世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

V2X ガイド – 2018

V2X Guide

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2018年7月お問い合わせください

*日英データ版です。

サマリー

SBDではV2Xの最新動向をまとめた「V2Xガイド -2018」を発行しました。

自動車業界ではより高いレベルのコネクティビティと自動化を目指した開発が進んでおり、多くのOEMが積極的にV2Xの導入を計画しています。自動車通信技術としては、当初DSRCが主流になると目されていましたが、現在ではセルラーがV2X本格展開時期における有力技術となる可能性が浮上しています。

 

本書では以下の項目を検証しています。

-主要市場における V2Xの開発状況 の開発状況および普及
-今後の展開における課題
-各自動化レベルに V2Xが及ぼす影響
-V2X普及における今後のロードマップ

<2018年版での主な更新項目>

-V2Xに関する最新情報
-各地域別の概要
-V2X技術
-試験運用プロジェクトグローバル展開マップ

また、SBD 独自の視点から今後の展望や地域別V2Xの展開予測を行っています。

各地域でセルラーまたはDSRCのどちらの技術が主流となるのか。また今後技術は混在していくのか、1つに統一されるのか。V2X本格導入に至るプロセスにおいて今後数年が最も重要な時期になるとSBDでは予測しています。各国市場における技術および法規制の動向に注目していきます。

はじめに

  • V2 Xが必要な理由と業界が抱える主な疑問

地域別状況

  • 主要市場におけるV2X の概況

技術概要

  • V2X をサポートする技術の分析

V2X の収益構造

  • V2X に関わるキープレーヤーと収益構造の成熟度について

V2X のセキュリティ

  • 欧州と米国におけるV2X 普及に向けたセキュリティ戦略について

グローバル展開マップ

  • 世界各地で進行中/計画中の試験運用について

今後の展望

  • V2X 技術が高度自動運転に及ぼす影響と将来に向けたロードマップについて

技術概要

  • 最新のV2X情報に加え、V2Xが必要とされている理由、V2X関連業界が抱える主な疑問とそれに対する見解を提示します。地域別状況では、欧州、米国、日本、中国市場における展開状況、およびV2Xの主なユースケ―スについて概説しています。

V2Xのセキュリティ

  • 欧米においてV2Xのセキュリティ確保に取り組んでいる主要組織、V2Xのセキュリティ要件、SCMS(セキュリティ資格情報管理システム)の概要、 LTEおよびDSRCが直面するリスクについて解説しています。

技術概要

  • V2Xのタイプ (V2C、V2V、V2P/B、V2M、V2I、V2G)ごとに概要と主要ユースケ―スを紹介するとともに、V2X技術、構成要素、業界が直面している様々な課題について解説しています。

グローバル展開マップ

  • 世界各地で進行中/計画中の試験運用プロジェクトについて紹介しています。

V2Xの収益構造

  • V2Xバリューチェンの主要プレーヤーおよび収益構造の成熟度について詳細に解説します。

今後の展望

  • V2Xによる自動化への影響について解説するとともに、今後のロードマップ、V2Xの各市場浸透予測を提供しています。

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る