世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ



ヒアラブル

2017/09/04

「ヒアラブル」という言葉はもともと「Hearable(聞こえる)」という意味であるが、新しい技術用語では「Hear」と「Wareable」を合成した言葉として使用されている。無線や有線のイヤホン・ヘッドホン、音声による操作、読み上げ機能、左右独立型・連結型、生体信号の測位などの新機能を搭載した機器が医療、スポーツ、エンターテインメントへと適用され始めている。通話、位置情報、翻訳機能、車載機器との連携などのほか、人工知能との連動によって単なるオーディオ機器や従来の補聴器とはまったく異なる役割を果たそうとしている。
世界の調査会社がこの技術に注目し、調査レポートを出版しています。下記をご参照いただき、貴社の業務・戦略にお役立てください。
また、さらにポイントを絞ったテーマについては委託調査が有効です。お見積りは無料ですので、どうぞご相談くださいませ。
(株式会社データリソース、03-3582-2531、office@dri.co.jp)


【PT:アプリケーション分析レポート】消費者と企業のヒアラブル最新情報(ABIリサーチ、2017年8月、価格はお問合せください)


AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の市場動向、市場予測に関する調査 (日本語調査報告書、AQU先端テクノロジー総研、2017年8月、本体価格:95,000円)


【需要調査】AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の需要動向に関する調査 (日本語調査報告書、AQU先端テクノロジー総研、2017年8月、本体価格:30,000円)


ヒアラブル機器市場:製品毎(ヘッドセット:従来型ヘッドセット、耳穴タイプのイヤホン、ヘッドホン、補聴器:スマート、通常)、技術毎(ブルートゥース、Wi-Fi)、用途毎(家電、医療)、地域毎 - 2023年までの世界市場予測(マーケッツアンドマーケッツ、2017年7月、US$ 5,650)


【マーケットデータ】ウェアラブルデバイスの市場シェアと市場予測(ABIリサーチ、2017年7月、価格はお問合せください)


健康&フィットネス用ウェアラブル:ビジネスモデル、予測&ベンダシェア 2017-2021年(ジュニパーリサーチ社、2017年2月、GBP 1,990)


【マーケットデータ】モノのインターネット(IoT)の無線接続(ABIリサーチ、2017年1月、価格はお問合せください)


【分析レポート:技術】企業用ヒアラブル:耳装着ウェアラブル機器 - 機器、技術、用途、データ管理(ABIリサーチ、2016年10月、価格はお問合せください)


【分析レポート:技術】職場のウェアラブル:企業市場の最新情報(ABIリサーチ、2016年9月、価格はお問合せください)


ヒアラブル&スマートオーディオの今後:ロードマップ、市場機会&予測 2016-2021年(ジュニパーリサーチ社、2016年8月、GBP 1,990)



注目の調査レポート一覧のページへ

お知らせ

 

ページTOPに戻る