世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

6Gの2030年の概観:6Gは本当に必要とされるのか?

6G: So, what happens in 2030?

Will 6G actually be needed?

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
IDATE
イダテ社
2019年11月Eur2,000
1-5ユーザライセンス (PDF)
28

サマリー

5Gの商用サービスの発展に伴って、テレヘルツ帯域の利用に重点が置かれる“5G以降”のシステムへの注目が始まっている。このような6Gシステムは2030年に始まり、テラビットのデータレートを提供してすべてがつながるインターネット(Internet of Everything)の基盤となり、進化し続けるスマート環境の必要不可欠なものとなるだろう。フランスの調査会社イダテ社(IDATE)の調査レポート「6Gの2030年の概観:6Gは本当に必要とされるのか?」は、6G無線システムの促進要因、6Gの必要要件、6Gを支える企業、想定される6Gの利用ケース、6Gのイネ―ブラ(主要技術)、6Gのロードマップ、5Gと6Gの比較などを記載している。

Summary

With the development of 5G commercial services, research work has already begun on ‘beyond 5G’ systems with an emphasis on the use of Terahertz frequency bands. Such 6G systems could emerge in 2030, and provide Tbps data rates and the basis for the ‘Internet of Everything’, bearing in mind the imperatives of sustainable development and smart environments.

The main questions addressed in this report are:

  • What are the drivers for a sixth-generation wireless system?
  • What is required for 6G?
  • Who is backing 6G?
  • What are the expected 6G use cases?
  • Presentation of 6G enablers – key technologies
  • Expected 6G roadmap
  • Conclusion – Comparing 5G and 6G characteristics

Geographic area

  • World

Players

  • Ericsson
  • Huawei
  • Keysight
  • Nokia
  • NTT DOCOMO
  • NYU Wireless
  • Orange
  • Samsung
  • ZTE

Other details

  • Reference: M19170MRA
  • Delivery: on the DigiWorld Interactive platform
  • Languages available: English
  • Tags: 5G, 6G, Internet of Everything, sixth-generation wireless system, Terahertz frequency bands


 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る