世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

3Dプリンターの医療活用 現状と展望

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シード・プランニング
2017年12月¥120,000 (税別)¥120,000 (税別)
PDF(CD-ROM)
¥150,000 (税別)142

サマリー

シードプランニングが出版する「3Dプリンターの医療活用 現状と展望」は、2016年診療報酬改訂による画像等手術支援加算の適用対象の拡大や、プリンターの性能向上を背景に、医療における3Dプリンターの活用について最新の製品・サービス例や、関連のガイドラインをまとめた市場調査報告書です。

 


レポート概要

 ポイント

  • 手術シミュレーション、整形インプラントなど 3Dプリンターの医療活用用途を整理
  • 日米3Dプリンター医療機器ガイドラインを解説 2017年12月発表FDAガイダンスも解説
  • 今後の発展が期待されるバイオプリンター 国内外の注目研究・企業情報を掲載

 

2016年診療報酬改訂で画像等手術支援加算の適用対象が拡大され、25の術式で、3Dプリンター製 臓器モデルの手術シミュレーション使用が保険算定できるようになりました。また、性能向上により医療機器の最終製品も製造可能になってきており、体内に埋め込むインプラント製品のカスタムモデル化にも3Dプリンターが活用され始めています。さらに生体細胞も出力できるバイオ3Dプリンターを用い、肝臓などの臓器を「印刷」し再生医療に活用する研究が世界中で行われているほか、同プリンターを用いて立体的に構築した生体細胞を薬剤の安全性評価などに活用する動きが広まっています。

調査方法

  • 有識者へのヒアリング
  • 国内外の参入・開発企業へのヒアリング
  • 公開情報、各社カタログ等の収集整理

 



目次

目次概要

第1章:まとめ

第2章:3Dプリンティング― モデル・シミュレーション、インプラント部品への活用

第3章:3Dプリンティング(モデル・シミュレーション、インプラント)― 適用対象領域・疾患

第4章:3Dプリンティング(モデル・シミュレーション、インプラント)― 材料、メーカー、参入企業個票

第5章:3Dプリンティング(モデル・シミュレーション、インプラント)― 関連ガイドライン・規制

第6章:バイオプリンティング― バイオ研究、薬物試験、再生医療への活用

第7章:バイオプリンティング― 活用が期待される領域、参入企業個票

第8章:バイオプリンティング― 今後の展開と課題

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る