世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

エネルギー・自動車情報源|テレマティクス&ADAS無料セミナー開催決定!


-----------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Data Resources, Inc.━┓
-----------------------------------------------------------------------
*…………………………………………………………………………………*
 ____________________________
|テレマティクス/先進運転支援システム(ADAS) 無料セミナー|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[第1セッション]
テレマティクス:自動車業界におけるビッグデータの活用
[第2セッション]
ADAS:自動車先進安全技術の今後の課題とチャンス

[日 時] 2013年10月16日(水) 13時15分~16時(13時受付開始)
[会 場] 赤坂ツインタワー カンファレンスセンター
銀座線・南北線「溜池山王駅」(12番出口)より徒歩1分
[参加費] 無料(事前登録制・先着順)

http://www.dri.co.jp/seminar/sbd20131018.htm
*…………………………………………………………………………………*
--------------------------------------------------------------------
____________
2013年9月26日号 目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【今週の調査報告書特集】
テレマティクス

【新刊市場調査報告書】

英文報告書
[1] スマートグリッドネットワークと通信市場の分析と予測
[2] 太陽光発電モジュール
[3] ポータブル電源機器向け新型電池
[4] 電子機器向け環境発電と貯蔵 2014-2024年
[5] 世界の公益事業者によるモバイルワーカー管理市場の分析と予測
[6] 世界の自動車向けモジュラープラットフォームシェアリング市場分析
[7] 中国の自動車市場
[8] 透明導電膜市場調査 2014-2024年
[9] 照明とディスプレイ向け量子ドット市場の将来性
[10] 北米の電気自動車の地域別予測

日本語報告書
[1] 2013年版 電気自動車の現状と将来性

【展示会・イベント情報】

【調査会社特集】
グローバルデータ (GlobalData)

【総合技研 今月の一冊】
2013年版 電気自動車の現状と将来性

【データリソースより】
[1] 自動車関連セミナーのご案内
[2] スタッフ後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-----------------------------------------------------------------------
【今週の調査報告書特集】

今週はテレマティクス関連市場関連レポートを紹介いたします。
-----------------------------------------------------------------------
[1]【マーケットデータ】安全とセキュリティのテレマティックス
Safety and Security Telematics
出版社: ABIリサーチ
出版年月: 2013年5月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abimdsast156.html

[2] テレマティクスサービスにおけるオンラインポータル利用:自動車業界の
トレンドとベストプラクティス - 2013年
Connected Car Owner Portals - 2013
出版社: SBD
出版年月: 2013年6月
http://www.dri.co.jp/auto/report/SBD/sbdcon515.html

[3] 世界のテレマティクス市場 2012-2016年
Global Telematics Market 2012-2016
出版社: インフィニティリサーチ社
出版年月: 2013年7月
http://www.dri.co.jp/auto/report/infiniti/irgltelematics.html

[4] テレマティクスと個人情報保護法:個人情報保護法の改正と自動車業界の今
後の対応
Privacy laws vs Telematics: Is the automotive industry ready for
change?
出版社: SBD
出版年月: 2013年5月
http://www.dri.co.jp/auto/report/SBD/sbdcon514.html

[5] コネクテッドカー市場調査 2013-2017年:テレマティクスと車内インフォ
テインメント
Connected Cars
出版社: ジュニパーリサーチ社
出版年月: 2013年3月
http://www.dri.co.jp/auto/report/juniper/juntelematics.html

[6] 商用車向けテレマティクス市場(世界) 2013年市場概観
Strategic Outlook on the Global Commercial Vehicle Telematics Market in
2013
出版社: フロスト&サリバン社
出版年月: 2013年3月
http://www.dri.co.jp/auto/report/fs/fsnc5b.html

[7]【マーケットデータ】商用テレマティックス
Commercial Telematics
出版社: ABIリサーチ
出版年月: 2013年3月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abimdcomt111.html
-----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新刊市場調査報告書】
-----------------------------------------------------------------------
_____
英文報告書
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[1] スマートグリッドネットワークと通信市場の分析と予測:公衆網と専用
線、AMI向け有線と無線ネットワーク、配電自動化、変電所自動化
Smart Grid Networking and Communications
→世界のスマートグリッド通信市場の最新展開状況を分析しています。約24の
通信技術についての詳細と利用事例についても解説しています。また、公益事
業者の財政環境の移行、優先事項の変化、通信機器とサービスが如何にスマー
トグリッド通信への需要に見合う発展を続けているかについても調査していま
す。市場予測は、スマートグリッド通信ノードと機器を対象にセグメント(機
器タイプ、用途、技術、地域)毎に2020年までをカバーしています。さらに、
スマートグリッド通信市場において、ベンダがどのように自社の製品の位置付
けを行っているかについての調査結果や、世界でのスマートグリッド計画に参
加している市場関連企業の企業情報も掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrsgnc.html

