世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動車OTA動向-2018

Automotive Over the Air Updates

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2018年8月お問い合わせください

*日英データ版です。

サマリー

本書「自動車OTA動向-2018」ではOEMおよびサービスプロバイダーが各社の製品におけるOTA(無線)アップデートの役割を決定するうえで重要な検討事項となる、アップデートの種類やバリューチェーンなどについて解説しています。

コンシューマエレクトロニクスの分野ではこの10年でソフトウェアのリモートアップデートが主流となりました。このトレンドに大幅な遅れをとっていた自動車業界にも近年変化が見えはじめ、コネクテッドカーや自動運転車のエコシステムにOTA (無線) 機能が普及してきました。

ソフトウェアのOTAアップデートの重要なユースケースにリコールの対応自動化と回避を可能にすることがあります。自動車のソフトウェアアップデートには厳しい安全基準やドライバーディストラクションへの配慮などの課題はあるものの、実現すればコスト削減効果が得られるでしょう。

SBDでは、自動車OTA市場の最新動向、サプライヤーやOEMの取り組みの現状、OTAに関連する法規制や標準規格、今後の展望をまとめた「自動車OTA動向-2018」を発行しました。

OTAの本来の価値を実現するために何が必要なのか、本書では自動車のOTAアップデートの基本(いつ/
どこで/何を/どのように)を確認してから、標準規格や法規制およびその他の阻害要因を含めた制限事項について詳しく説明します。

 

OTAアップデートの適切な実装が、多大なコスト削減や顧客満足度の向上、

アップセル機会の創出等様々なメリットをもたらす

 

本書の概要

  • 自動車のOTAの普及状況、配布の仕組み、セキュティ、バリューチェーンについて解説。

サプライヤーの現状

  • 各サプライヤーのソリューション、業務提携先、OTAプラットフォームのバリューチェーンとアーキテクチャ、供給先OEMなどを掲載。

OEMの現状

  • 各OEMのOTAに関する取り組み、業務提携先、MNOの使用期間、OTA/テレマティクスサービスの配布プラットフォーム、今後の動向予測などを掲載。

法規制/標準規格の現状

  • OTAに関連する法規制および標準規格、それらの成熟度などについて解説。

戦略と分析

  • 市場の統合・買収状況、OTAと電気アーキテクチャ、OTAセキュリティの現状についての分析、今後の動向予測を掲載。

SBDによるケーススタディ

  • Tesla、FCA、GM、Ford、SAICのケーススタディを紹介。


 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る