世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動車データ活用動向

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2018年2月お問い合わせください

*日英データ版です。

サマリー

本書ではコネクテッドカーのデータ活用の基本を確認した上で、業界のトレンド分析とそれらトレンドに対応する推奨事項を提供します。
車載装置の種類や各ソリューションのアーキテクチャを解説、各OEMの戦略やアフターセールスにおける様々なプレーヤーの取り組み状況についても考察します。

 

コネクテッドカーは“走るIoT”とも称され、車両データや周辺情報を収集、分析しそのデータを活用する動きが高まっています。OEMが自動車データを活用することで、顧客に対する様々なサービスの実現や、市場情報の収集、新規ビジネスの機会創出等が可能となります。

一方でOEM がこうしたデータを活用できるかどうかは、ユースケースへの組織的な支援およびコネクティビティソリューションの技術的な成熟度が大きく影響しています。

SBDではこのような傾向をもとに、業界のトレンド分析、技術的背景、OEMの活用状況、今後の展望、機会創出の可能性などをまとめたレポートを発行しました。


考えられるデータ活用先活用状況

• アフターセールスSMR(Service: 点検、Maintenance: メンテナンス、Repair: 修理)
• データの販売
• CRM (顧客関係管理)
• 保証コストの削減
• 製品の改善
• 第三者へのデータの販売

業界の概況

• 自動車メーカーがデータを収集する理由
• 埋め込み型コネクティビティの優位性
• 車両データの価値
• コンシューマエレクトロニクスやIT業界のプレーヤーがコネクテッドカーのバリューチェーンに参入する方法と理由
• 車両データ関連の法規制に対する立法機関のアプローチ
• 立法機関が提唱するデータプラットフォームコンセプト
• データの収集と利用を計画する自動車メーカーや第三者にGDPR(欧州個人情報保護法)が与える影響

技術概要

• コネクテッドカーに必要なコンポーネントとは
• 埋め込み型TCU、スマートフォンのテザリング、AppleCarPlay/Android Autoソリューションのアーキテクチャの違いとは
• ソリューションタイプによってデータ可用性はどのように違うのか
• ソリューションタイプによってデータのユースケースはどのように違うのか
• データ通信コストの指標

OEMのリモートデータ戦略

• OEMが車両から収集したデータの現在の活用法とは
• リモート車両データの活用でリードしている自動車メーカーは?
• どのような車両データを収集しているか
• 使用している接続サービスのアーキテクチャとデータプラットフォームの種類

今後の展望

• リモート診断の今後5年間の展望とは
• リモート診断データで不可欠な要素は?
• スマートフォンの画面複製ソリューションからの収集は?
• OEMのクラウドへのアクセスを第三者に許可する場合、どの程度が適切か
• ドングルがリモート車両データの収集に与える影響

アフターセールスのリモートデータ戦略

• 非コネクテッドカーへの対応におけるリモート診断の重要性
• 第三者のアフターセールスソリューションが対応可能なユースケースのタイプ、アーキテクチャ
• 現在アフターセールスソリューションに関与している第三者のプレーヤーとは
• OEMのアフターマーケットでのリモート診断提供状況

データのユースケース

• OEM社内での車両データ活用メリットとは
• ユースケースを実現するために必要なデータのタイプ、プライバシーレベル、送信頻度とは
• 第三者が関心を寄せているユースケースとは
• 自動車メーカーからのデータ購入に関心の高い企業のタイプとは
• ビジネスプロセス改善を促進するデータ要素とは

第三者企業およびB2Bのパートナーシップ

• OEMと第三者とのB2Bパートナーシップへのアプローチはどのように進化しているか
• OEMとの提携が考えられる主なB2Bデータパートナーとは
• データの収集と販売の一般的なビジネスフローとは
• サービス仲介がリモート診断領域の妨げとなる可能性
• OEM各社のB2Bデータユースケースの活動レベルの違い



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る