーにほぼ限定されています。同社は、スーパーチャージャーの特定の場所で第三者の車両が充電できるようにするためのテストを開始しています。

本レポートは以下の質問に答えます

  • EV充電の現状と市場規模は?
  • 現在の市場トレンドは?
  • ハードウェアとソフトウェアのソリューションの主要なプロバイダーはどこか?
  • 各ベンダーが提供する機器やサービスにはどのようなものがあるか?
  • ハードウェアとソフトウェアのソリューションの主要なプロバイダーはどこですか?
  • EV充電器採用の主な要因は何か?
  • 技術の進歩は市場にどのような影響を与えるのか?
  • 今後5年間で、EV充電器産業はどのように進化していくのか?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図の一覧

エグゼクティブサマリー

1 欧州と北米のEV充電

1.1 欧州のEV充電インフラ
1.2 北米のEV充電インフラ
1.3 電気自動車市場
1.3.1 自動車の種類
1.3.2 欧州の電気自動車市場
1.3.3 北米の電気自動車市場
1.4 市場のプレイヤー
1.4.1 チャージポイントオペレーター(CPOs)
1.4.2 モビリティサービスプロバイダー(MSP)
1.4.3 ハードウェア、ソフトウェアプロバイダー

2 充電技術・規格

2.1 電気自動車への充電
2.1.1 ACとDC
2.1.2 充電モードと充電レベル
2.1.3 バッテリー容量と充電時間
2.2 コネクタ規格
2.2.1 タイプ1/SAE J1772
2.2.2 タイプ2
2.2.3 複合充電システム(CCS)
2.2.4 CHAdeMO
2.2.5 北米充電規格(Tesla)
2.2.6 GB/T
2.3 コネクティビティと管理ソフトウェア
2.3.1 セルラーIoTゲートウェイ、ルーター、モデム
2.3.2 オープンチャージポイントプロトコル(OCPP)
2.3.3 充電スタンド管理ソフトウェア
2.4 決済ソリューション
2.4.1 モバイルペイメントとRFIDタグ
2.4.2 ISO15118
2.4.3 オートチャージ
2.4.4 決済端末

3 チャージポイント事業者

3.1  欧州
3.1.1  Allego
3.1.2  Atlante
3.1.3  Be Charge
3.1.4  Bouygues Energies and Services (Bouygues Construction)
3.1.5  BP Pulse
3.1.6  CEZ Group
3.1.7  E.ON Group
3.1.8  EnBW
3.1.9  Eneco eMobility
3.1.10  Enel X (Enel Group)
3.1.11  ESB Group
3.1.12  Fastned
3.1.13  Freshmile
3.1.14  Iberdrola Group
3.1.15  InstaVolt
3.1.16  Ionity
3.1.17  Izivia (EDF)
3.1.18  Jolt Energy
3.1.19  Mer (Statkraft)
3.1.20  Power Dot
3.1.21  Recharge
3.1.22  Shell Recharge Solutions
3.1.23  TotalEnergies
3.1.24  Vattenfall Group
3.2  北米
3.2.1  Blink Charging
3.2.2  Electrify America
3.2.3  Electrify Canada
3.2.4  EVgo
3.2.5  Francis Energy
3.2.6  Hydro-Québec
3.2.7  Tesla
3.2.8  Volta Charging

4 ハードウェアとソフトウェアのプロバイダー

4.1  欧州
4.1.1  ABB
4.1.2  ABL
4.1.3  ADS-TEC Energy
4.1.4  Alfen
4.1.5  Alpitronic
4.1.6  Amina Charging
4.1.7  AMPECO
4.1.8  Charge Amps
4.1.9  Chargecloud
4.1.10  ChargeNode
4.1.11  Circontrol
4.1.12  Compleo Charging Solutions
4.1.13  CTEK
4.1.14  DBT Group
4.1.15  Driivz
4.1.16  Easee
4.1.17  Eaton
4.1.18  Ecotap (Legrand)
4.1.19  Efacec
4.1.20  Ekoenergetyka
4.1.21  Elli
4.1.22  eNovates
4.1.23  Ensto Building Systems (Legrand)
4.1.24  E-Totem
4.1.25  EO Charging
4.1.26  Etrel
4.1.27  EVBox (ENGIE)
4.1.28  Evtec
4.1.29  Fortum
4.1.30  Garo
4.1.31  Gnrgy
4.1.32  GreenFlux
4.1.33  Heidelberg Amperfied (Heidelberg Druckmaschinen)
4.1.34  Ingeteam
4.1.35  IES Synergy
4.1.36  Juice Technology
4.1.37  KEBA
4.1.38  Kempower
4.1.39  Kostad
4.1.40  L-Charge
4.1.41  Last Mile Solutions
4.1.42  Mennekes Group
4.1.43  Pod Point (EDF)
4.1.44  Rolec Services
4.1.45  Schneider Electric
4.1.46  Siemens
4.1.47  Smartlab
4.1.48  Teltonika
4.1.49  Tritium
4.1.50  Virta
4.1.51  Wallbox
4.1.52  Webasto
4.1.53  Wirelane
4.1.54  Zaptec
4.2  北米
4.2.1  Flo
4.2.2  BorgWarner
4.2.3  BTC Power (E.ON)
4.2.4  ChargePoint
4.2.5  ClipperCreek
4.2.6  Delta Electronics
4.2.7  Elmec
4.2.8  EV Connect
4.2.9  EvoCharge (Phillips & Temro)
4.2.10  EVPassport
4.2.11  FreeWire Technologies
4.2.12  InductEV
4.2.13  SemaConnect
4.2.14  SK Signet
4.3  その他のハードウェアベンダー

