世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ADAS市場予測

ADAS Forecast

各種ADASシステムおよびそのベース技術の装着率の将来予測を地域レベルで検証

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2018年7月お問い合わせください

*日英データ版です。出版日は、日本版:2018年3月27日、欧州版:2018年3月30日、米国版:2018年7月27日です。

サマリー

ADAS市場の規模は2024年には146億ユーロに達する見込み

1990年に初期の先進運転支援システム(ADAS)の一部が市場投入されて以来20年以上経過した現在、ADASの普及はようやくある程度の実質的な成長を示し始めています。普及の遅れの要因としては、センサコストの高さに加え、自動車メーカーがこれら安全システムの利点のPRに慎重な姿勢をとっていたことが挙げられます。

欧州では2013年からユーロNCAP衝突安全テストプログラムにおいて一部のADASシステムが5つ星レーティングの評価対象となっています。このことはADASの普及の推進要因となっていましたが、2016年からはデュアルレーティングが導入されたため、特にエントリークラスでの普及鈍化が予想されます。従って、レーダーやカメラの装着率は増加が見込まれますが、大幅な成長は難しいことが予想されます。

米国では2018年5月以降全ての新車にバックモニターカメラ装着が義務付けられましたが、ADAS市場は依然として主に消費者動向に左右されています。IIHSが従来より非常に積極的にADAS安全効果の周知に取り組んでいる中で、NHTSAは2015年12月にAEBおよびその他各種ADASシステムを2018年から運用開始予定の5つ星スターレーティングプログラムの評価対象に含める旨を公表しましたが、評価試験方法や導入時期の詳細はまた公表されていません。

中国NCAPは2年ほど前にアクティブセーフティ技術を将来のスターレーティング制度に追加すべきかどうかの予備調査を開始し、今年初めに発行された2018年度版改定レーティングには新たに3つのセクションが追加されました。

日本でも2014年よりJNCAP衝突安全テストプログラムにおいて一部のADASシステムが5つ星レーティングの評価対象となりました。当初は衝突回避と車線逸脱警報システムのみが対象でしたが、その後数年間の間に段階的にテスト要件が強化され、車線維持支援、対歩行者衝突回避、さらに2018年4月からはハイ・ロービーム自動切り替えがテスト対象に加えられました。

本書では各種ADASシステムおよびそのベース技術の装着率の差異を地域レベル(欧州・米国・中国・日本)で検証し、自動車メーカー単位でのADASシステム別および技術別の年間装着率と販売量を予測しています。

ACC

  • アダプティブクルーズコントロール

PD

  • パイロットドライブ

FCW

  • 前方衝突警告

CA

  • 衝突回避

NV

  • ナイトビジョン

TSR

  • 交通標識認識

LDW

  • 車線逸脱警告

BSM

  • 死角モニタリング

RCTA

  • リヤクロストラフィックアラート

DM

  • ドライバーモニタリング

AHD

  • ハイ・ロービーム自動切り替え

SAPA

  • 半自動駐車アシスト

FAPA

  • 完全自動駐車アシスト

RP

  • リモート駐車

 

本書では、各市場における2024年までのADAS普及予測をADAS技術・機能別、OEM別、SAEレベル別に掲載します。機能別では販売台数および装着率による予測を、技術別セクションは販売台数、装着率に加え概算収益予測を示しています。またOEMごとに機能・技術別の装着率も示しています。

*本書は欧州編、米国編、中国編、日本編の4部構成で、それぞれ年1回発行する予定です。


市場予測- 機能別・技術別

  • ADAS機能別・技術別に普及予測を掲載

市場予測- OEM別

  • SAEレベル3および4のADAS装着率を予測

市場予測- SAEレベル別

  • 各OEMのADAS機能・技術別の普及予測を掲載


 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る