世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2011年度グローバルタブレット端末ベンダーの差別化戦略とその方向性

2010-2011年の主要デバイスベンダーの動向を中心に

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ROAホールディングス
ROA Holdings
2011年6月お問い合わせください 52

※本体価格:95,000円(冊子体、電子媒体)、98,000円(冊子体+電子媒体)。

サマリー

本レポートの紹介

本 リポートは、アジアの通信市場と携帯端末市場を主導する日本の新規発売端末を定期的に分析し、市場の方向性を分析したレポートです。主に国内で発売した端 末の詳細情報を中心に、ROA Holdings独自の評価方法によって携帯端末の進化レベルを評価、今後の予測を行っています。 このレポートで端末の機能要素、付加サービス要素、そして今後の展望を把握できます。

レポートサマリー

1. 本レポートにおける「タブレット」の定義
本レポートにおける「タブレット」とは以下の3つの条件を全て満たすものである。

2. レポートの紹介
本レポートはアジアの中でも通信市場及び携帯端末市場を主導する日本の新規発売端末を定期的に分析し、今後の市場の方向性を提示するために企画されたものである。日本国内で発売された端末の詳細情報を定期的に提供し、ROA Holdings独自の評価方法によって携帯端末の進化レベルを評価、今後の予測を行っている。本レポートにて端末の機能要素、付加サービス要素及び今後の展望を把握することができる。

3. 調査範囲
本レポートは日本国内で発売されたタブレット端末を中心に調査を行い、海外で発売されたものに関しても可能なかぎり調査を行った。

4. 調査プロセス
本レポートは次のようなプロセスを経て作成され、全世界で発売(発表)となったタブレット端末に関する特性を分類することで、タブレットのコンバージェンスの 方向性を予測することを目的としている。



目次

エグゼクティブサマリー

1. 本レポートにおける「タブレット」の定義
2. レポートの紹介
3. 調査範囲
4. 調査プロセス

2. 2010-2011年世界のタブレット端末市場環境の分析
1. 2010-2015年タブレット販売台数推移予測
2. Wi-Fi専用機種と3G搭載機種の販売台数比較

3. Device Basic Performance
1. Issue 1 -CPUクロックはSingle 1GからDual 1Gが主流に
2. Issue 2 -RAMは1GBを超えるスペックの端末が増加
3. Issue 3 -Storageは16GB~32GBが多数派
4. Issue 4 -4万円~6万円の実勢価格が一般的に

4. Mobility Performance
1. Issue 1 -端末重量は700グラム、厚みは12ミリをベンチマーク
2. Issue 2 -3Gボイス搭載機はアジアのベンダーを中心に発展
3. Issue 3 -3.9G搭載機が海外ベンダーを中心に登場
4. Issue 4 -バッテリーの持続時間は10時間が目標値に

5. 付加価値要素

User Experience
1. Issue 1 -ディスプレイサイズは8~9インチサイズ台の端末が台頭
2. Issue 2 -タッチ方式においてはコストを抑えた抵抗膜方式は消えつつある
3. Issue 3 -OSバージョン毎のUX進化スピードはAndroidが圧倒的

Entertainment Platform
4. Issue 4 -アプリケーションマーケットのマルチプレーヤー化
5. Issue 5 -日系ベンダーのコンテンツネットワーク形成

Life Conversion
6. Issue 6 -ビジネスサイドにおける用途の広がり
7. Issue 7 -SNS、NFC、Nスクリーン等生活の中心へと変化

6. 2011年までの纏めと2012年以降のキーポイント
1. 2011年までのキーポイント纏め
2. 2012年以降のキーポイント

7. Appendix

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る