世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ワイヤレス給電の用途展開をにらんだ最近の要素技術 ─ パテントガイドブック

研究開発アーリーステージの開発テーマ探索

 

出版社 出版年月冊子体+電子版価格 ページ数
ネオテクノロジー
2014年11月¥80,000 (税別)200

サマリー

本書の特長

本書では、ワイヤレス給電の公開特許情報を1.要素技術、2.用途展開の2つに大きくわけてとらえ、最新の企業と技術開発の動きを調査しました。
要素技術では効率改善、異物検知、ノイズ対策、複数、位置検出の5つの観点から最新の技術動向がわかり、用途においては水中移動体用、太陽電池パネル用、医療用、洗車用、電動車両用、充電スタンド用、走行中給電用、双方向給電用、通信用といった多様な展開が見られます。
今後の技術開発や事業展開の方向性を考えるうえでぜひ把握しておきたい企業と技術の最新情報です。

本シリーズ「パテントガイドブック」のねらい

研究開発のアーリーステージで技術と企業の全体像を把握する
技術テーマのプランニングや技術開発において、技術者自身が最新の特許情報を的確に把握することが求められています。しかし、膨大な特許情報の中から必要な情報を抽出するには困難が伴います。そこで、特定の技術テーマにフォーカスし、俯瞰しやすいレベルにまとめたのが本シリーズ「パテントガイドブック」です。
技術者の視点で直近の特許情報から最低限必要な約100件の情報を厳選した本シリーズは、技術者が進むべき将来の方向を探る道しるべとして最適なガイドです。



目次

アングル(技術分類)
<要素技術観点>
・効率改善
・異物検知
・ノイズ対策
・複数
・位置検出
<用途展開>
・水中移動体用
・太陽電池パネル用
・医療用
・洗車用
・電動車両用
・充電スタンド用
・走行中給電用
・双方向給電用
・通信用

【掲載企業(順不同)】
クアルコム、日立パワーソリューションズ、エクォス・リサーチ、日本自動車部品総合研究所、デンソー、パナソニック、産業技術総合研究所、三菱電機エンジニアリング、日産自動車、IHI、スパコン カンパニー リミテッド、TDK、村田製作所、豊田自動織機、キヤノン など

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る