5 市場分析・動向

5.1 市場分析
5.1.1 市場予測
5.1.2 地域別市場分析
5.1.3 政府のインセンティブと投資
5.2 バリューチェーン分析
5.2.1 EV充電ハードウェアベンダー
5.2.2 ソフトウェアプロバイダ、充電ポイントオペレータ
5.2.3 自動車産業プレイヤー
5.2.4 M&A(合併と買収
5.3 市場動向
5.3.1 市場の不透明感にもかかわらず、成長を続ける電気自動車市場
5.3.2 コネクテッドチャージステーションのビジネスケースは改善され続けている
5.3.3 M&Aは電気自動車充電の統合を促進する
5.3.4 上場により成長資金が得られる
5.3.5 欧州では公共充電や目的地充電の需要が急速に高まる
5.3.6 オープン・アーキテクチャがEV充電のバリュー・チェーンに変化をもたらす
5.3.7 モジュール設計が直流充電のケースを改善する
5.3.8 自動車メーカーがMSPサービスを提供し、EV導入の障壁を下げる
5.3.9 急速充電はより都市部へと移行する
5.3.10 新たなセグメントとして登場した大型商用車用充電器

用語解説

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

This study investigates the electric vehicle charging infrastructure market in Europe and North America. The total installed base of dedicated charging points in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 34 percent from 4.5 million in 2021 to 19.6 million by 2026. In North America, Berg Insight estimates that the total installed base of dedicated charging points will increase from 1.4 million in 2021 to reach 6.1 million in 2026, growing at a CAGR of 34 percent. These numbers include both private and public charging points. About 1.6 million of these charging points in the two regions were monitored via cellular connections in 2021. Get up to date with the latest information about vendors, charge point operators, products and markets.

 


 

EV Charging Infrastructure in Europe and North America is the second strategy report from Berg Insight analysing the latest developments on the electric vehicle charging market in these two regions. The report covers all parts of the value chain including charge point operators, car OEM initiatives, and hardware and software vendors. This strategic research report from Berg Insight rovides you with 190 pages of unique business intelligence, including 5-year industry forecasts, expert commentary and real-life case studies on which to base your business decisions.

Highlights from the report:

  • Insights from 30 executive interviews with market leading companies.
  • New data on EV charging infrastructure in Europe and North America.
  • Comprehensive description of the EV charging value chain and key applications.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Profiles of 68 companies offering EV charging hardware and software.
  • Profiles of 32 charge point operators (CPOs).
  • Market forecasts lasting until 2026.

The number of connected EV charging points in Europe and North America to reach 18 million by 2026

Electric vehicle (EV) charging refers to the process of charging a battery electric vehicle or plug-in hybrid electric vehicle from an external power source. The external power source is often a charging station, which is defined as equipment enabling a connection between the electric vehicle and the power grid. EV charging stations play a significant role in the discussions regarding the electrification of vehicle fleets. Electric vehicles and EV charging stations are often brought forward as a prerequisite in order to decrease the environmental impact of transportation.

Berg Insight is of the opinion that the market for EV charging solutions is in a growth phase which will last for several years to come. Mega-challenges such as vehicle emissions and climate change continue to encourage investments in electric vehicles and EV charging infrastructure, contributing to a positive outlook for the market. The COVID-19 crisis and subsequent supply chain shortages and energy crisis in Europe have not caused a noticeable dip in the market. Berg Insight remains positive that the long-term growth will remain significant. The total number of dedicated charging points in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 34 percent from 4.5 million in 2021 to 19.6 million by the end of 2026. In North America, Berg Insight estimates that the total number of dedicated charging points will increase from 1.4 million in 2021 to reach 6.1 million in 2026, growing at a CAGR of 34 percent. These numbers include both private and public charging points.

