世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

放送サービスの高度化をめぐる業界動向と普及シナリオ2015

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2015年1月¥160,000 (税別)¥160,000 (税別)¥190,000 (税別)130

サマリー

ポイント
  • 放送サービス関連事業に携わる専門家へのアンケート調査を実施!
  • 2020年に向けた4K・8Kの普及シナリオと課題は? 東京五輪の影響は?
  • テレビのスマート化はどのように進展するのか?
     

2013年6月、総務省が公表した「放送サービスの高度化に関する検討会 検討結果取りまとめ」には、「4K・8K(スーパーハイビジョン)」「スマートテレビ」「ケーブル・プラットフォーム」の3分野について、今後の取り組み体制や2020年までのロードマップが示されました。

2014年2月18日、総務省は、2013年6月発表の、4K・8Kの推進に関するロードマップ策定以降の状況変化を踏まえて、ロードマップの更なる具体化、加速化及び課題解決のための具体的方策の検討を進めることにより、4K・8Kのサービスの早期普及を図ることを目的として、「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合」の開催を発表しました。

2014年9月公表の「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合中間報告」では、2014年開始のCS等での4K試験放送が2015年から実用放送となり、2016年にはBSでの4K・8K試験放送、2018年には実用放送の開始が決まりました。

2020年には東京五輪の開催が予定され新ビジネスの創出への期待も高まっています。

本調査レポート「放送サービスの高度化をめぐる業界動向と普及シナリオ2015」では、2015年から2020年までの4K・8K、スマートテレビの普及シナリオを作成するとともに、今後の方向性と課題を明らかにすることを目的に、専門家を対象にアンケート調査を実施しました。

本レポートには、専門家33人の予測や見解を掲載しています。記述いただいたコメントは、4業種(放送1、放送2、通信、メーカ)に分類して掲載しました。事業に携わる方ならではの実感や示唆に富んだコメントが数多く寄せられました。

この1冊で、放送通信連携サービスの、ビジネスの進展や新市場創出の可能性、注目課題がわかります。
 


 

主な調査項目

• テレビの発展
テレビの発展とオリンピック/4K・8K技術の展開

• 2014年の業界動向
2014年の動き/テレビメーカの取り組み

• 専門家アンケート 専門家の予測と見解
【動向全般】
 2014年の国や事業者の取り組みへの評価/2015年の注目点や課題
【4K・8K】
 4Kテレビの普及予測2015-2020年/8Kテレビの普及予測/
 4K・8Kの普及要因/2020年の目指す姿の実現について
【テレビのスマート化】
 テレビの視聴環境や視聴スタイルの変化/テレビのネット接続率/
 ハイブリッドキャストの普及
【今後の展開と課題】
 高精細化と高機能化/放送通信連携サービスの新市場/
 2020年までの優先課題/2020年以降の課題

調査方法

専門家を対象とした「放送サービスの高度化に関するアンケート」
取材および公表資料にもとづく情報整理

調査対象

対象:放送サービス関連事業に携わる専門家

 回答者33人の内訳(所属企業の業種で分類)※回答は個人的見解にもとづくものとする
[1] 放送1 8人・・・ 地上波放送局
[2] 放送2 8人・・・ コンテンツ制作・技術支援・代理店
[3] 通信 9人・・・ 通信事業者・伝送路関連
[4] メーカ 8人・・・ テレビ等の機器メーカ
 

調査期間

2014年10月~2015年1月

 

 



目次

目 次

はじめに
調査概要

Ⅰ.総括 放送サービスの高度化をめぐる業界動向と普及シナリオ

1.4K テレビの普及予測 2015-2020 年 ................................................................................................. 1
2.2020 年・2025 年にむけての方向性と課題 ....................................................................................... 2

