世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

音声AI、ヒアラブル、スマートホームの市場予測に関する調査

-スマートイヤホン、スマスピが拓く 新潮流をとらえる-

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
AQU先端テクノロジー総研
AQU Technology Research Institute, Inc.
2020年2月¥80,000 (税別)¥160,000 (税別)
CD(PDF)
¥180,000 (税別)272

※レポート体裁:冊子体はプリント製本(A4版) 、電子媒体はCD(PDFファイル)にて提供致します。

サマリー

価格表

AQU先端テクノロジー総研が発行するレポート「音声AI、ヒアラブル、スマートホームの市場予測に関する調査スマートイヤホン、スマスピが拓く 新潮流をとらえる- 」は国内外の市場動向、実際の需要動向調査をふまえ、スマートスピーカー、ヒアラブルデバイス、スマートイヤホン、スマートホーム等の市場分析、市場予測を報告しています。



レポート概要

  • 各種センサーをはじめ、さまざまなテクノロジーの進化により、あらゆるモノがインターネットにつながるloT (Internet of Things) 時代を迎えている。
  • 生活を豊かにするスマートホームはIoTやAIなどの技術を駆使して、住む人に、より安全・安心で快適な暮らしを実現する住まいをさす。
  • スマートホームデバイスのひとつであるスマートスピーカー(AIスピーカー)は搭載された音声認識機能(音声AIアシスタント)を活用して、音声対話形式により必要な情報を入手したり、サービスを利用したりできる。世界市場は、2019年に1億台を突破、今後の市場予測では、年率35%程度の成長が続き、5年後の2025年には、10億台規模に達すると予測される。日本では世界市場の普及スピードほどではないが、スマートディスプレイやマスコットキャラクタータイプなどを含め着実に普及拡大しており、5年後の2025年には、700万台規模に達すると予測している。
  • いっぽう、音声AIアシスタントの搭載で注目されるスマートイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)は、アップルのAirPodsの大ヒットにより、市場形成が大きく進んでいる。世界市場における数量ベースでは、2019年、1億台(ユニット)を突破しており、今後20%超の高成長が続くものと予測している。同市場には従来のオーディオ企業のほか、アマゾン、グーグルなどIT大手や、大手補聴器メーカーなども参入している。これはパソコンのOS、スマホのOSのように、音声AIアシスタントという一種のOSがもたらす今後の応用市場の可能性(スマートホーム、車載市場等)をにらみ、いわば将来の覇権を握ろうとして当該市場に臨む参入企業の姿勢があるとみられる。また音声AI市場を狙う中国企業の積極的な取り組み(AI音声アシスタントとして、Baidu DuerOS Voice Assistants、Xiaomi Voice Assistants、Tmall Voice Assistants、 Dingdong Voice Assistantsなどを開発)も手伝い、世界的な市場拡大が続いている。これまで世界出荷数量ベースでは、スマートウォッチがウェアラブルにおいて、シェアトップで推移してきたが、2019年にヒアラブル(スマートイヤホン)がスマートウォッチを逆転。今後、ヒアラブルがウェアラブルをけん引してゆくとみている。
  • ところで、世界のスマートホームの市場規模は2030年には4,050億ドル(約44兆円)規模が予測されており、スマートスピーカー(スマートディスプレイ含む)や、スマート家電コントローラ、そしてヒアラブル(スマートイヤホン)などの高機能化が注目される。
  • 現在、スマートホームではシャープ、東芝などがパートナー企業との連携を強め、家電製品だけでなく、留守宅の管理、防犯対策、家族の見守りのほか、食材の宅配、家電のメンテナンスなど生活サービスまで提供する動きが出ている。音声AIやクラウドを活用し利用履歴のデータを学習することで、人に寄り添うサービスを目指している。音声AIの性能向上とともに、スマートホーム製品をコントロールするスマート家電コントローラや、スマートスピーカー、スマホアプリなどがより使いやすくなることが求められる。
  • 未来ビジネス企画では、日本人の持ち味、発想を生かした取り組みが期待される。たとえば、音声AIはVOI(Voice of Intrerface)の観点からも今後重要性が増していくため、よりいっそう高齢者、消費者の目線を大切にしてゆくことが期待される(意識調査参照)。
  • 当調査報告書は内外の市場動向、実際の需要動向調査をふまえ、スマートスピーカー、ヒアラブルデバイス、スマートイヤホン、スマートホーム等の市場分析、市場予測を行ったものである。当調査報告書が皆様のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できれば幸いである。

 


【調査ポイントの一例】

 

 


 

■ 調査スケジュール: 2019年10月1日~2020年2月18日

■ 調査担当: 株式会社AQU先端テクノロジー総研



目次

目次(抜粋)