[2] 太陽光発電モジュール:2020年までの市場規模、年間生産量、平均価格、
市場勢力図、主要国分析
Solar PV Modules - Market Size, Annual Production, Average Price,
Competitive Landscape and Key Country Analysis to 2020→世界の太陽光発
電モジュール市場を調査し、詳細に分析しています。また米国やドイツ、イタ
リア、中国、日本、韓国、台湾、インドなどの主要国における太陽光発電モ
ジュール市場の分析を行っています。設置容量、発電、モジュールの平均価
格、市場規模、モジュール生産については、2020年までの実績と予測数値も掲
載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdpvmodule.html

[3] ポータブル電源機器向け新型電池:主要用途(家電、電動工具、医療機器、
掘削ドリル、防衛)向けでのアルカリ、ニッケル・カドミウム蓄電池、鉛蓄電
池、ニッケル・水素充電池、マグネシウムイオン電池、電気二重層キャパシ
タ、その他の電池技術
Advanced Batteries for Portable Power Applications
→ポータブル電源機器向け新型電池産業を調査しています。世界の市場規模と
2023年までのポータブル電力アプリケーション向け新型電池(充電池のみ)の
10年予測も掲載しています。家電(携帯電話、タブレット、ラップトップPC、
ウェアラブル機器、各製品タイプを含む)、防衛システム、医療機器、電動工
具、石油・ガスの掘削作業の、全5種類の主要セグメントについて、2023年まで
の世界市場予測を行っています。また、地域毎やエネルギー容量(MWh)、電力
容量(MW)、販売数、収益についても予測しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrabpp.html

[4] 電子機器向け環境発電と貯蔵 2014-2024年:予測、技術、企業
Energy Harvesting and Storage for Electronic Devices 2014-2024:
Forecasts, Technologies, Players
→電子機器向けの環境発電(エネルギーハーベスティング)と貯蔵について調査
し、2024年までの市場を予測しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/idtehsedevice.html

[5] 世界の公益事業者によるモバイルワーカー管理市場の分析と予測:公益事
業市場向けモバイルワーカー向けアプリケーションと機器
Utility Mobile Workforce Management
→公共事業セクタでのモバイルワーカー管理の世界市場を分析しています。公
共事業でのモバイルワーカー管理ソリューションの導入における主要促進要因
やワーカーの課題、阻害要因を分析しています。公共事業でのモバイルワー
カーとその管理にかかる支出については世界の地域別に2020年までの予測を
行っています。また、外務員やホームオフィスでの従事者に共通で使われてい
るアプリケーションについての調査結果や上位レベルの関連企業に関する情報
も掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrumwm.html

[6] 世界の自動車向けモジュラープラットフォームシェアリング市場分析 
2013-2023年
Global Automotive Modular Platform Sharing Market Analysis 2013-2023
→世界の自動車向けモジュラープラットフォームの共有(モジュラープラット
フォームシェアリング)市場を調査し、主要企業毎の分析や2023年までの予測
結果やSWOT分析などを掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/visiongain/vgautomps.html

[7] 中国の自動車市場
Booming Automobile Sector in China
→中国の自動車市場を調査し、市場動向や関連企業の分析や2017年までの予測
データを掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/rncos/rnchinaauto.html

[8] 透明導電膜市場調査 2014-2024年:市場、技術、ITO代替技術の分析
Transparent Conductive Films (TCF) 2014-2024
→透明導電膜(透明導電性フィルム)市場を調査し、市場動向や関連企業情
報、2024年までの予測結果を掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/idttcf.html

[9] 照明とディスプレイ向け量子ドット市場の将来性
Market Opportunities for Quantum Dots in Lighting and Displays
→量子ドット (QD) 市場を将来性を詳細に分析し、量子ドットを使用した新材
料向け電子アプリケーションの最新製品、戦略、技術発展について調査してい
ます。
http://www.dri.co.jp/auto/report/nano/nanoqdld.html