Over the years, charging stations have evolved from being traditional non-connected hardware devices to smart devices using connectivity technologies like Wi-Fi and 2G/4G cellular. Charge point operators (CPOs) can remotely monitor and maintain charging stations, while EV drivers can locate chargers, monitor charging availability and manage payments. In 2021, the number of connected charging points in Europe is estimated to have reached 2.6 million units, corresponding to a penetration rate of 57 percent. In North America, the number of connected charging points is estimated to about 0.7 million, corresponding to a penetration rate of 52 percent. Most of the connected charging points in Europe and North America are either in public or semi-public applications.

A group of established automotive and power electronics solution providers are among the leading EV charging station manufacturers in Europe. Some pure play charging station manufacturers are also developing into influential players. Examples of major hardware providers in the region include ABB, ABL, Alfen, Alpitronic, Circontrol, Compleo Charging Solutions, CTEK, DBT Group, Easee, Efacec, EVBox, Garo, IES Synergy, KEBA, Mennekes, Pod Point, Rolec Services, Schneider Electric, Wallbox and Zaptec. While some companies specialise in either AC or DC chargers, others offer both. A few players additionally offer software and services as part of end-to-end offerings. Several CPOs develop back-office platforms in-house, whereas some prefer third-party platforms from dedicated software providers. Examples of significant software providers in Europe are Virta, GreenFlux, Last Mile Solutions, Driivz, AMPECO and Fortum.

In North America, there are a number of regional as well as international companies marketing EV chargers. ChargePoint is a leading player on the market and is a full-service provider offering hardware, software and CPO services. Other major regional hardware providers include BTC Power (E.ON), Blink Charging, ClipperCreek, Flo and SemaConnect (recently acquired by Blink Charging). Several of the prominent companies in North America can provide end-to-end offerings including hardware, software and CPO services. The most prominent dedicated software providers in North America are EV Connect (recently acquired by Schneider Electric) and Shell Recharge Solutions.

There are a large number of CPOs in Europe. A few of these players have charging operations as their core business, but many actors come from adjacent markets. Examples of companies that are more or less specialised CPOs include Allego, Fastned, Freshmile, InstaVolt and Ionity. Ionity was founded in 2017 by BMW Group, Ford Motor Company, Daimler and Volkswagen Group. Many of the CPOs in Europe are utility companies. Examples of utilities acting as CPOs include CEZ Group, EnBW, Enel X, ESB Group, Iberdrola Group, Innogy, Izivia, Mer (Statkraft) and Vattenfall. The French CPO Izivia is a subsidiary of the French utility EDF, while Enel X is a subsidiary of the Italian utility Enel. Enel X is furthermore a notable hardware provider in North America after acquiring eMotorWerks in 2017. Some CPOs in Europe have a background in the petroleum industry. Shell Recharge Solutions and BP Pulse are notable examples of petroleum companies entering EV charging. French TotalEnergies has a charging operation business as well. Moreover, BP Pulse, Shell Recharge Solutions and TotalEnergies all offer proprietary hardware. This is the case also for the utility Enel X. In North America, Electrify America and EVgo are two major pure play CPOs. Tesla is also a prominent player, operating its Supercharger and Destination Charging Networks in Europe and North America, albeit so far almost exclusively for Tesla drivers. The company has begun testing to allow third party vehicles to charge in certain Supercharger locations.

This report answers the following questions:

  • What is the current state and size of the EV charging market?
  • What are the current trends on this market?
  • Which are the leading providers of hardware and software solutions?
  • What equipment and service offerings are available from the different vendors?
  • Which are the leading providers of hardware and software solutions?
  • What are the key drivers behind the adoption of EV chargers?
  • What impact will technology advancements have on the market?
  • How will the EV charging industry evolve in the next 5 years?


ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    EV Charging in Europe and North America

1.1    EV charging infrastructure in Europe
1.2    EV charging infrastructure in North America
1.3    The electric vehicle market
1.3.1    Vehicle types
1.3.2    The electric vehicle market in Europe
1.3.3    The electric vehicle market in North America
1.4    Market players
1.4.1    Charge point operators (CPOs)
1.4.2    Mobility service providers (MSPs)
1.4.3    Hardware and software providers

2    Charging Technologies and Standards

2.1    Electric vehicle charging
2.1.1    AC and DC
2.1.2    Charging modes and levels
2.1.3    Battery capacity and charging time
2.2    Connector Standards
2.2.1    Type 1/SAE J1772
2.2.2    Type 2
2.2.3    Combined charging system (CCS)
2.2.4    CHAdeMO
2.2.5    North American Charging Standard (Tesla)
2.2.6    GB/T
2.3    Connectivity and management software
2.3.1    Cellular IoT gateways, routers and modems
2.3.2    The open charge point protocol (OCPP)
2.3.3    Charging station management software
2.4    Payment solutions
2.4.1    Mobile payments and RFID tags
2.4.2    ISO 15118
2.4.3    Autocharge
2.4.4    Payment terminals

