世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

通信・ITビジネス情報源|電動車両用インバータ市場は2023年に180億ドルへ


--------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Data Resources, Inc.━┓
--------------------------------------------------------------------
____________
2012年12月21日号 目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【プレスリリース ピックアップ】
[1] 自動車セクターのスマートガラスについてナノマーケット社が分析
[2] 世界の投資によって新興国の電化が進捗
[3] 電動車両用のインバータの市場は2023年に180億ドル
[4] スマートグリッドの産業用制御システムのサイバーセキュリティは2020年に市場
価値6億ドル以上
[5] 2015年までのインドのタイヤ産業の予測

【新刊英文市場調査報告書】
[1] クラウド基盤のM2Mアプリケーション
[2] 世界の主要国の石炭火力発電所向けCCS市場
[3] スマートガスメータ市場調査
[4] ICマーケットドライバー2013年
[5] スマートグリッド向け電池と電気二重層キャパシタ

【新刊日本語市場調査報告書】
[1] 2013年版 白色LEDの現状と将来性

【無料調査レポート】
- Small Cell Market Status
- Trends, Technologies, and Ecosystems
- Electric Vehicles: 10 Predictions for 2013
- What to Watch For in 2013 and the Years Beyond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
【プレスリリース ピックアップ】
--------------------------------------------------------------------
[1] 自動車セクターのスマートガラスについてナノマーケット社が分析

米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「自動車向けスマートガラス市場 
2013年 - Smart Glass in the Automotive Sector- 2013」は、自動車セクター向
けのスマートガラスと関連するコーティングの販売による収益は、2018年に35億ドル
に達するだろうと報告している。

全文は下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/nano/nanoautosmartglass.html#press
--------------------------------------------------------------------
[2] 世界の投資によって新興国の電化が進捗

アジア太平洋地域の新興地域における新設や、世界の先進国の既存インフラのメンテ
ナンスや更新によって、送電市場は成長するだろうと、英国調査会社GBIリサーチ社
の調査レポート「世界の送配電市場:再生可能エネルギー取り組みに向けた送配電拠
点の拡大と将来に向けた老朽化インフラの交換 - Power Transmission and
Distribution:Expansion of T&D Base to Meet Renewable Energy Targets and
Replacement of Aging Infrastructure Will Present Growth Opportunities」は報
告している。

全文は下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/gbi/gbipowertd.html#press
--------------------------------------------------------------------
[3] 電動車両用のインバータの市場は2023年に180億ドル

ハイブリッド車と電気のみの自動車の両方の車両(陸上、水上、水陸両用)用のイン
バータの市場(コンバータを含む)は、2023年に180億ドルに達するだろうと、米国
調査会社IDTechEx社の調査レポート「電気自動車用インバータ 2013-2023年:パ
ワーエレクトロニクスと構成部品 - Inverters for Electric Vehicles
2013-2023」は報告している。インバータと電力変換の需要は、オートメーションや
産業用制御の分野ではすでに確立しており、その成長もかなり大きい。しかし、新た
な膨大な市場の登場によって、既存のインバータや電力部品のサプライヤにとっての
新しい分野を創出し、特に電動車両の専門知識のある企業や、電力のパワートレイン
システムに関する付加価値を開発することのできる企業にとっては、新しいビジネス
チャンスが出てくるだろう。

全文は下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/idtevinverter.html#press
--------------------------------------------------------------------
[4] スマートグリッドの産業用制御システムのサイバーセキュリティは2020年に市場
価値6億ドル以上

スマートグリッド向けの産業用制御システム(ICS)は、上昇基調が継続するだろう。
セキュリティは、依然、多くの公益企業がコストを制限する課題とみなしており、有
効な規制は進捗していない。しかし、公益企業全体としては、グリッドや変電所への
サイバー攻撃の危険性に関する認知が深まっているようで、今後1~2年のサーバーセ
キュリティの採用がそのことを表している。米国の環境エネルギーなどの地球環境保
護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社(ナビガント社の
エネルギー部門)の調査レポート「世界の産業用制御システム向けセキュリティ:
SCADAセキュリティ、産業用制御ネットワーク、ヒューマンマシンインターフェー
ス、デバイスコントローラ、SCADA通信の市場動向、成功事例、予測 - 
Industrial Control Systems Security」は、スマートグリッドのICSサイバーセキュ
リティの市場は、2012-2020年に3億6900万ドルから6億800万ドルまで成長するだろう
と報告している。

全文は下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikeicss.html#press
--------------------------------------------------------------------
[5] 2015年までのインドのタイヤ産業の予測

