世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

リチウムイオン電池の負極活物質 - 金属、合金系 ─ 特許調査レポート リチウムイオン電池材料シリーズ

特許調査報告書

 

出版社 出版年月冊子体+電子版価格 ページ数
ネオテクノロジー
2014年4月¥98,000 (税別)100

※A4判、CD-ROM付

サマリー

概要

本書の特長

リチウムイオン電池の負極材料は、更なる高容量化、高出力化を実現するために、新たな材料開発への挑戦が求められています。

2007年以降に出願され、2014年2月までに発行されたリチウムイオン電池に関連する膨大な国内公開特許情報から、当社独自の検索スキルと専門技術スタッフによるマニュアル査読での抽出を行い、リチウムイオン電池の負極活物質の金属、合金系に関する特許情報をまとめました。

調査対象技術

リチウムイオン電池の負極材料に関わる活物質のなかでもリチウム金属、リチウム合金、これらの粒子、或いは、これらが担持された多孔質体を対象としました。また、インジウムアンチモン合金なども含みます。

本シリーズのねらい

本調査レポートは、膨大な特許情報を当社専門技術スタッフが一件ずつマニュアル査読して材料別に抽出し、各企業の研究開発の現状を探っています。
出願件数上位10 社について、出願年別件数推移、企業性格チャート、発明者ランキング、共同出願人及び公開特許抄録を掲載、その他の企業についても公開特許抄録を全件掲載し、最近のリチウムイオン電池の負極活物質の金属、合金系に関わる全企業と技術開発の全体状況を見渡す内容としました。

自社を取り巻く現状を把握し、これからの方向性を探る基礎資料としてぜひ本レポートをご活用ください。

なお、付属のデータCD-ROM には該当特許一覧表をExcel 形式で収録しており、公報PDF へリンクしています。先行文献調査や、自社の関心事項に沿って深堀り調査を行う際に便利にお使いいただけます。



目次

はじめに

Ⅰ.総論

1.この調査レポートの目的
2.調査範囲
3.調査方法
4.付属CD-ROMについて

Ⅱ.技術動向

1.リチウムイオン電池の負極活物質全体の出願件数推移
2.負極活物質の金属、合金系の出願件数推移

Ⅲ.企業動向

1.企業シェア
2.出願上位企業10社比較
出願年別件数推移、企業性格チャート、発明者ランキング、共同出願人、公開特許抄録
(1)パナソニック株式会社
(2)トヨタ自動車株式会社
(3)住友電気工業株式会社
(4)三星エスディアイ株式会社
(5)ソニー株式会社
(6)株式会社日立製作所
(7)日産自動車株式会社
(8)日本電気株式会社
(9)日立マクセル株式会社
(10)三菱化学株式会社
(11)その他企業
三洋電機、日立化成工業、東芝、FDK、FDKエナジー、京セラ、昭和電工、半導体エネルギー研究所、日本触媒、古河電池
UACJ、首都大学東京、旭硝子、宇部興産 ほか

Ⅳ.該当特許一覧表

付属CD-ROM

該当特許一覧表(Excel形式)
全文明細書(PDF形式)

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る