3    Charge Point Operators

3.1    Europe
3.1.1    Allego
3.1.2    Atlante
3.1.3    Be Charge
3.1.4    Bouygues Energies and Services (Bouygues Construction)
3.1.5    BP Pulse
3.1.6    CEZ Group
3.1.7    E.ON Group
3.1.8    EnBW
3.1.9    Eneco eMobility
3.1.10    Enel X (Enel Group)
3.1.11    ESB Group
3.1.12    Fastned
3.1.13    Freshmile
3.1.14    Iberdrola Group
3.1.15    InstaVolt
3.1.16    Ionity
3.1.17    Izivia (EDF)
3.1.18    Jolt Energy
3.1.19    Mer (Statkraft)
3.1.20    Power Dot
3.1.21    Recharge
3.1.22    Shell Recharge Solutions
3.1.23    TotalEnergies
3.1.24    Vattenfall Group
3.2    North America
3.2.1    Blink Charging
3.2.2    Electrify America
3.2.3    Electrify Canada
3.2.4    EVgo
3.2.5    Francis Energy
3.2.6    Hydro-Québec
3.2.7    Tesla
3.2.8    Volta Charging

4    Hardware and Software Providers

4.1    Europe
4.1.1    ABB
4.1.2    ABL
4.1.3    ADS-TEC Energy
4.1.4    Alfen
4.1.5    Alpitronic
4.1.6    Amina Charging
4.1.7    AMPECO
4.1.8    Charge Amps
4.1.9    Chargecloud
4.1.10    ChargeNode
4.1.11    Circontrol
4.1.12    Compleo Charging Solutions
4.1.13    CTEK
4.1.14    DBT Group
4.1.15    Driivz
4.1.16    Easee
4.1.17    Eaton
4.1.18    Ecotap (Legrand)
4.1.19    Efacec
4.1.20    Ekoenergetyka
4.1.21    Elli
4.1.22    eNovates
4.1.23    Ensto Building Systems (Legrand)
4.1.24    E-Totem
4.1.25    EO Charging
4.1.26    Etrel
4.1.27    EVBox (ENGIE)
4.1.28    Evtec
4.1.29    Fortum
4.1.30    Garo
4.1.31    Gnrgy
4.1.32    GreenFlux
4.1.33    Heidelberg Amperfied (Heidelberg Druckmaschinen)
4.1.34    Ingeteam
4.1.35    IES Synergy
4.1.36    Juice Technology
4.1.37    KEBA
4.1.38    Kempower
4.1.39    Kostad
4.1.40    L-Charge
4.1.41    Last Mile Solutions
4.1.42    Mennekes Group
4.1.43    Pod Point (EDF)
4.1.44    Rolec Services
4.1.45    Schneider Electric
4.1.46    Siemens
4.1.47    Smartlab
4.1.48    Teltonika
4.1.49    Tritium
4.1.50    Virta
4.1.51    Wallbox
4.1.52    Webasto
4.1.53    Wirelane
4.1.54    Zaptec
4.2    North America
4.2.1    Flo
4.2.2    BorgWarner
4.2.3    BTC Power (E.ON)
4.2.4    ChargePoint
4.2.5    ClipperCreek
4.2.6    Delta Electronics
4.2.7    Elmec
4.2.8    EV Connect
4.2.9    EvoCharge (Phillips & Temro)
4.2.10    EVPassport
4.2.11    FreeWire Technologies
4.2.12    InductEV
4.2.13    SemaConnect
4.2.14    SK Signet
4.3    Additional hardware vendors

5    Market Analysis and Trends

5.1    Market analysis
5.1.1    Market forecast
5.1.2    Regional market analysis
5.1.3    Government incentives and investments
5.2    Value chain analysis
5.2.1    EV charging hardware vendors
5.2.2    Software providers and charge point operators
5.2.3    Automotive industry players
5.2.4    Mergers and acquisitions
5.3    Market trends
5.3.1    The electric vehicle market continues to grow in spite of market uncertainty
5.3.2    The business case for connected charging stations continues to improve
5.3.3    M&As drive consolidation in the EV charging landscape
5.3.4    Going public gives access to growth capital
5.3.5    Demand for public and destination charging to increase rapidly in Europe
5.3.6    Open architectures alter the EV charging value chain
5.3.7    A modular design improves the case for DC charging
5.3.8    Car OEMs offer MSP services to lower barriers to EV adoption
5.3.9    Fast charging to move to more urban locations
5.3.10    Heavy commercial vehicle charging emerges as a new segment

Glossary

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(EV充電)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る