世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

中東と北アフリカのOTTとマルチスクリーン:事業者の収益と範囲を最大化

OTT and multi-screen in the Middle East and North Africa: maximising operator revenue and reach

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Analysys Mason
アナリシスメイソン
2017年4月US$4,999
ベーシックライセンス
27

サマリー

このレポートは中東と北アフリカ(MENA)のOTTとマルチスクリーンを提供する事業者について分析と提言を行っています。

主な掲載内容

  • MENAに拠点を置く事業者がどのようにOTTとマルチスクリーンサービスの収益を最大化するか
  • 「最高クラス」のマルチスクリーンの定義
  • MENA地域でマルチスクリーンサービスをOTTサービスとは別に開始する際の価値
  • OTTビデオサービス事業者の関係をどのように収益化するか

Report Details

"Operators can learn from OTT video players and could monetise their own and third-party video services further."

Consumer expectations are now for video services to be available ‘on any device, anywhere.’ Operators in the Middle East and North Africa (MENA) currently satisfy this requirement through multi-screen services and partnerships with OTT players. However, operators can learn from OTT video players and could further monetise their own services and third-party ones.

This report:

  • discusses how operators in MENA can maximise revenue from OTT and multi-screen services
  • defines a 'best-in-class' multi-screen service
  • discusses if there is value in launching multi-screen services as separate OTT services in the MENA region
  • explains how operators can further monetise their relationships with OTT video service providers.

Three routes to maximise benefits of multi-screen and OTT services for operators



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る