[10] 北米の電気自動車の地域別予測:プラグイン電気自動車のセグメント(州
/地方、大都市圏、地域、特定公益事業者のサービス領域)毎の販売予測
Electric Vehicle Geographic Forecasts
→この調査レポートは、米国州内、MSA、公共事業サービス範囲向けプラグイン
電気自動車市場についての予測を含むデータを提供しています。売上について
は、地域毎に2013年から2022年まで予測しています。主要動向分析も含まれて
います。また普及率の累積販売データも掲載しています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrevgeo.html
______
日本語報告書
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[1] 2013年版 電気自動車の現状と将来性
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgev.html
-----------------------------------------------------------------------
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
↓その他の市場調査報告書は下記ページをご覧ください↓
http://www.dri.co.jp/auto/sector_report_list.php?id=1
___________________________________
-----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【展示会・イベント情報】
日本国内で開催される展示会やセミナーなどをご紹介いたします。
日程や会場は現時点で確認できた範囲で掲載しておりますが、変更等により
公式サイトと異なる可能性もございます。最新情報および詳細につきましては
各ウェブサイトまたは主催者へお問合せください。
-----------------------------------------------------------------------
第4回 クラウド コンピューティング EXPO【秋】
期間:2013年10月23日(水)~25日(金)
会場:幕張メッセ

第2回 データセンター構築運用展【秋】
期間:2013年10月23日(水)~25日(金)
会場:幕張メッセ

JGAS2013 (国際総合印刷機材展)
期間:2013年10月2日(水)~5日(土)
会場:東京ビッグサイト

第16回 関西機械要素技術展
期間:2013年10月2日(水) ~4日(金)
会場:インテックス大阪

ITpro EXPO 2013
期間:2013年10月9日(水)~11日(金)
会場:東京ビッグサイト

LED ジャパン 2013/Strategies in Light
期間:2013年10月16日(水)~18日(金)
会場:パシフィコ横浜
-----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【調査会社特集】
-----------------------------------------------------------------------
グローバルデータ (GlobalData)

英国の調査会社グローバルデータは、エネルギー市場を広範かつ詳細に調査
し、技術や国/地域に絞った調査レポートを積極的に出版しています。特にエネ
ルギーについては、代替エネルギーや石油・ガスの掘削関連産業、国別のエネ
ルギー市場やなど、幅広い市場や製品、企業についての詳細な調査を行って
います。

[2013年 8~9月出版レポート(抜粋)]
ロシアの水力発電(大規模、小規模、揚水式)2013年:2025年までの市場展望
Hydropower (Large, Small and Pumped Storage) in Russia, Market Outlook
to 2025, 2013 Update - Capacity, Generation, Regulations and Company
Profiles
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdrussiahydro.html

インドの水力発電(大規模、小規模、揚水式)2013年:2025年までの市場展望
Hydropower (Large, Small and Pumped Storage) in India, Market Outlook
to 2025, 2013 Update - Capacity, Generation, Regulations and Company
Profiles
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdindiahydro.html

世界のパワーレンタル:市場規模、競合環境、2020年までの予測
Power Rental - Global Market Size, Competitive Landscape and Forecasts
to 2020
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdpowerrental.html

世界主要国(中国、米国、インド、ドイツ、英国、イタリア、サウジアラビア、
ブラジル)の電力市場:2030年までの容量、発電、法規制、将来性、課題
Power Market in Key Countries (China, US, India, Germany, UK, Italy,
Saudi Arabia and Brazil) - Capacity, Generation, Regulations
Opportunities and Challenges to 2030
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdkeyconpower.html

風力発電の運営とメンテナンス市場 2013年:世界市場規模、部品毎のシェ
ア、競合環境、2020年までの主要国分析
Wind Operations & Maintenance Market, 2013 Update - Global Market Size,
Share by Component, Competitive Landscape and Key Country Analysis to
2020
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdwindopemain.html

欧州の再生可能エネルギー政策ハンドブック 2013年
Europe Renewable Energy Policy Handbook 2013
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdeureenpolicy.html

アジア太平洋地域の再生可能エネルギー政策ハンドブック 2013年
Asia-Pacific Renewable Energy Policy Handbook 2013
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/gdapacreenpolicy.html


レポート一覧は下記にございます。
http://www.dri.co.jp/auto/report/gd/index.html
-----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【総合技研 今月の一冊】
-----------------------------------------------------------------------
2013年版 電気自動車の現状と将来性
出版年月 2013年9月
____
調査項目
 ̄ ̄ ̄ ̄
1.電気自動車(ピュア電気自動車)
 1.参入メーカー一覧表  2.市場規模推移
 3.カーメーカー各社の生産計画 4.カーメーカーの取り組み状況
 5.海外メーカーの取り組み状況 6.部品動向
 7.電力会社、地方自治体、その他企業(コンビニなど)における取り組み状況
 8.インフラ整備について
9.カーメーカー各社における主要部品の調達状況

