世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ



量子技術

2017/11/21


量子力学とは状態をとらえる科学である。原子は原子核と電子でできている。電子に代表される量子は、原子より小さい。物質と呼べるのは原子以上である。原子より小さいものは物質と状態を区分できず、その両方の性質を併せ持つ。このような原理を応用した量子コンピュータの世界は加速しており、各社が体験サイトを公開している。日本でも2017年11月にNTTや東京大学による量子ニューラルネットワーク(QNN)をクラウドで体験できるシステムを公開する。一方で、マイクロソフトは量子コンピューティングに多額の投資をしているが、ビルゲイツ氏は理解できないともコメントしている。さまざまな可能性と疑問を孕んでいるとはいえ、医療や創薬、加工、観察にも応用できるとされる量子ビーム、量子暗号、量子放射線、量子通信(量子ネットワーク)、量子情報処理、量子生物学など、現代技術では果たせない今後の技術革新の重要な一翼を担う概念であることは間違いなさそうだ。
世界の調査会社がこの技術に注目し、調査レポートを出版しています。下記をご参照いただき、貴社の業務・戦略にお役立てください。
また、さらにポイントを絞ったテーマについては委託調査が有効です。お見積りは無料ですので、どうぞご相談くださいませ。
(株式会社データリソース、03-3582-2531、office@dri.co.jp)

【分析レポート:技術】量子コンピュータ時代の暗号化技術(ABIリサーチ、2017年10月、価格はお問合せください)


量子コンピュータの技術、企業、ソリューション、市場概観、予測 2017-2022年 (マインドコマース、2017年9月、US$ 995)


量子コンピュータ市場:収益源毎、用途毎(シミュレーション、最適化、サンプリング)、産業毎(防衛、銀行・金融、エネルギー電力、化学、医療・医薬)、地域毎 - 2023年までの世界市場予測 (マーケッツアンドマーケッツ、2017年8月、US$ 5,650)


Quantum Corporation (QTM) - 財務と戦略的SWOT分析レビュー (グローバルデータ、2017年8月、US$ 300)


量子計算に関する世界市場調査 (パーシスタンスマーケットリサーチ、2017年7月、US$ 4,900)


世界の量子暗号市場 2017-2021年 (テクナビオ、2017年4月、US$ 3,500)


量子カスケードレーザ市場:パッケージタイプ毎、運用モード毎、加工技術毎、エンドユーザ毎 - 2022年までの世界市場予測 (マーケッツアンドマーケッツ、2017年4月、US$ 5,650)


量子ドット機能フィルム ─ ダイナミックマップ (日本語調査報告書、ネオテクノロジー、2017年4月、本体価格:180,000円)


世界の量子ドットディスプレイ市場 2017-2021年 (テクナビオ、2017年2月、US$ 3,500)



注目の調査レポート一覧のページへ

お知らせ

  • 他のお知らせはありません。

 

ページTOPに戻る