世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

教育分野における人工知能・ビッグデータ・VR/AR活用事例と市場展望

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2017年8月¥120,000 (税別)¥120,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥160,000 (税別)162

サマリー

レポート概要

ポイント

  • 教育ICTの変遷・現状と課題
  • 人工知能・ビッグデータ・VR/ARの活用・研究事例を調査
  • それぞれの現状と課題、2030年までの普及予測を掲載

 

近年、教育現場でのICT活用が進み、Education+Technologyの「EdTech(エドテック)」の波が教育現場に大きな変革をもたらしています。タブレット・電子黒板・デジタル教科書等、様々なデジタル機器・コンテンツ・ICTソリューションが活用され、学習や校務を支援する製品・サービス等が多数開発されています。

知識重視型の教育から、目指すべき教育の姿が変化している現在、「生きる力」を育むための授業や主体的かつ協働的な学び(アクティブ・ラーニング)を実現する上で、ICT活用は非常に効果的です。そのことからも教育ICT環境整備に関する様々な政策が制定され、ICTが推進されています。

本調査では教育ICT化の流れから、あらゆる産業分野で活用されている人工知能、ビッグデータ、VR/ARに注目し、それらの技術が教育分野でどのように活用されているか事例研究を行い、現状・課題・今後の展望をまとめました。



目次

はじめに

調査概要

第1章 総括
 【1】 本レポートについて
 【2】 教育ICTの変遷 概略図
 【3】 教育ICT化の歴史と全体像
 【4】 人工知能・ビッグデータ・VR/ARの教育活用の現状と今後

第2章 ヒアリング・事例研究の結果
 【1】 ヒアリング調査の結果
 【2】 事例研究の結果

第3章 ヒアリング調査個票【人工知能編】
 【1】 株式会社サインウェーブ
 【2】 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ/リクルート次世代教育研究院
 【3】 株式会社COMPASS
 【4】 株式会社すららネット

第4章 ヒアリング調査個票【ビッグデータ編】
 【1】 株式会社デジタル・ナレッジ
 【2】 ニュートンジャパン株式会社
 【3】 エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
 【4】 株式会社アクティブブレインズ
 【5】 早稲田大学人間科学部・大学院 人間科学研究科 松居辰則研究室

第5章 ヒアリング調査個票【VR/AR編】
 【1】 明治図書出版株式会社
 【2】 富士通株式会社
 【3】 株式会社加藤文明社印刷所
 【4】 テクノブロード株式会社
 【5】 東京書籍株式会社

第6章 事例研究個票【人工知能/ビッグデータ編】
 【1】 近畿大学/株式会社ワークスアプリケーションズ
 【2】 近畿大学/株式会社エイド・ディーシーシー
 【3】 金沢工業大学/日本アイ・ビー・エム株式会社
 【4】 東京学芸大学
 【5】 株式会社三菱総合研究所/株式会社マイナビ
 【6】 タケロボ株式会社/埼玉大学/日本アイ・ビー・エム株式会社
 【7】 株式会社METHOD
 【8】 AKA LLC
 【9】 Georgia Tech(ジョージア工科大学)/IBM Inc.
 【10】 Sesame Workshop/IBM Inc.
 【11】 ベネッセ教育総合研究所(株式会社ベネッセホールディングス)
 【12】 九州大学 基幹教育院 ラーニングアナリティクスセンター

第7章 事例研究個票【VR/AR編】
 【1】 株式会社学研プラス/品川女子学院高等部
 【2】 株式会社学研教育みらい
 【3】 光村図書出版株式会社
 【4】 教育出版株式会社
 【5】 Google Inc.
 【6】 Nearpod Inc.
 【7】 CGO Studios Inc.
 【8】 Unimersiv Inc.
 【9】 株式会社ドワンゴ
 【10】 Immersive VR Education Ltd.
 【11】 360°ed

第8章 参考資料
 【1】 学校におけるICT環境整備状況
 【2】 学校関連 統計情報

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る