世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界のWiMAXブロードバンド市場調査:成長要因/阻害要因、2014年までの市場予測

WiMAX Broadband

Markets, Opportunities & Forecasts, 2009-2014

 

出版社 出版年月価格 ページ数
Juniper Research
ジュニパーリサーチ社
2009年5月お問い合わせください 103

※電子媒体(PDF)価格はシングルユーザ価格です。

目次

価格・ご注文について

価格表

レポート概要

この調査レポートは、世界のWiMAX市場を調査し、市場の成長要因と阻害要因、地域別予測など、DSLやケーブルの代替技術としてのWiMAXの将来性を考察する際に有用となる情報・データを掲載しています。

主な掲載内容 (目次から抜粋)

  • 無線モバイルブロードバンド市場の成長要因
  • WiMAX市場成長要因と阻害要因
  • ブロードバンド&DSL市場予測
  • 世界のWiMAX市場予測
    • 機器とローミング、法規制
    • APRU
    • 加入者数予測
    • サービス収益予測
  • WiMAXの地域別分析
    • 北米
    • 南米
    • 西欧
    • 東欧
    • 極東および中国
    • インド亜大陸
    • その他のアジア太平洋地域

Overview

This new WiMAX study includes a 65 page forecast suite that maps out the unfolding opportunity for WiMAX over the next six years. Data is broken down by broadband subscribers, DSL subscribers and WiMAX subscribers, as well as WiMAX service revenue forecasts and ARPU, split by eight key regions.

This WiMAX report provides a realistic assessment of the potential for WiMAX to provide an alternative to DSL and cable and considers a number of key drivers such as the opportunity to serve underserved & unserved areas in developing and developed countries.

The regional chapter includes an assessment of recent developments and an up to date status report of the WiMAX market and how the networks will be used in the region on an operator level to offer rural and metro alternatives.

Key questions this report answers:

  • How many WiMAX subscribers will there be each year from 2009 - 2014?
  • Which will be the prime regions for WiMAX deployments?
  • How many WiMAX subscribers are operational in each region?
  • What are the main applications that WiMAX is providing in each region?
  • How much service revenue and ARPU will WiMAX generate by region? 
  • What are the trends, drivers and constraints affecting the development of the WiMAX market?
  • How many broadband subscribers will there be each year from 2009 - 2014? 
  • How many DSL subscribers will there be each year from 2009 - 2014?

TOP


TABLE OF CONTENTS 詳細ファイル (PDF:569KB)
  1. Wireless Broadband Market Drivers
  2. WiMAX Drivers & Inhibitors
  3. Broadband & DSL Forecasts
  4. Global WiMAX Forecasts
  5. WiMAX Regional Analysis

TOP


価格表 単位:英ポンド

シングルユーザーPDF

990

マルチユーザライセンスPDF (5ユーザまで利用可)

1490

企業内利用ライセンス 2490
ハードコピー

990

※マルチユーザーライセンスPDFまたは企業内利用ライセンスをご購入いただいた場合には
ハードコピーをプラス190ポンド/1冊でご購入いただけます。

 

ページTOPに戻る

プレスリリース

WiMAXブロードバンドサービスは2014年に150億ドルの収益と予測するが、それが運命の時

英国ハンプシャー、2009年5月20日
モバイルWiMAXネットワークのスタートは期待より遅く始まり、サービス収益の成長も遅れるだろうと英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「世界のWiMAXブロードバンド市場調査:成長要因/阻害要因、2014年までの市場予測 - WiMAX Broadband: Markets, Opportunities & Forecasts, 2009-2014」は報告している。

この調査レポートは、WiMAX 802.16eブロードバンドの加入者からあがる収益は、2014年に150億ドルと予測している。WiMAXは、低速のDSLやケーブルモデムサービスや、DSLのカバレッジエリアに制限のあるブロードバンド利用者にとっては、より良い利用環境を提供するだろう。

しかし、WiMAXの帯域幅オークションを延期している国々もあり、信用収縮による資金問題や、ネットワーク導入の遅れや、これらの様々な問題から、ネットワークオペレータの加入者獲得には不利な状況である。

多くの障害があるWiMAX

WiMAXエコシステム内の問題以外にも様々な要因があって、WiMAX市場の動きは鈍い。調査レポートの著者Howard Wilcox氏は、「Clearwireなどの市場リーダーがサービスを開始し、国内外で拡大しているにもかかわらず、特にフランスの監督機関ARCEPなどの、よく知られた障害も残っている。WiMAXは成功と失敗の瀬戸際にある」と語る。

また、この調査レポートは、WiMAXエコシステムはトライアルの段階から一歩進んで、信頼性の高い商業サービスを提供して、顧客を獲得していくべきだと述べている。それ以外の調査結果は、下記の通り。

  • 北米、極東、中国、西欧は、2014年の世界市場の70%を占めるだろう
  • モバイルWiMAXは、有線ネットワーク設備のない発展途上国のブロードバンドサービス提供に大きな役割を果たすだろう
  • アフリカと中東、南米、インド亜大陸、東欧は、2014年に40億ドルの市場となるだろう

ジュニパーリサーチ社は、モバイルWiMAXのビジネスチャンスを査定している。調査対象各国の詳細と地域毎の市場予測、ブロードバンドとDSLの成長、WiMAX市場の現状と利用分析を記載している。

(原文)
Press Release: WiMAX Broadband Services to Generate $15bn by 2014, But its ‘Make or Break’ Time For the Sector says Juniper Research

WiMAX Broadband Services to Generate $15bn by 2014, But its 'Make or Break' Time For the Sector says Juniper Research

Hampshire, UK – 20th May 2009: Mobile WiMAX  networks are being rolled out more slowly than expected, meaning that service revenues will grow more slowly than forecast a year ago, a new study from Juniper Research concluded.

The WiMAX broadband report found that revenues from WiMAX 802.16e broadband subscribers will exceed $15 billion globally by 2014. WiMAX will provide an improved experience for broadband customers who are receiving low speed DSL or cable modem services, or at the limit of DSL coverage.

However, WiMAX is faced by spectrum auction postponements in several countries, funding problems from the credit crunch, and slow network implementations, all combining to handicap network operators signing up subscribers.

WiMAX hampered by significant hurdles
These factors – some of which are outside the control of the WiMAX ecosystem - are holding back the market. Report author Howard Wilcox warned: "Whilst market leaders such as Clearwire are launching services and expanding internationally, there are also well-publicised challenges for WiMAX such as those highlighted by French regulator ARCEP.  We're on the cusp of make or break time for WiMAX."

In addition, the report determined that the WiMAX ecosystem needs to deliver by translating trials into reliable, commercial services that attract customers.
Further findings include:

  • North America, Far East & China and Western Europe together will account for 70% of market by 2014
  • Mobile WiMAX has role to play in providing broadband in developing countries where there is no wired network
  • Africa and the Middle East, South America, the Indian Sub Continent and Eastern Europe will together be worth some $4bn by 2014

Juniper provides a balanced assessment of the opportunity for mobile WiMAX. The report features regional forecasts with country detail, identifying broadband and DSL growth, WiMAX market status and use case analysis.

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る