世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ドライバーモニタリングが今後の自動運転技術に果たす役割

Driver Monitoring and its Future Implications for Autonomous Vehicles

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2015年9月お問い合わせください

*日本語対訳付きです。

サマリー

自動運転の研究開発はこれまでも活発に行われてきており、ここへ来ていよいよOEM による実用化の段階に差し掛かっています。自動運転技術は現在、ドライバー操作を一切必要としない車両システムの運用が可能な段階に到達しています。しかし、車両システムからの運転引き継ぎにドライバー自身がどのように対応すべきかは不透明です。

本書「ドライバーモニタリングが今後の自動運転技術に果たす役割」では、車両の高レベルの自動化を実現する上でのドライバーモニタリング技術の必要性を検証し、関連企業各社の取り組みを解説しています。

ドライバーモニタリングの必要性

現行のドライバーモニタリングシステム、また主なモニタリングカテゴリーとパラメーターを解説しています。

キープレイヤー

現在ドライバーモニタリングソリューションの開発に取り組んでいる OEM、Tier1 サプライヤー、大学研究機関、ウェアラブルメーカーの概要と自動車業界以外の関連企業の開発状況をそれぞれ紹介しています。

SBD による分析

キープレイヤー企業が取り組むモニタリング技術やモニタリングパラメーターをまとめ、ドライバーモニタリング の最適なユースケースを分析・紹介しています。

 

本書では、より高レベルな自動運転実現に向けてドライバーモニタリングが必要とされている理由を検証し、研究開発の活発な分野と注目を集めている技術をラインアップしています。さらに 37 の企業・研究開発が取り組んでいる開発レベル、プロトタイプレベル、および実用化レベルの車載ドライバーモニタリングソリューションを分析しています。


ドライバーモニタリングの必要性

モニタリングカテゴリー・パラメーターの一例

認知負荷

• 眠い
• ぼんやりしている
• 集中している
• 他の事に気を取られている
• 運転負荷が多きすぎる

運転傾向

• 安全
• 慎重
• 乱暴
• あわてがち

本書では複数のモニタリングカテゴリーとパラメーターを紹介しています。

キープレイヤー

本書ではドライバーモニタリングソリューションの開発に取り組んでいる主要 OEM やサプライヤー各社のモニタリングカテゴリー、特許申請件数、技術内容、プロジェクトパートナーを掲載しています。

SBD による分析と結論

(SAE 定義による)自動運転レベル別 ドライバーモニタリング 要件

 本書では上記以外にもDM 向け最適ソリューションを含む 7 項目の SBD による分析と結論を掲載しています。

 

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る