世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2009年版 電気二重層キャパシタの現状と将来性

 

出版社 出版年月冊子体価格ページ数
総合技研株式会社
2009年2月¥96,600 (税込)104

サマリー

電気二重層キャパシタは、1970年代後半から電子機器へのマイクロコンピュータの導入、半導体メモリーの採用などが積極的に進められるなか、小型で信頼性の高いメモリーバックアップ電源の開発が強く要求され、このような市場の要求に応えて開発実用化されたものです。これまでは二次電池の補助用として主に数F以下のバックアップ分野で用いられている大容量コンデンサとして市場が形成されてきましたが、近年、電気二重層キャパシタは電源装置での採用の本格化、自動車分野においても実用化に向けた開発が加速しており、今後の市場が大きく拡大することが期待されています。

このレポートは、電気二重層キャパシタの現状と将来性を調査し、市場動向や需要動向、分野別/容量別用途などについて分析しています。

調査項目

Ⅰ.電気二重層キャパシタの市場動向編

  1. 電気二重層キャパシタの特性
  2. 電気二重層キャパシタと他の電動貯蔵デバイスとの比較評価
  3. 電気二重層キャパシタの製品分類
  4. 電気二重層キャパシタの市場動向
    1)参入メーカー(容量別、形状・構成別)
    2)市場規模(全体、容量別、形状・構成別)
    3)シェア推移(全体、容量別)
    4)価格動向(容量別)
  5. 電気二重層キャパシタ主要メーカー動向
  6. 電気二重層キャパシタの技術開発動向
    1)大容量化、エネルギー密度向上
    2)高温対応、長寿命化
    3)小型化
    4)各種構成部材の開発動向 (電極、電解液、イオン性液体、セパレータ)
  7. リチウムイオンキャパシタの開発動向
    ※市場規模推移は、2004~2008年実績及び2009~2012年予測

Ⅱ.電気二重層キャパシタの需要動向編

  1. 電気二重層キャパシタの用途拡大ロードマップ
    1)普及のロードマップ
    2)分野別用途別普及予測
  2. 電気二重層キャパシタの容量別用途動向
    1)小形品
    2)中型品
    3)大型品
  3. 電気二重層キャパシタの用途分析(分野別/容量別)
    1)自動車分野
    (車両メイン電源、バックアップ用電源:ブレーキバイワイヤ、その他電源:電源分散、電気自動車)
    2)産業分野
    フォークリフト、油圧ショベル、複写機等
    コンテナ用ヤードクレーン、エレベータ
    3)電力分野
    (無停電電源装置、風力・太陽光発電等)
    4)民生分野
    (コードレス家電:ジャーポット、携帯電話、DSCなどモバイル系)
  4. 各分野用途で使われる電気二重層キャパシタの製品概要

調査対象先

  1. 電気二重層キャパシタメーカー
  2. 電気二重層キャパシタ用材料メーカー
  3. カーメーカー、部品メーカー
  4. 電子機器・家電メーカー
  5. 大学・研究機関

調査対象品目

  1. 電気二重層キャパシタ
  2. 電気二重層キャパシタの競合商品
  3. 電気二重層キャパシタの応用製品

調査期間

2008年11月1日-2009年2月20日

TOP


目次 詳細資料はこちらからお申込みください。

Ⅰ.電気二重層キャパシタの市場動向編

1.電気二重層キャパシタの特性

2.電気二重層キャパシタと他の電力貯蔵デバイスとの比較評価

3.電気二重層キャパシタの製品分類

4.電気二重層キャパシタの市場動向

1)参入メーカー
(1)容量別
(2)形状、構成別
2)市場規模推移
(1)全体
3)シェア推移
(1)全体
(2)容量別

4)価格動向

5.電気二重層キャパシタ主要メーカー動向

1)パナソニックエレクトロニックデバイス
2)NECトーキン
3)エルナー
4)日本ケミコン
5)指月電機製作所
6)パワーシステム
7)アドバンスト・キャパシタ・テクノロジーズ
8)日産ディーゼル工業
9)日清紡績
10)明電舎

11)その他メーカー

(1)日新電機
(2)ニチコン
(3)セイコーインスツル
(4)京セラ
(5)北川精機

6.電気二重層キャパシタの技術開発動向

1)大容量化・エネルギー密度向上

(1)パワーシステム
(2)指月電機製作所
(3)三菱電機

2)高温対応、長寿命化

(1)パナソニックエレクトロニックデバイス
(2)NECトーキン

3)小型化

(1)NECトーキン
(2)セイコーインスツル

4)各構成部材の動向

(1)電極
(2)電解液
(3)セパレータ

7.リチウムイオンキャパシタの開発動向

1)リチウムイオンキャパシタの開発動向
2)電気二重層キャパシタとリチウムイオンキャパシタの用途開拓動向

3)主要メーカーの開発動向

(1)富士重工業
(2)JMエナジー
(3)アドバンスト・キャパシタ・テクノロジーズ
(4)NECトーキン
(5)FDK

Ⅱ.電気二重層キャパシタの需要動向編

1.電気二重層キャパシタの用途拡大ロードマップ

1)普及のロードマップ
2)分野別用途別普及予測

2.電気二重層キャパシタの容量別用途動向

1)小型品
2)中型品
3)大型品

3.電気二重層キャパシタの分野別用途分析

1)自動車分野

(1)電子制御ブレーキ用バックアップ電源
(2)二次電池
(3)アイドリングストップ

2)産業分野

(1)フォークリフト
(2)油圧ショベル
(3)複写機
(4)コンテナ用ヤードクレーン
(5)直流電化用装置
(6)電力貯蔵システム(鉄道車両例で電力を蓄える装置)
(7)エレベータ

3)電力分野

(1)無停電電源装置
(2)風力・太陽光発電

4)民生分野

(1)コードレス家電(ジャーポット)
(2)携帯電話、DSCなどモバイル系

4.各分野用途で使われる電気二重層キャパシタ製品概要



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る