2.燃料電池車(燃料電池式電気自動車)
 1.参入メーカーの動向 2.市場規模推移
 3.主要部品の開発動向と課題 4.コスト動向
 5.各カーメーカーの燃料電池車の概要と部品メーカーとのつながり
 6.主要各カーメーカーの燃料電池車の考え方
 7.燃料電池車普及のロードマップ 8.インフラの動向
 9.燃料電池車の今後の見通し

3.ハイブリッド車(電気モーター+エンジン)
 1.参入メーカー一覧表  2.市場規模推移
 3.カーメーカー別販売シェア(2012年) 4.トヨタVSホンダの戦略
 5.カーメーカー各社における主要部品の調達状況
 6.部品動向(カーメーカーの採用状況、部品メーカーの取り組み状況など)

※詳細につきましては下記ページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgev.html
-----------------------------------------------------------------------
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
↓総合技研出版のレポート一覧は下記ページをご覧ください↓
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/index.html
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【データリソースより】
-----------------------------------------------------------------------
[1] 自動車関連セミナーのご案内

この度弊社データリソースは英国に本社を置く独立系技術コンサルティング会
社 SBD(Secured by Design Ltd)との共催で、テレマティクスとADAS最新動向に
関するセミナー「テレマティクス:自動車業界におけるビッグデータの活用 /
ADAS:自動車先進安全技術の今後の課題とチャンス」を2013年10月16日(水)
に、開催いたします。
_______
セミナー概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[第1セッション]
テレマティクス:自動車業界におけるビッグデータの活用
(講演者: Andrew Har - SBD / Connected Car 部門)

自動車業界におけるビッグデータの利用価値の現状
- 自動車メーカー、Tier1サプライヤー、サービスプロバイダー等バリュー
 チェーンのプレーヤーにとって、ビッグデータを活用したサービスの価値が
 どれくらいのものなのか、定量化して分析
- 大手のクラウドデータ管理IT企業による、自動車ビッグデータ関連ビジネス
 モデル構築の取り組みを解説
- ビッグデータ活用における課題と解決策の考察

[第2セッション]
ADAS:自動車先進安全技術の今後の課題とチャンス
(講演者:Alain Dunoyer - SBD / Safe Car 部門)

- グローバルなADAS市場での採用技術、機能の最新動向を紹介
- 様々なセンサー技術の採用状況、それぞれの長所と課題を考察
- 完全な自動運転化にあたっての主な課題について解説

詳細は下記ウェブページをご覧ください
http://www.dri.co.jp/seminar/sbd20131018.htm
-----------------------------------------------------------------------
[2] スタッフ後記

最近、擬音・擬態語を指す「オノマトペ」について、ニュースなどで時々見聞
きする機会が増えた様に思えます。

世代間で、認知度や受け取り方の違いがあるそうですが、それなら流行語と同
様にその時代限定のものかと思っていたら、目に涙を浮かべた状態を表す「う
るうる」は鎌倉時代にまで遡れるとの話。全く変化なく使われている語もある
ことに驚きました。

別の番組ではパンなどの商品パッケージに「もっちり」「もちもち」などを使
うと、売り上げが伸びるというとの話ですし、厳密性に欠けるものの、直観的
にイメージしやすい語は、日本人は昔から好きなのかもしれません。

翻って自分の事で思い当たった単語に「あっぱっぱ」がありました。

これはウエストを絞らない、ゆとりのある簡易服の事を我が家で言う場合に使
用していたのですがオノマトペを量産する(いやはや…)、我が家限定の擬態
語だと思っていたら、どうも関西を中心に広く認知され、なんと夏の季語にも
なっているそうで、諸説ある語源の一つは、くいだおれ創業者の山田六郎氏考
案とのこと。

オノマトペ(?)に自分のルーツを感じて、「グッ」ときました。
                                (み)
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・ご注文は下記までご連絡ください。
株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
電話:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp/

※弊社サイト内で外貨価格で表示されているレポートのご請求/お見積り額は
外貨価格を伝票作成日のTTSレートで換算後消費税を加えた金額となります。
(日本国外からのご注文を除く)

メール配信担当:栗原
mag@dri.co.jp

※「通信・IT」号と「エネルギー・自動車」号をそれぞれ隔週で配信していま
すが、どちらか一方だけをご希望の場合には、お手数ですが、「通信・ITの
み」または「エネルギー・自動車のみ」とご記入いただき、下記Eメールアドレ
スへご連絡ください。
mag@dri.co.jp

※本メールご不要の場合はお手数ですが、メールをこのままご返信ください。
メーリングリストより削除致します。

To be removed permanently from our mailing list, please type "REMOVE"
in the subject Box.
Thank you.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ページTOPに戻る