Ⅱ.テレビの発展 -オリンピックと高精細化の動向-

年表:テレビの発展の歴史 1960 年代から今日まで ............................................................................ 5
1. テレビの発展とオリンピック ................................................................................................................ 7
1-1. 全ては東京オリンピックから始まった .......................................................................................... 7
1-2. ハイビジョンの研究開発はオリンピックの年に始まっていた ............................................... 8
1-3. 月からの実況中継と南極からの実況中継 .............................................................................. 8
1-4. BS 放送の開始 ................................................................................................................................... 8
1-5. HDTV(高精細度テレビジョン放送)への取り組み ................................................................. 8
1-6. スーパーハイビジョン4K・8K への取り組み ............................................................................. 9
1-7. テレビ受信機の発展と白黒テレビからカラーテレビへの移行 ........................................ 10
1-8. 韓国、中国の経済成長による日本のテレビ産業の衰退 ................................................. 12
1-9. アナログ放送の終わりによるテレビ特需とその反動 ........................................................... 12
1-10. オリンピック特需 ............................................................................................................................... 13
1-11. 放送の多様化と高精細テレビの時代 ..................................................................................... 15
2. 4K・8K 技術の展開 ........................................................................................................................... 16
2-1. 4K ビデオとIPTV ............................................................................................................................. 16
2-2. デジタルサイネージへの展開 ..................................................................................................... 17
2-3. 医療用への展開 ............................................................................................................................. 18
2-4. スマホ・タブレット・パソコンへの展開 ........................................................................................ 18
2-5. デジタルシネマへの展開 .............................................................................................................. 19
2-6. スポーツ中継、イベント会場への展開 .................................................................................... 20
2-7. スポーツ球場、競馬場等の大型ディスプレイへの展開 ................................................... 20
2-8. プロジェクションマッピングへの展開 .......................................................................................... 20
2-9. ホームシアターへの展開 ............................................................................................................. 21

Ⅲ.2014 年の放送サービスの高度化をめぐる業界動向

1. 2014 年の動き .................................................................................................................................... 23
1-1. NexTV-F 宅外リモート視聴技術要件を公開 .................................................................... 23
1-2. スカパーJSAT とNTT フレッツ光でHD と4K 映像の同時伝送に成功 .................. 24
1-3. NHK とJ:COM ケーブルネットワークで8K 伝送実験に成功 ........................................ 24
1-4. Channel 4K 開局 CS で4K 試験放送開始 ........................................................................ 24
1-5. シャープ 業界初4K レコーダ発売 ......................................................................................... 25
1-6. NexTV-F W 杯の4K 試験放送。丸の内でパブリックビューイングも ....................... 25
1-7. 総務省4K・8K ロードマップに関するフォローアップ会合中間報告を公表 .............. 26
1-8. NHK Hybridcast サービスを4 波に拡大。民放も本格運用へ ..................................... 28
1-9. 85 型フルスペック8K 液晶ディスプレイ CEATEC で注目 ............................................ 29
1-10. ひかりTV 国内初4K VOD サービス開始 ............................................................................ 29
1-11. 4K アクトビラ開始。オープンインターネット経由の4K VOD ........................................... 29
1-12. NHK 2014 年の8K ライブパブリックビューイング ............................................................. 30
2. テレビメーカの取り組み .................................................................................................................... 31

Ⅳ.専門家アンケート集計結果分析

専門家アンケート 調査概要 .................................................................................................................................... 33
1. 2014 年の放送サービスの高度化に関する国や事業者の取り組みへの評価 .......................... 34
2. 2015 年の放送サービスの高度化に関する国や事業者の取り組みへの注目点や課題 ...... 40
3. 4K テレビの普及予測 2015-2020 年 .................................................................................................... 46
4. 2020 年時点の家庭用8K テレビの普及予測 ....................................................................................... 51
5. 4K・8K の普及促進要因 .................................................................................................................................. 54
6. 東京オリンピック・パラリンピックの開催年《2020 年の目指す姿》の実現について ................... 60
7. テレビの視聴環境や視聴スタイルの変化 -2020 年・2025 年- .............................................. 68
8. 2020 年時点のテレビのネット接続率 ......................................................................................................... 76
9. 2020 年時点のハイブリッドキャストの普及状況 ..................................................................................... 77
10. 「高精細化」と「高機能化」一体の実現について .................................................................................... 82
11. 今後創出される放送通信連携サービスの新市場 ................................................................................ 87
12. 2020 年までの優先課題 ................................................................................................................................. 92
13. 2020 年以降(東京五輪終了後)の課題 ................................................................................................. 97

◆単純集計
◆調査票(質問内容)

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る