世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

韓国O2O市場の動向と展望

ソーシャルコマース、ギフト券、クーポン、ポイントなどO2Oビジネスモデルと成功要因分析

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
ROAホールディングス
ROA Holdings
2013年1月¥95,000 (税別)¥95,000 (税別)
シングルユーザ(PDF)
¥98,000 (税別)73

サマリー

本レポートの紹介
 
本レポートは、韓国の主要O2Oビジネスモデルをピックアップして、サービスやビジネスモデルの特徴と成功要因を分析することを中心としています。韓国市場は2012年8月にスマートフォン普及率が60%を超え、事業者はインターネットやモバイル環境の変化に迅速に対応し、商品券、クーポン、ポイント、広告などとスマートフォンが結合され、様々なO2Oビジネスが登場している状況です。日本国内の通信事業者、アプリケーション事業者、ポイント事業者、ローカル広告事業者の方々が、事業アイデアのヒントを得る調査資料としてご活用いただけます。
 
レポートサマリー

Executive Summary

O2Oは、Online to Offlineの略語だが、実際にオンラインとオフラインの連係はインターネットが登場した時点から展開されてきたことであり、最近新たに注目されるO2Oが何を意味するのかについては、様々な意見が存在する。

本報告書では、O2Oビジネスを「汎用的プラットフォームを基盤としたオンラインあるいはモバイルからオフライン店舗への送客を誘導するビジネスであり、汎用的プラットフォームは送客誘導効果を測定するべきものである」と定義する。O2Oプラットフォームは「流通コンテンツ」「流通チャネル」「送客誘導効果測定装置」の構成で多様に存在し、進化している。

[図]O2Oプラットフォームと進化方向

本レポートは、韓国O2Oビジネスを分析したものである。韓国市場は2012年8月にスマートフォン普及率が60%を超え、事業者はインターネットやモバイル環境の変化に迅速に対応し、商品券、クーポン、ポイント、広告などとスマートフォンが結合され、様々なO2Oビジネスが登場している市場である。

 

[図]韓国O2O市場の構成概念

本報告書は、韓国O2O市場分析を通じて、現在スマートフォン普及率が20%を超え、スマートフォンを基盤に展開するO2Oビジネス事業を準備している日本国内の通信事業者、アプリケーション事業者、ポイント事業者、ローカル広告事業者などに対して事業モデルや企画のヒントを提示することを目的として企画された。

したがって本報告書は、韓国の主要O2Oビジネスモデルをピックアップして、サービスやビジネスモデルの特徴と成功要因を分析することを中心としている。



目次

目次
Executive Summary

1 O2O定義
 1-1 O2Oビジネスコンセプト
 1-2 O2Oビジネスプラットフォーム

2 韓国O2O市場構成

3 ビジネスおよびサービス事例分析

 3-1 商品券および割引券コマース
  3-1-1 バーコードモバイル商品券:Gifticon、giftishow、gift U
  3-1-2 大型ショッピングモールの専門モール戦略:CJ O Shopping
  3-1-3 大型ソーシャルコマース:coupang、Ticket Monster
  3-1-4 美容特化ソーシャルコマース:Beauty Time
  3-1-5 宿泊、デート、観光のレジャー文化ポータル&ソーシャル割引券:yanolja.com
  3-1-6 商品券専門:Ticketnara

 3-2ポイントビジネス
  3-2-1 クーポン収集によるポイント積立から割引商品モール運営まで:OK Cashbag
  3-2-2 ポイントスワッピングから共同ポイントプラットフォームに拡大:Thiat

