世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

コネクテッドカーのセキュリティ : 対策

Securing the Connected Car - Countermeasures

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2015年2月お問い合わせください

*日本語対訳付きです。

サマリー

リモート攻撃による脅威の緩和

モバイル接続によって自動車で革新的な機能が提供されるようになりました。しかしその一方で、自動車メーカー各社はこれまでとは違うリモート攻撃の脅威にさらされています。

本書では、コネクテッドカーをリモート攻撃から守るために使用可能な対策を紹介しています。取り上げたソリューションの多くは、直ちに導入できる「実用化」の状態にあります。


 

対策の概要

SBD の調査によって明らかとなった MNO、車内、バックエンド対策を分かりやすくまとめ掲載しています。

アタックポイント別の対策

各対策を分析し、コンピューターのセキュリティ脅威をSTRIDEの脅威分析を用いて分類しています。

主な対策

最も効果的な対策を自動車セキュリティ開発ライフサイクル( ASDL 、Automotive Secure Development Lifecycle)の概要に沿って掲載しています。

 


 

対策の概要

車内のアタックポイントにおける対策(ヘッドユニット、OBD ポートなど)の概要を示しています。

さらに本書では MNO およびバックエンド対策も掲載しています。

アタックポイント別の対策

対策をその現状に基づいて様々なアタックポイントと関連付けています。

実用化 : 直ちに導入できる対策。
実証済み : 研究者によって実証されたもののまだ市場化はされていない対策。
理論上可能 : まだ研究段階であるものの、短・中期的には商用化される可能性の高い対策。

STRIDE は悪用の種類に基づいて脅威の性質を分類する手法です。

主な対策

SBD の分析結果(STRIDE 手法を使用)に基づいて最も効果が高いと考えられる対策を紹介しています。
SBD が推奨する対策の一つが下記の通り。

ASDL : 効果的なセキュリティとは正しい考え方と適切なプロセスから生まれるもので、製品やサービスを追加して補完することではありません。SBD と NCC では自動車のセキュアな開発の為のライフサイクル(ASDL)を策定しています。

本書ではサイバーセキュリティの脅威を緩和する対策を紹介しています。

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る