世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

Google社 自動走行車と関連技術 ~特許から見る事業戦略~

社会と技術のかかわり

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ネオテクノロジー
2014年6月¥40,000 (税別)
ハードコピー&CD-ROM
190

サマリー

特許から事業戦略を探る

近時話題になっている、Google社の自動走行車両。特許情報の上から同社がどのような戦略をとろうとしているのかを考察します。

総論部で、自動走行車両に関連があると考えられる特許を中心に解説を行っています。各論部で、2014年4月31日までに米国で登録された登録特許88件について簡単な紹介文を付与しております。

もとより特許情報だけからでは事業戦略を見ることは困難ですが、財務情報、製造業で起こっているファブレス化の動きなどを踏まえ、Google社の事業戦略を仮説として提言いたしました。



目次

はじめに

総論

1.Google社をめぐる全体的な状況
2.特許の特徴
3.早期登録制度の活用
4.自動車を巡る特許の中核部分
(1)88件という件数
(2)中核となる約20件
(3)最終的なイメージ
5.スマートフォンビジネスとの比較による考察

各論

A分類 自動走行関連技術(22件)
B分類 地図情報と位置情報の取得(16件)
C分類 データの収集と車両操縦者(10件)
D分類 データの収集と車両サービス利用者(4件)
E分類 通信・データ処理(4件)
F分類 多目的の周辺技術(17件)
G分類 ノイズ(15件)

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る