世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

モバイルキャリア各社のLTE基地局のエリア展開実態 および戦略に関する調査 2013-2014(全編)

- キャリア各社のLTEの基地局数を周波数帯別、エリア別に集計分析し、LTEエリア戦略を解明 -

 

出版社 出版年月電子版価格
エムシーエイ
MCA Inc.
2014年9月¥150,000 (税別)
CD-ROM (PDF+エクセル)

サマリー

■調査概要

  移動体通信・IT専門の調査会社である株式会エムシーエイでは、9月4日に調査レポート「モバイルキャリア各社のLTE基地局のエリア展開実態および戦略に関する調査~キャリア各社のLTEの基地局数を周波数帯別、エリア別に集計分析し、LTEエリア戦略を解明」(価格:150,000円/税別)を発刊しました。

  モバイルキャリア各社は、LTEのエリア展開および高速化でしのぎを削っている状態です。その背景には、端末やサービスでの差別化が難しく、各キャリアの競争力がインフラ勝負になってきたことがあります。その競争力を示す指標のひとつがLTE基地局の設置数です。

  同じ基地局と言っても、KDDIのピコセルとドコモの6セクタ局とでは全く同列には比較できません。しかし、それを踏まえた上でLTE基地局を追うことによって、各社のLTEネットワークの特徴とその問題点、および今後の戦略の方向性が見えてきます。


■調査ポイント

  • 本レポートでは、各社のLTEの進展状況を月ごとに追って、1年間にわたりその状況を分析
  • 使用するデータは、総務省の「無線局統計情報」をもとにLTEの基地局数を検索し、周波数帯別、エリア別に集計
  • 分析の視点は、大都市、中核都市、地方都市、ルーラルといった人口別エリア区分、さらにはW-CDMA局におけるLTE化率など様々な角度からデータを分析
  • 次期iPhone6が及ぼす各社のインフラ競争力への影響を分析

 

調査対象

調査の対象となる帯域は下表中、色で塗りつぶした周波数(黄色:FDD-LTE、緑:TDD-LTE

 



目次


 ■調査項目

1.調査概要
  1.1.調査目的
  1.2.調査対象
  1.3.調査手法
  1.4.調査期間
  1.5.調査担当

総括編
1.各社の基地局展開状況とLTE移行戦略
  1.1.各社の基地局数
  1.2.各社のLTE基地局数とLTE化率
  1.3.各社のエリア別LTE展開状況
  1.4.各社のLTE移行戦略

2.今後のLTE展開予測
  2.1.今後のLTE展開のカギを握るキャリアアグリゲーション
 2.2.LTEのエリア展開から見たKDDIのCAサービスの戦略的な意味
  2.3.KDDIにおけるCAの手法とeICICの問題
  2.4.今後重要性が増す2.5GHzとドコモの対抗軸

3.帯域別LTEの動向
  3.1.各社の800MHz帯LTEの動向
  3.2.各社の1.5GHz帯LTEの動向
  3.3.各社の2GHz帯LTE(5MHz)の動向
  3.4.各社の2GHz帯LTE(10MHz)の動向
  3.5.各社の2GHz帯LTE(15MHz)の動向
  3.6.各社の2.5GHz帯TDD-LTEの動向

4.各社の周波数帯域別LTE基地局の動向と位置づけ
 4.1.NTTドコモ
 4.2.KDDIグループ
 4.3.ソフトバンクグループ

5.各社の2GHz帯におけるLTE帯域
  5.1.NTTドコモ
 5.2.KDDI
 5.3.ソフトバンク

6.都道府県別、周波数帯域別の増減状況
  6.1.NTTドコモ
 6.2.KDDI
 6.3.ソフトバンククグループ

7.LTE化率の状況(W-CDMA局の中でのLTE化率)

