世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

OTTビデオサービス戦略に着手するCSPのQoEアシュアランスアプローチ

CSPs embarking on an OTT video strategy may need to evolve their QoE assurance approach

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Analysys Mason
アナリシスメイソン
2017年4月US$1,499
ベーシックライセンス
12

サマリー

このレポートは通信サービス事業者(CSP)がOTTビデオサービスを提供するに当たり、いかにQoE(サービスの品質)が重要になるか、CSP、組込みアシュアランスと最適化ソリューションベンダへの提言などを掲載しています。

report Details

"Communications service providers' OTT video strategies represent an opportunity for assurance vendors to insert themselves into the video value chain."

Communications service providers (CSPs) have employed assurance and optimisation techniques – often in functional siloes without integration – to monitor and deliver a 'best-effort' quality of experience (QoE) for third-party over-the-top (OTT) video. Service assurance (SA) has been used primarily in reactive mode, while video optimisation solutions are 'in-line' functions that provide pseudo-proactive assurance of QoE.

This report provides:

  • an analysis of why CSPs may need an evolved QoE assurance strategy for their own OTT video service
  • an explanation of how an integrated assurance and optimisation solution may address this area
  • recommendations for CSPs, as well as assurance and optimisation vendors
  • an appendix highlighting the most-relevant video assurance and optimisation vendors, including descriptions of their solutions.


 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る