世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

車両データ活用によるワランティコストの削減と顧客維持の向上(CON609-151)

Using Vehicle Data to Reduce Warranty Cost and Improve Customer Retention

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2015年4月お問い合わせください

*日本語対訳付きです。

サマリー

本書では、車両から収集したデータを自動車業界の外ではなく内部で収益化することに着目し、その具体的な活用例を紹介し、既に活用している自動車メーカーの事例も踏まえた上で今後の課題についても解説しています。

OEM が 「新たな収益の流れ」 を探し出す際に着目するのが、保険会社、広告代理店などを含む第三者への車両データの販売です。第三者は、これにより情報を各自のビジネス領域での問題解決に活用することができます。

しかしながら、自動車業界の外に向けられている視点を転じて、内部で車両データを収益化することに着目するとどうでしょうか。「新たな収益源」を探し出さなくとも、車両データの価値は身近に存在しているのかもしれません。

本書では、車両データを顧客関係管理(CRM)に役立てている先進的なOEM の事例を紹介するとともに、車両データを使ってワランティコストを削減し顧客満足度を向上させる潜在的なメリット、OEM のワランティコストの削減と顧客維持の向上という内部的ユースケースに車両データを活用する方法について解説します。

    車両データの活用を分析するためのSBD 推奨プロセス

 

OEM 内部ユースケースでの車両データの活用

ワランティコストの削減に車両データを活用するにはどうすればよいか、車両データを内部的ユースケースに活用する場合の課題とは何か、OEMの車両データ活用の成熟度について解説。

ワランティコストに関する課題

ワランティコストに関する課題を明らかにすると同時に、車両から収集したデータがどのようにワランティ分析に役立っているのか、分析とビジネスインテリジェンスプラットフォームの重要な役割について解説。

CRM における車両データの役割

CRM における車両データの役割車両状態レポートによる車両の詳しい状態の把握や、先見的故障の管理など CRM における車両データの活用について解説。
 

 

OEM 内部ユースケースでの車両データの活用

各OEMの車両データ活用の成熟度を分類

ワランティコストに関する課題

車両データ利用による不具合等の根本原因の早期特定のメリットを解説


車両データ活用によるワランティコストの削減と顧客維持の向上

車両データを CRM のデータソースとして使用するメリットを要約



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る