8.各社のiPhoneへの対応状況

図表目次
 図 1 1各社の基地局数
 図 1 2 各社の帯域別LTE基地局数
 図 1 3 各社の帯域別LTE化率
 図 1 4 大都市における各社の帯域別LTE展開状況
 図 1 5中核都市における各社の帯域別LTE展開状況
 図 1 6地方都市における各社の帯域別LTE展開状況
 図 1 7ルーラルにおける各社の帯域別LTE展開状況
 図 1 8 ルーラルにおける各社の帯域別LTE展開状況(900MHzの影響)
 図 1 9 ドコモとKDDIにおける並行免許
 図 1 10 2GHzの各帯域別基地局数の推移
 図 2 1各社の帯域別LTE基地局数とCAの組み合わせ帯域
 図 2 2 KDDIの帯域別エリア分布状況(2014年5月24日現在)
 図 2 3 KDDIにおけるCAの方法(2GHz/800MHzとのCA)
 図 2 4 各社のiPhone対応の基地局数(2014年5月24日現在)
 図 3 1各社の800MHzLTEのエリア別ウエイト(2014年5月24日)
 図 3 2各社の1.5GHzLTEのエリア別ウエイト(2014年5月24日)
 図 3 3 帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
 図 3 4帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
 図 3 5帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
 図 3 6帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
 図 4 1 ドコモの周波数帯別の基地局数推移
 図 4 2 ドコモのエリア別帯域別基地局数
 図 4 3 KDDIのエリア別帯域別基地局数比率
 図 4 4 KDDIグループの周波数帯別の基地局数推移
 図 4 5 KDDIのエリア別帯域別基地局数
 図 4 6 KDDIのエリア別帯域別基地局数の比率
 図 4 7 ソフバンクグループの周波数帯別の基地局数推移
 図 4 8 ソフトバンクのエリア別帯域別基地局数
 図 4 9 ソフトバンクのエリア別帯域別基地局数比率
 図 5 1 ドコモの2GHz帯におけるLTE帯域
 図 5 2 無線局事例
 図 5 3 KDDIの2GHz帯におけるLTE帯域
 図 5 4 ソフトバンクの2GHz帯におけるLTE帯域
 図 6 1 ドコモの800MHz、1.5GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
 図 6 2 ドコモの1.7GHz、2GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
 図 6 3 KDDIの800MHz、1.5GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
 図 6 4 KDDIの2GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
 図 6 5 ソフバンクの2GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
 図 6 6 イー・アクセスの1.7GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
 図 7 1 ドコモの各エリアにおけるLTE化率(2014年5月末現在)
 図 7 2 ソフトバンクの各エリアにおけるLTE化率(2014年5月末現在)

 表 1 1大都市における各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
 表 1 2中核都市における各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
 表 1 3地方都市における各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
 表 1 4ルーラルにおける各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
 表 3 1 各社の800MHz帯LTEの基地局数推移 単位:局
 表 3 2 各社の1.5GHz帯LTEの基地局数推移 単位:局
 表 3 3 各社の2GHz帯LTE(5MHz)の基地局数推移 単位:局
 表 3 4 各社の2GHz帯LTE(10MHz)の基地局数推移 単位:局
 表 3 5 各社の2GHz帯LTE(15MHz)の基地局数推移 単位:局
 表 3 6 各社の2.5GHz帯TDD-LTEの基地局数推移 単位:局
 表4 1ドコモの割り当て帯域とサービス提供時期
 表 4 2 ドコモの周波数帯別の基地局数推移
 表4 3 KDDIの割り当て帯域とサービス提供時期
 表4 4UQコミュニケーションズの割り当て帯域とサービス提供時期
 表 4 5 KDDIグループの周波数帯別の基地局数推移
 表4 6 SBMの割り当て帯域とサービス提供時期
 表4 7イー・モバイルの割り当て帯域とサービス提供時期
 表4 8 WCPの割り当て帯域とサービス提供時期
 表 4 9 ソフバンクグループの周波数帯別の基地局数推移
 表 5 1ドコモの地域別帯域別基地局数(2014年5月24日現在)
 表 5 2 KDDIの地域別帯域別基地局数(2014年5月24日現在)
 表 7 1 ドコモの各帯域における基地局数とLTE化率(2014年5月末現在)
 表 7 2 KDDIの各帯域における基地局数とLTE化率(2014年5月末現在) 2
 表 7 3 ソフトバンクの各帯域における基地局数とLTE化率(2014年5月末現在)
 表 8 1 帯域別iPhone対応基地局数

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る