世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

市場調査会社プレスリリースをお送り致します 2014/2/26


---★-☆プレスリリース 2014/2/26 ☆-★---------------------------

[ナビガントリサーチ]
軽量天然ガス車両(NGV)の世界市場における走行台数は2023年までに4000万台へ
到達する
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrldngv.html#press

公益事業者(電力会社)向けエネルギー貯蔵用途の新型電池の年間収益は2023
年までに25億ドルを超える
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrabes.html#press

[Machina Research]
M2M/IoTアプリケーションプラットフォームは従来のM2Mプラットフォーム市場
を分割して成長速度を高めるだろう
http://www.dri.co.jp/auto/report/machina/mcnrcompm2m.html#press
-------------------------------------------------------------------
[ナビガントリサーチ]
軽量天然ガス車両(NGV)の世界市場における走行台数は2023年までに4000万台へ
到達する

「今後10年で市場は2倍へ成長」

2014年2月24日

燃料補給用インフラの拡大や排気ガス規制の厳格化に伴い、低コストで容易に
利用できる天然ガスの供給が増加しており、これによって軽量天然ガス車両
(NGV)市場の力強い成長が促進されている。この成長はNGV市場が既に強固に確
立したインド、中国、タイやブラジルといった国々で見られており、米国やド
イツなどの国におけるNGVは比較的小さなニッチ市場である。Navigant
Research社の新刊レポートは、世界市場における軽量天然ガス車両の走行台数
は2013年の1750万台から2023年では3980万台へと成長するであろうと伝えてい
る。

Navigant Research社のプリンシパルリサーチアナリストDave Hurst氏は「大手
自動車メーカではNGV市場、特にNGVへの関心が高い地域における取り組みに再
び焦点を向ける動きがある。」と語る。「総合的な話としては、世界市場にお
けるNGVの走行車両は2023年までに約2倍へと増大し、その時点におけるNGVは全
走行車両の2.6%を占めていくことが予測される。」

軽量天然ガス車両市場は世界においてもそれぞれの地域においても単一のもの
ではないとレポートは伝える。北米の市場では商用車顧客へ強い焦点が置かれ
ているのに対し、西欧やラテンアメリカ、アジア太平洋地域においては個人購
買者市場が大きな役割を果たす。特定の市場が商用車顧客に焦点をおくか、個
人購買者に焦点をおくかは、NGV市場の持つ有効性に重大な影響を与える。北米
ではNGVの商用車市場は比較的小規模のままであり、自動車メーカでは顧客への
配送前に企業が車両変更するのを頼りにするにとどまっている。

Navigant Research社の調査レポート「世界の軽量天然ガス車両市場の分析と予
測:天然ガス乗用車、軽量ピックアップトラック、SUV、小型トラック、軽量商
用車 - Light Duty Natural Gas Vehicles Natural Gas Passenger Cars,
Light Duty Pickup Trucks, SUVs, Vans, and Light Commercial Vehicles:
Global Market Analysis and Forecasts」は、世界の天然ガス乗用車とピック
アップトラックやSUV、ミニバン、小型トラックを含む軽量トラック市場を分析
している。軽量天然ガス車関連市場の状況と促進要因を調査し、対応燃料の入
手可能度、ガス貯蔵用シリンダ、車両保有総コスト、車両の有効性、政府の影
響などを分析している。車両売上や走行車両、使用燃料については、地域、セ
グメント、ドライブトレーン毎に2023年までの世界市場予測を行い、車両向け
天然ガス貯蔵に関する重要技術と主要関連企業についても調査を行っている。

※英文及びレポートの詳細につきましては下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrldngv.html#press
-------------------------------------------------------------------
公益事業者(電力会社)向けエネルギー貯蔵用途の新型電池の年間収益は2023
年までに25億ドルを超える

2014年2月18日
従来、電力網における電池機能はコスト面、安全性、耐久性、効率性での課題
により重要視されることはなかった。しかしながら、現在では電気化学の技術
的進化によって新型電池の開発が進み、電力網の管理において重要な役割を果
たしていくことが可能になった。Navigant Research社の新刊レポートは、公益
事業者向けエネルギー貯蔵用途の新型電池の世界市場収益は2014年の1億6400万
ドルから2023年には25億ドル以上へと成長するであろうと伝える。