 3-3ローカルマーケティングプラットフォーム
  3-3-1 大型ポータルのクーポン事業参入:Naverクーポン、Daum Dangol
  3-3-2 位置基盤SNSのクーポン事業参入:SeeOn Shop
  3-3-3 オープン広告プラットフォームにクーポン発行ソリューション追加:
         SK Planet
  3-3-4 ARを連係させた位置基盤ゲームアプリ形式のクーポン発行プラットフォーム:
     olleh catch catch
  3-3-5 OK Cashbagの姉妹ブランドOK MyshopのAll-in-One戦略:OK Myshop、
     Dangol King、Shoptalk、OK Map、PinkyFinger
  3-3-6 オープン型マーケティング情報でローカル地図争い:OK Map
  3-3-7 ロケーション認識アプリと通話料金バンドルで差別化を図る
     ローカルマーケティングプラットフォーム:DingDong
  3-3-8 QRコード、NFCモバイルスタンプ:KTモバイルスタンプ
  3-3-9 WiFiスポットを活用したローカルマーケティング:Naver、LG U+
  3-3-10 AR(拡張現実)屋外マーケティングプラットフォーム

4 主要事業者O2Oカバレッジと市場ポジショニングおよび戦略方向性
 4-1 O2Oプラットフォームリーディングカンパニー:SK Marketing & Company、
   SK Planet
 4-2 ローカルマーケティング事業提携によるNスクリーンマーケティング:KT、Naver
 4-3 DingDongアプリを中心にO2O展開:LG U+
 4-4 巨大ポータルと巨大SNS運営:DaumのO2O関連動向
 4-5 O2Oプラットフォーム予備軍:カカオトークとT-Money

5 韓国O2O市場の成長予測

6インプリケーション
図表目次
図目次

[図1-1]マーケットプレイス、広告プラットフォーム、O2Oビジネスの概念比較
[図1-2]O2Oビジネスプラットフォームの範囲
[図1-3]O2Oプラットフォームおよび進化方向
[図2-1]韓国O2O市場構成概念
[図3-1]バーコードモバイル商品券利用手続
[図3-2]CJ O Shopping専門モール構成
[図3-3]ソーシャルコマースcoupangの商品構成
[図3-4]美容関連特化ソーシャルコマース「Beauty Time」サイト構成
[図3-5]yanolja.comサイト構成
[図3-6]Ticketnaraサイト構成
[図3-7]OK Cashbagポイント積立方法
[図3-8]OK Cashbag iPhoneアプリのイメージ
[図3-9]OK Cashbagのオフライン集客誘導サービス
[図3-10]Thiatのポイントスワッピングおよび共同ポイントサービスメニュー
[図3-11]済州エリアモバイルクーポンを提供するMcoufunサイトイメージ
[図3-12]Naverクーポンサービス概要
[図3-13]Naverクーポンセンターサービス概要
[図3-14]SeeOnショップマーケティングチャネル
[図3-15]Hi ThereアプリでのSK Planetクーポン発行イメージ
[図3-16]olleh catch catchサービスイメージ
[図3-17]olleh catch catchクーポンイメージ
[図3-18]OK Myshopのローカルマーケティングチャネル概念図
[図3-19]OK Map
[図3-20]DingDongアプリ概要
[図3-21]DingDongのO2Oパッケージ構成
[図3-22]NFCタグ利用のKTモバイルスタンプの店舗内NFCタッチパネルのイメージ
[図3-23]KTモバイルスタンプを利用したコーヒーショップ提携イベント事例:共同積立
[図3-24]NaverとKTが共同設立したKancommsのWiFi広告イメージ
[図3-25]韓国ソウル汝矣島IFCモールに設置されたAR広告イメージ
[図4-1]SKグループO2Oサービスポジショニング
[図4-2]SKグループO2Oプラットフォームカバレッジ
[図4-3]KT・Naver連合陣営のO2Oサービスポジショニング
[図4-4]KT・Naver連合陣営のO2Oプラットフォームカバレッジ
[図4-5]LG U+のO2Oサービスポジショニング
[図4-6]LG U+のO2Oプラットフォームカバレッジ
[図4-7]DaumのO2Oサービスポジショニング
[図4-8]カカオトーク、T-Money、その他主要なサービスのO2Oサービスポジショニング
[図4-9]カカオトーク「Plusカカとも」のO2O関連機能
[図5-1]韓国モバイル商品券、ソーシャルコマース、ローカルマーケティング市場予測(2009年~2015年)


表目次

[表3-1]OK Myshopサービス内容
[表3-2]DingDongローカルマーケティングソリューション構成
[表4-1]SK関連会社のO2O関連事業役割分担

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る