世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動運転エンドユーザー調査:現行ADASシステムおよび未来の自動運転車の総合分析 (805)

A consumer-centric journey towards Autonomy

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2016年5月お問い合わせください

*日英データ版です。

サマリー

現行の ADAS システムおよび未来の自動運転車の受容度を総体的に分析

SBD では、Morpace およびGamivation と共に、米国市場における現行の ADAS 機能の所有体験および未来の自動運転車が受け入れられる可能性に関する調査を行いました。

約 1,000 名のユーザーと多数のディーラーを対象としたインタビューを実施し、「将来の自動運転技術に対する関心度と信用度は、人々の性格や置かれた環境、現行の ADASシステムの使用経験などによって異なる」、という仮説を検証しました。

自動車業界はこうした要因や条件を十分に理解して初めて、真にユーザー指向の自動運転環境を実現することが可能となります。

調査方法

調査の方法、実施場所、実施時期、対象、目的について

動向

自動運転車の実用化までの道のりについて

現在の状況

現行 ADAS システムに対するユーザーの反応

ユーザープロファイル

自動運転車の潜在的ユーザーとは

本書の構成

調査方法

消費者アンケート

米国在住の 自動車オーナー 906 名 (内 406 名は現在ドライバー支援システムを使用)に対し、約 60 項目についてアンケートを実施。

フォーカスグループへのインタビューおよび試乗

ADAS システムの所有者 および非所有者に対するインタービューおよび試乗を実施

ディーラーへのインタビュー

米国内の 7 つの自動車ブランドから約 40 のディーラーを訪問、ADAS に関する対応についてインタビューを実施

エキスパートによる評価

5 つの自動車ブランドについてユーザビリティ評価を実施

自動運転車の実用化までの道のり

自動車業界における技術の進化、ドライバー支援システムの成熟度、自動運転車の開発に取り組む OEM と各社が検討している自動化のレベル、自動運転車が直面する課題などを詳細に解説します。

現行ADASシステムに対するユーザーの反応

現在提供されている ADAS システムと提供率、消費者が求める ADAS 機能や支払意欲、ADASシステムの搭載の有無が車両購入の意思決定に及ぼす影響、消費者の ADAS システムに対する理解度や信頼度、使用状況などを詳しく検証します。

ユーザープロファイル

消費者のタイプを 4 つに分類しそれぞれを詳細に分析、ターゲットとなる消費者を特定する方法や、消費者の性格、経験、置かれた環境によるニーズへの影響、自動運転技術へのニーズと受容度との相関関係、ニーズおよび受容につながるユースケースについて解説するとともに、自動運転技術戦略を成功に導くための 10 の提言を提供します。

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る