世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

コネクテッドカーグローバル市場予測

Connected Car Forecast

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2021年1月お問い合わせください

サマリー

SBDが発行するコネクテッドカーグローバル市場予測 2020年版では、世界各国の主要市場で提供されているコネクティビティのタイプや主な10の分野にわたるコネクテッドサービスについての詳細、2030年までの販売台数および普及率予測をOEM/市場別に提供します。


 

「コネクテッドカーグローバル市場予測」では車載コネクティビティのタイプ別搭載状況および主要なコネクテッド機能の動向を検証するとともに、各国における搭載率の予測を掲載しています。

コネクテッドカー機能市場の今後の成長は、所要技術の成熟度、政府による搭載義務化などの法規制、OEMの投資戦略、車両ライフスタイル管理、およびコネクテッドカー技術に対するユーザーの期待度や受容度などが相互に影響しあいながらどのように推移するかにより左右されます。SBDでは、こうした動向の分析に基づいて2030年までの現実的なビジョンを提示します。

本書の市場予測は現在および今後のOEMの導入戦略、コネクテッドカー技術の成熟度、消費者の支払い意欲、標準装備もしくはオプション装備として提供される様々なコネクテッドサービスに対する消費者の期待値や受容度など、市場動向に影響を与える主要素を基に分析し、作成しています。



【本書の要点】

  • 2023年までに欧州・米国・中国の現役車両の3台に1台に埋め込みSIMが搭載される。
  • 画面複製機能がほぼユビキタス化しているにもかかわらず、OEMはコネクテッド型ナビソリューションへの多額の投資を続けいてる。
  • エコシステムの車載化が進むにつれて、ドライブ関連サービスの車内マーケットプレイスおよび決済機能の搭載率が高まる見込み。
  • リモート診断機能が急速に普及し、顧客関係管理のデジタル化が可能になる。
  • バーチャルパーソナルアシスタントが車両機能やユーザーのデジタルライフとさらに緊密に統合されていく。
  • リモート車両アクセスを使用したサービスが普及拡大しており、ユーザーの利便性を高めるサービスの増加が期待される。

本書の対象市場

 

本書の調査対象のコネクテッドサービス

本書では以下の10の分野にわたる43のコネクテッドサービスを調査しています。

⚫安全性⚫セキュリティ⚫保守点検⚫OTAアップデート⚫ナビ⚫運転スタイル⚫インフォテイメント⚫利便性/リモートサービス⚫保険⚫EV専用

 


 

 

 

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る