世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

コネクテッドカー 交通情報サービスガイド

Global Traffic Information Guide

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2015年3月お問い合わせください

*日本語対訳付きです。

サマリー

通信型ガソリン情報の提供国数はそれほど変わってはいませんが、通信型駐車場情報や天気情報サービスを提供する国は増えています。

SBD のレポート「コネクテッドカー 交通情報サービスガイド」では、各サプライヤーの交通情報、通信型ガソリン情報、駐車場、天気、EV 情報に関する情報を分かりやすく掲載しています。

 

地域別動向の概要

本書では各地域の動向を詳細に解説しています

サプライヤーの選び方

SBD ではデータの検出から配信までの交通情報の全てのライフサイクルを考慮した選定方法を推奨しています。

地域の動向

主要 OEM からの発表、国別情報、企業別情報を含む各地域動向の概要を紹介しています。

サプライヤー動向

世界各国の大手交通情報プロバイダーをグローバル企業の「ビック6 」と中国企業の「ビッグ 2 」に分類し、地図では、各社が 2014 年に新規サービスを投入した国と今後導入を予定している国を示しています。

 

本書は SBD の 2015 年版交通情報サービスガイドです。2015 年版では各サプライヤーの交通情報、通信型ガソリン情報、駐車場、天気、EV 情報に関する情報を掲載しています。
本書は、より便利にご活用いただけるよう、サプライヤーおよびサービスに関する情報をデータベース化したエクセルファイルと、市場動向分析および将来の展望をまとめた PDFファイルで構成されています。

サプライヤーの選択

自動車メーカーは交通情報プロバイダーの選定を始める前に、先ず自社の埋め込み型ナビソリューションで交通情報を
なぜ提供するのか、その目的を明確にする必要があります。交通情報プロバイダーは全てが同一であるわけではなく、
サービス提供目的により近いプロバイダーもあればそうでない場合もあるため、この段階で設定した個々の目標はその
後の交通情報プロバイダーの選定に大きく影響します。

目標はこちらの要素に大別: OEMビジョン、サービスタイプ ビジネスモデル、組織としての検討事項

地域の動向

各地域における各国の動向、主要 OEM からの発表を掲載しています。

<北米> 多くの OEM が次期モデルで割安な Sirius XM 交通情報サービスを提供する予定で、HD ラジオを使った交通情報サービスも増えている。

米国

  • Broadcaster Traffic Consortium (BTC)は 2014 年の成長予測を発表。BTC はローカル交通情報などの測位ベースデータをナビ装置や車載システムに全国放送網で配信している。
  • TomTom および INRIX が ITS 世界会議で位置参照ベースの交通情報に関する OpenLR ワークショップの共同開催計画を発表。
  • Clear Channel が「iHeartMedia 」に名称を変更

メキシコ

  • TomTom が交通情報サービスを投入

OEM からの発表

米国

  • Maserati が 2015 年モデルで 4 年間の SiriusXM 交通情報および Travel Linkサービスを提供
  • Ford および Lincoln がナビ搭載モデルで 5 年間のSiriusXM 交通情報およびTravel Link サービスを提供
  • 本書ではさらに詳しい内容を掲載

 

サプライヤー動向

本書では下記サプライヤー各社の概要、世界におけるカバレージ、2014 年の主な発表を掲載しています。

HERE、INRIX、Google、Mediamobile、Be-Mobile、Tom Tom、AutoNavi、CenNavi

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る