世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

MVNO×格安スマホ×中古端末がもたらす 新領域市場の動向と将来予測2020

MVNO市場の活性化で生まれた、廉価回線×端末の組み合わせによる 「新領域」新市場の全体像と将来像、主要プレーヤの動向を明らかに

 

出版社 出版年月冊子体+電子版価格
エムシーエイ
MCA Inc.
2015年7月¥142,000 (税別)

本レポートと、2015年1月発刊の「SIMロック解除・MVNOの消費者ニーズ・利用実態調査」とのセット販売を実施中です。価格はお問い合わせ下さい。

サマリー

「MVNO×格安スマホ×中古端末がもたらす 新領域市場の動向と将来予測2020」は日本のMVNO・格安スマートフォン、中古端末市場を詳細に調査・分析し、主要事業者の取り組みについても解説しています。

調査概要

 本格的な成長段階へのシフトが視野に入ってきた、格安SIMとも称される独自SIMカード型のMVNO市場。SIM単体での販売に加え、安価な端末と組み合わせ「格安スマホ」として販売する動きも積極的に行われています。また、端末も新品だけでなく中古品も選択肢のひとつになっています。

MCAは、MVNO×格安スマホ×中古端末が創出する市場を、既存のキャリアが提供してきた通信サービス市場とは別の『新領域市場』と位置づけ、当該市場の現状と拡大に向けた課題、および主要事業者の取り組みを調査しました。



目次

主な調査項目

1. 総括

 新領域市場の将来予測(~2020年)
 MVNO(独自SIMカード型)市場予測
 格安スマホ(端末+SIMセット)市場予測
 中古端末市場予測
 新領域市場拡大に向けた課題
 2020年に向けた新領域市場の可能性

2. MVNO・格安スマホ市場分析

 市場全体像および予測
 MVNO-MVNE俯瞰図
 MVNOのビジネスモデル
 MNOの取り組み
 MVNOへの貸し出しスキーム
 帯域接続料
 総務省における取り組み
 SIMロック解除
 初期契約解除ルール
 機能のアンバンドル
 訪日外国人向け施策
 消費者アンケート調査結果(「SIMロック解除・MVNOの消費者ニーズ・利用実態調査」より)
 MVNO利用者・非利用者に対するアンケート
 SIMロック解除に関するアンケート
 SIMロック解除開始の影響
 主要事業者の取り組み

3. 中古端末市場分析

 市場全体像および予測
 MNOキャリアによる下取り実態
 オークション取引実態
 総務省における取り組み
 第三者修理の登録制度
 主要事業者の取り組み

4.主要事業者の動向

 企業概要
 新領域市場に対する考え方
 MVNO・格安スマホ事業への取り組み
 現在までの経緯、取扱製品、ビジネスモデル
 中古端末事業への取り組み
 現在までの経緯、取扱製品、ビジネスモデル

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る