Navigant Research社のプリンシパルリサーチアナリストSam Jaffe氏は「電力
網は他のネットワーク接続されているシステムとは異なり、貯蔵エネルギーリ
ソースがなくても大きな問題はなく機能する。しかしながら、電気化学の革新
- 特にリチウムイオンとその付随効果(サブケミストリー) - によって電池
のエネルギー貯蔵が抱える多くの課題が解決され、エネルギー貯蔵用電池は幅
広い用途で使用されるようになった。」と語る。

多くの高性能(エネルギー密度、体積密度、サイクル寿命、カレンダー寿命、
安全性、コスト性など)をあわせ持つリチウムイオン電池は、大部分のエネル
ギー貯蔵用途において、公益事業者向け用途の電池市場を率いる存在であるこ
とは明らかだ。またレポートによると、その他のバッテリ技術も引き続き存続
可能だという。フローバッテリは長期エネルギー貯蔵に優れていることが、ま
た新型鉛蓄電池は電力の集中的な使用の適用に優れていることが判明してい
る。

Navigant Research社の調査レポート 「世界の公益事業者向けエネルギー貯蔵
用途の新型電池市場の分析と予測 - Advanced Batteries for Utility-Scale
Energy Storage Lithium Ion, Sodium Metal Halide, Sodium Sulfur, Flow,
Advanced Lead-Acid, and Other Advanced Batteries: Global Market
Analysis and Forecasts」は、公益事業者(電力会社)のエネルギー貯蔵に使
用される新型電池の世界市場を分析している。様々な電力会社向けのエネル
ギー貯蔵用途のビジネスケースを調査し、主要電池の化学反応の強みと弱みや
そのような電池が特殊用途にどれだけ適合しているかを調査している。エネル
ギー容量や電力容量、収益は地域用途、化学反応(ケミストリー)、サブ化学反
応(サブケミストリー)毎に2023年までの世界市場を予測する。また、主要電
池メーカーとシステムインテグレータを含む、主要市場参入企業情報について
も掲載している。

※英文及びレポートの詳細につきましては下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrabes.html#press
-------------------------------------------------------------------
[Machina Research]
M2M/IoTアプリケーションプラットフォームは従来のM2Mプラットフォーム市場
を分割して成長速度を高めるだろう

2014年1月21日

2014年は、M2MとIoT(モノのインターネット)プラットフォーム分野の様々な
企業が、より強みを生かすようになる年となるだろう。その結果、市場構造の
定義化がなされ、2014年はM2MとIoTプラットフォームの製品化や商品化が進
み、加速度的な成長が見られるだろう。

英国調査会社Machina Researchの調査レポート「M2Mプラットフォーム市場にお
ける競合力学 ー Strategy Report - Competitive Dynamics in the M2M
Platform Space」は、M2MとIoTの展開をサポートするソフトウェアプラット
フォームの発展に関して調査している。現在のプラットフォームのヒエラル
キー(階層)の大刷新と、M2M業界の多くの現在の企業の関係性を予測してい
る。

過去10年間、M2Mアプリケーションの発展を支える多くのM2Mプラットフォーム
が登場した。最近まで、これらのM2Mプラットフォームは、アプリケーション開
発者が、様々なM2Mなどのアプリケーションから容易に入力してアプリケーショ
ンを設計することができるオープンアプリケーション環境をサポートするより
も、ストーブパイプ(他のシステムとの互換性がない)M2Mアプリケーションの
開発の加速に注力してきた。最近、M2M/IoTアプリケーションプラットフォーム
(M2M/IoT Application Platform)という新しいアプリケーションが登場し
た。この分野での主要な変動要因には、付加価値IoTアプリケーション分野に真
正面から取り組んでいるXively(ザイブリー)、IoT環境を支えるストーブパイ
プアプリケーションをもサポートすることを模索するThingworx(シングワーク
ス)、システム統合の性能を高める(ボッシュソフトウェアイノベーション
ズ)などがあげられる。

※英文及びレポートの詳細につきましては下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/machina/mcnrcompm2m.html#press
-------------------------------------------------------------------
株式会社 データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
電話:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861

プレスリリース担当:栗原
kurihara@dri.co.jp

株式会社 データリソース ホームページ
http://www.dri.co.jp

弊社のお送りするプレスリリースがご不要な場合はお手数ですが、当メールを
このままご返信ください。

掲載いただいた際には、レポートのお問い合わせ・購入の連絡先として、
弊社の連絡先等を明記いただければ幸いです。
-------------------------------------------------------------------

 

ページTOPに戻る