世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のマテリアルハンドリング装置市場予測 2018-2026年

ASIA-PACIFIC MATERIAL HANDLING EQUIPMENT MARKET FORECAST 2018-2026

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2018年5月US$1,250
シングルユーザライセンス
93

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

サマリー

この調査レポートはアジア太平洋地域のマテリアルハンドリング装置市場を分析・予測したInkwood Researchの市場調査報告書です。

Description

KEY FINDINGS
The Asia Pacific material handling equipment market is predicted to rise with the highest CAGR of 9.25%, generating $xx billion by the end of the forecast period of 2018-2026. The logistics sector is expected to witness a growth in this region because of the increase in e-commerce activities across the Asia Pacific.
MARKET INSIGHTS
The market is segmented on the basis of products and applications. The growth in the Asia-Pacific market can be majorly attributed to China, which has seen a rise in logistics market and growing adoption of material handling equipment in several industries. Also, the various initiatives undertaken in the Asia-Pacific region for boosting the establishment of various manufacturing industries is greatly responsible for propelling the market ahead. In the past few years, Asia-Pacific has also experienced a marked increase in foreign direct investments, which is touted to benefit the market in the long run.
COMPETITIVE INSIGHTS
Some well-known players in this market include Clark Material Handling Company, Cargotec Oyj, Crown Equipment Corporation, Dematic (Acquired By Kion Group), Daifuku, Hyster-Yale Materials Handling, Toyota Industries,Hanwha Corporation and Kion Group.



目次

目次はEメールでお送りいたします。データリソースまでお申し付けください。

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る