世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

CANバスに代わる次世代車載通信のセキュリティ

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2018年3月お問い合わせください

*日英データ版です。

サマリー

本書ではCAN の「代替手段」に焦点をあて、高度なプロトコルの現在の開発および採用状況、ネットワーク・トポロジー、ユースケース、セキュリティについて検証しています。

 

自動車業界で使用されているE/Eアーキテクチャのかたちと車載通信プロトコルが変わろうとしています。

クルマのコネクティビティ、自動化、電子化のニーズは更なる高まりをみせています。これに伴いCANではこれからのセキュリティ要件への適合が難しくなってきています。*
今後、より高機能なプロトコル/アーキテクチャへの移行は避けられないといえるでしょう。

SBDではCAN の「代替手段」として

• CAN FD
• FlexRay、
• 車載Ethernet

の3つの通信のプロトコルを取り上げ、それぞれのユースケース、課題、セキュリティの特徴を分析、また今後の動向などを考察したレポート「CANバスに代わる次世代車載通信のセキュリティ」を発行致しました。

*セキュリティ対策を車載CANバスに適用する上での根本的な限界については「CANバスのセキュリティ対策(704)」で解説しています。

要旨

  • 本書の概要

序論

  • 範囲と用語

CAN FD

  • プロトコルの機能とセキュリティの特徴

FlexRay

  • プロトコルの機能とセキュリティの特徴

車載Ethernet

  • プロトコルの機能とセキュリティの特徴

今後の動向

  • セキュリティを考慮したE/Eアーキテクチャ、新たな防御アプローチ

CAN FD

  • CAN Flexible Data rate(CAN FD)プロトコル、その主な機能と制約およびセキュリティの特徴を説明しています

FlexRay

  • プロトコルの機能とセキュリティの特徴を紹介しています

車載Ethernet

  • Ethernetベースの車載通信ネットワークの数多くの可能性を紹介しています

今後の動向

  • セキュリティを考慮したE/Eアーキテクチャや新たな防御アプローチを紹介しています

SBDではCANバスのネットワーク保護に関する調査結果、解決策、既製技術、コンセプトについてレビューし、一連の解決策を紹介したうえでそれぞれの限界、制限事項、課題について解説した『CANバスのセキュリティ対策(CYB704) 』も発行しております。



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る