世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動運転は夢か現実か? (SAF606-143)

Autonomous driving - Dream or Reality

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2015年9月お問い合わせください

サマリー

自動運転は夢か現実か?

自動運転は現実のものなのか ?

自動運転技術の現状と今後の開発に関わるキープレイヤーは ?

自動運転とは具体的に何を指すのか ?

自動運転車に対しこうした関心が高まる今、SBD では公道上で試験走行が行われている自動運転技術を分析し、自動運転技術が人々の利用形態にどのような変化をもたらすか、本レポートで考察しています。

本書では、現在自動運転技術の開発に関わるキープレイヤーを特定し、開発を進める上でのそれぞれの強みおよび弱点について分析しています。

 

自動運転の開発とは ?

 

  • センサ検知距離と視野を向上し、困難なシナリオに対応する。(例:静止車両との衝突防止)
  • 高品質 HMI を開発し、ドライバーによる制御を維持しつつ、制御のスムーズな移行を実現する。
  • 既存のウィーン交通条約と国連道路交通法規を改革する。
  • そのような車両に対応できる道路インフラにする。
  • 保険ビジネスモデルを改革する。

 

本レポートで解説している項目

自動運転技術

  •  「自動運転車」とは具体的に何を指すのか、レベル別の自動運転車と無人運転車の違い。
  •  自動運転車における短期・中期・長期の利点。
  •  自動運転車の普及によるドライバーにとってのリスク。
  •  欧州、米国および日本における自動運転関連法規の理解。

キープレイヤー : 自動運転技術を先導している組織

  •  各 OEM の業界における「技術リーダー」または「スピーディーな追従メーカー」としての位置づけ。
  •  各サプライヤーの自動運転機能向け技術と自動運転開発における戦略。
  •  主要大学における自動運転研究プロジェクトの内容とそのパートナー企業。
  •  Google の打ち出す自動運転技術実現を目指す姿勢・戦略。

技術要件

  •  自動運転技術の実現に向けた技術要件および制約事項。
  •  サニティーチェック : 各種シナリオおよびその所要センサ技術。

開発の見通し & SBD の見解

  • 今後予想される自動運転技術の開発の流れをまとめ、自動運転の今後について分析。
  • Google Car および自動車業界に関する SBD の見解と今後の展望を解説。

自動運転技術レベル

各レベルへの到達に必要な条件 :

  •  道路インフラ
  •  バックエンドインフラ
  •  国際基準および法規
  •  保険モデル
  •  責任分担の明確化
  •  高度センサ技術
  •  ユーザー受容度



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る