※詳細目次はPDFでお送りしますのでお申し付けください。

1.【総括編】音声AI、ヒアラブルおよび関連ビジネス市場戦略

2.音声AIアシスタントとスマートスピーカー市場規模と市場予測

3.ヒアラブルデバイス(スマートイヤホン)市場規模と市場予測編

4.全固体電池開発動向と今後市場展

5.スマートホーム市場動向と市場展望

6.音声AI、ヒアラブル、スマートホームに関する意識調査編

7.未来ビジネス企画戦略編

 

【主な図表】

図表1.IoT 機ソリューション市場規模予測(世界)

図表2.世界 IoT デバイス数予測

図表3.ヒアラブル等利用デバイスと通話時接続イメージ

図表4.音声AI、ヒアラブルデバイス、スマートスピーカー参入状況

図表5.主要企業 AI 音声アシスタントソフトウェア特徴

図表6.スマートスピーカー市場鳥瞰図

図表7.スマートスピーカーとヒアラブル(スマートイヤホン)共通性

図表8.ヒアラブル(スマートイヤホン)市場鳥瞰図

図表9.スマートウォッチとヒアラブルデバイス市場規模予測(世界)

図表10.リチウムイオン電池と全固体電池違い

図表11.全固体電池市場予測

図表12.主要AIアシスタント

図表13.スマートスピーカー主要製品比較分析

図表14.スマートスピーカー市場規模と市場予測(世界市場、数量ベース)

図表15.スマートスピーカー市場規模と市場予測(世界市場、金額ベース)

図表16.スマートスピーカーメーカー別出荷見通しと予測(世界市場、数量ベース)  

図表17.スマートスピーカーメーカー別出荷見通しと予測(世界市場、金額ベース)

図表18.スマートスピーカー市場規模と市場予測(日本市場、数量ベース)  

図表19.スマートスピーカー市場規模と予測(日本市場、金額ベース)  

図表20.スマートスピーカーメーカー別出荷見通しと予測(日本市場、数量ベース)

図表21.スマートスピーカーメーカー別出荷見通しと予測(日本市場、金額ベース)

図表22.スマートスピーカー世界市場シェア(2019)

図表23.スマートスピーカー国内市場シェア(2019)

図表24.関心ある音声AIアシスタント機器

図表25.完全ワイヤレスイヤホン、主要製品比較

図表26. 予測基本となる、スマートイヤホン市場成長率

図表27. ポジティブ、ニュートラル、ネガティブシミュレーション予測(数量ベース)

図表28. ポジティブ、ニュートラル、ネガティブシミュレーション予測(金額ベース)

図表29.ヒアラブルタイプ別市場規模と予測(世界市場、数量)

図表30.ヒアラブルタイプ別市場規模と予測(世界市場、金額)

図表31.ヒアラブルタイプ別市場規模と予測(日本市場、数量)

図表32.ヒアラブルタイプ別市場規模と予測(日本市場、金額)

図表33.完全ワイヤレスイヤホン(ヒアラブルデバイス)利用状況

図表34.スマートイヤホン世界市場シェア(2019)

図表35.スマートイヤホン国内市場シェア(2019)

図表36.補聴器タイプ別比率

図表37.補聴器出荷ベースによる世界と比較

図表38.全固体電池用途、アプリケーション

図表39.全固体電池参入企業

図表40.次世代電池市場規模予測

図表41.全固体電池市場規模と市場予測

図表42.スマートウォッチとヒアラブルデバイス市場規模予測(世界)

図表43.スマートホーム市場規模

図表44.スマートホームプラットホームに対する関心度

図表45.完全ワイヤレスイヤホン(ヒアラブルデバイス)利用状況

図表46.スマートスピーカー利用状況

図表47.ヒアラブルデバイス、完全ワイヤレスイヤホンに対する期待

図表48.つながる家電、スマートホームに対する期待

図表49.利用者における製品別スマートホーム関心度

図表50.ワイヤレスイヤホン利用している人、スマートホーム関心度

図表51. 音声AI、ヒアラブルデバイス、スマートスピーカー参入状況




価格表

価格は全て税別価格です。
※法人内利用ライセンスの冊子体価格については別途お問合せ下さい。

事業部内利用ライセンス
冊子体のみ
80,000円(税別)
事業部内利用ライセンス
電子媒体CD (PDF)のみ
160,000円(税別)
事業部内利用ライセンス
冊子体+電子媒体(CD(PDF))セット
180,000円(税別)
法人内利用ライセンス
電子媒体CD (PDF)のみ
240,000円(税別)
法人内利用ライセンス
冊子体+電子媒体(CD(PDF))セット
260,000円(税別)

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る