世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

商用化が進む電力・エネルギー分野のブロックチェーン技術 2020-2021

電力トレーサビリティ/P2P取引から法規制・標準化、ビジネスモデルまで

 

出版社 出版年月電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
インプレス総合研究所
2020年8月¥85,000 (税別)
CD(PDF)
¥95,000 (税別)172

サマリー

レポート概要

ブロックチェーンの最新事例を網羅した一冊!

本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケーションの仕組みや技法を詳しく解説しています。ブロックチェーン技術を利用する価値は何か、どこにビジネス機会があるのか、どのように参入すればよいかなど、企業で技術開発や事業運営に携わる方々がビジネスモデルを構築する際に役立てられる一冊となっています。



目次

第1章 ブロックチェーン技術の登場から電力・エネルギー分野の応用まで
第2章 電力・エネルギー分野のプロがブロックチェーン技術について理解すべきこと
第3章 電力・エネルギー分野のブロックチェーン技術の応用と事例
第4章 電力・エネルギー分野のブロックチェーン技術の応用の考察とよくある疑問
第5章 電力・エネルギー分野のブロックチェーン技術に関する日本企業の取り組み
第6章 電力・エネルギー分野へのブロックチェーン技術の応用をめぐる法規制・標準化の課題と動向
第7章 電力・エネルギー分野におけるブロックチェーン技術の普及シナリオ

 


 

著者紹介

大串 康彦(おおぐし やすひこ)
米国LO3 Energy Inc. 事業開発ディレクター(日本担当)
カウラ株式会社 アドバイザー(電力・エネルギー)
1992年荏原製作所入社、環境プラントや燃料電池発電システムの開発を担当。
2006年から2010年までカナダの電力会社BC Hydroに在籍し、スマートグリッドの事業企画やイノベーションプログラムの運営などを担当。
その後、日本の外資系企業で燃料電池や系統用蓄電システム等、エネルギー技術の事業開発に従事。
2017年に環境省 ブロックチェーン勉強会講師、2018年に経済産業省 ブロックチェーン法制度検討会構成員(物流、サプライチェーン、モビリティ分野)を努め、2019年に経済産業省「次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方研究会」にてオブザーバーを務める。
IEEE P2418.5 エネルギー分野のブロックチェーンに関する標準化ワーキンググループメンバー。

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る