インドのタイヤ産業は、自動車需要の成長によって過去1ー2年間に非常に大きく成長
し、特に乗用車と二輪車用が著しかった。実際、天然ゴムなどの原料調達の利便と最
先端の生産設備によって、インドは世界でも最も競争力のあるタイヤ市場になってい
る。自動車OEMセクターと買い替え需要によって、インドのタイヤ産業は直近2年の会
計年度以来、驚くべき成長を遂げている。

全文は下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/rncos/rnindiatyre.html#press
--------------------------------------------------------------------
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
↓その他最新プレスリリースは下記ページをご覧ください↓
http://www.dri.co.jp/pressroom/index.php
__________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新刊英文市場調査報告書】
--------------------------------------------------------------------
[1] クラウド基盤のM2Mアプリケーション
Machine to Machine (M2M) Applications in the Cloud
→この調査レポートは、M2Mクラウドの現状と今後の展望について調査し、多数の重
要産業セクターにおけるM2Mアプリケーションビジネスの将来性を解説しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcm2mcloud.html

[2] 世界の主要国の石炭火力発電所向けCCS市場:2025年までの将来性調査と主要国分

Carbon Capture and Storage (CCS) for Coal Fired Plants
→この調査レポートは、世界の石炭火力発電所向けCCS (二酸化炭素の回収・貯蔵)
市場を収益と容量面から調査し、改良と新市場の将来性について分析し、市場に影響
を与える、主な促進要因と阻害要因を解説しています。CCSの主要国である米国、カ
ナダ、英国、ドイツ、ポーランド、オーストラリア、中国、日本について、詳細な分
析を行っています。調査対象となる技術には、予燃焼回収技術、燃焼後回収技術、酸
素燃焼回収技術が含まれています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdccscoal.html

[3] スマートガスメータ市場調査:ガスグリッド向け高度スマートメータの成長促進
要因、ビジネスモデル、技術動向、主要関連企業、市場予測
Smart Gas Meters
→この調査レポートは、世界のスマートガスメータ市場を調査し、市場を方向付ける
成長促進要因と阻害要因のほか、重要技術動向を分析しています。また、2020年まで
のメータタイプ毎と地域毎のスマートガスメータの出荷台数や関連収益を予測してい
ます。さらに、主要ベンダ情報や新規参入企業の分析、ビジネス事例を構築するため
の公益事業者向け指針も掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikgami.html

[4] ICマーケットドライバー2013年:IC市場における新興/主要エンドユーズアプリ
ケーション調査
IC Market Drivers 2013
→この調査レポートは、IC市場を詳細に調査し、2010年からの2016年までの市場デー
タやアプリケーション毎の分析などを提供しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/icin/icinicmarketdr.html

[5] スマートグリッド向け電池と電気二重層キャパシタ
Batteries and Supercapacitors for the Smart Grid -2013
→この調査レポートは、電力貯蔵の最新アプリケーション市場を調査し、今後の電力
貯蔵需要に適した電池と電気二重層キャパシタの供給による中・短期的な収益がどこ
で生まれるかについて解説しています。また、技術タイプ、アプリケーション、地
域、それぞれについての化学電池と電気二重層キャパシタの年毎の8年間予測を提供
しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/nano/nanosgbatsp.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
【新刊日本語市場調査報告書】
--------------------------------------------------------------------
[1] 2013年版 白色LEDの現状と将来性
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sghakuled.html
--------------------------------------------------------------------
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
↓その他の市場調査報告書は下記ページをご覧ください↓
http://www.dri.co.jp/auto/sector_report_list.php?id=1
__________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料調査レポート】
http://www.dri.co.jp/free/index.php
--------------------------------------------------------------------
◆ Small Cell Market Status
http://www.dri.co.jp/auto/report/it_AND_m/imtsmallcellfree12.html

◆ Trends, Technologies, and Ecosystems
http://www.dri.co.jp/auto/report/parks/pkevdigitalhome12free.html

◆ Electric Vehicles: 10 Predictions for 2013
http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikeevp12free.html

◆ What to Watch For in 2013 and the Years Beyond
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abi2013free12.html

※無料レポートは各ページ右にある「お問合せフォームはこちらから」より
お申し込みいただけます。
__________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・ご注文は下記までご連絡ください。
株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂4-5-6-701
電話:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp/

※弊社サイト内で外貨価格で表示されているレポートのご請求/お見積り額は
外貨価格を伝票作成日のTTSレート(三井住友銀行発表)で換算し、
消費税を加えた金額となります。(日本国外からのご注文を除く)

メール配信担当:栗原
mag@dri.co.jp

※本メールご不要の場合はお手数ですが、メールをこのままご返信ください。
メーリングリストより削除致します。

To be removed permanently from our mailing list, please type "REMOVE"
in the subject Box.
Thank you.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ページTOPに戻る