世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2011年「新エネルギーサービス」に関する深堀実態総調査【特別企画調査】

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ESP総研
2011年1月お問い合わせください 146

*本体価格:950,000円。

サマリー

【サブタイトル】

-「新エネルギーサービス」の当該(99社)プレイヤーに対する最新のビジネス実態を多面的且つ多層的にヒアリング-
1)「新エネルギーサービス」×「実態市場」に関する調査(定義範囲について、市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測、市場規模推移(2009年度:実績-2013年度:予測)について≪シナリオ1:2009年度 実績-2010年度 見込の推移で今後も市場拡大していくと仮定した場合≫、市場規模推移(楽観的予測、現実的予測、悲観的予測)≪シナリオ2≫)

2)ビジネスモデル別×当該売上額推移

3)開始時期(新エネルギーサービス)×当該単年売上規模(2009年度 実績)の相関(XY軸)統計

4)適用分野(実績ベース)セグメント別<全体>「新エネルギーサービス」シェア

5)「新エネルギーサービス」×重点「適用分野」「販売ターゲット」仮説(コンサルティング)/適用分野(実績ベース)<現状>×俯瞰図/当該68社における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP

6) 「新エネルギーサービス」×「関連市場」に関する調査 (関連市場規模の定義・ランク 階層別、A.「新エネルギーサービス」関連市場規模(関連省庁の数値から当該市場規模 指標を抽出)、B.「新エネルギーサービス」によって影響を受ける関連市場規模<重点テーマ:13テーマ>→「スマートグリッド」、「 LED照明/白色LED照明」、「太陽光発電/太陽光発電システム・装置」、「電気自動車」、「燃料電池」、「CO2冷媒ヒートポンプ給湯器:エコキュー ト/ヒートポンプ給湯器」、「プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)/ハイブリッド車」、「風力発電」、「バイオマス・バイオマスエネルギー」、「バイ オマス燃料」、「潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)」、「廃棄物発電」、「分散型電源システム」など)

7-1)個票 集計&分析(適用分野一覧&対象エリア(実績ベース)マトリックス 点数化ランキング、適用分野&対象エリア(実績ベース)マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)、適用分野&対象エリア(実績ベース)マトリックス一覧(適用分野有望度MAP:俯瞰図) )
7-2)実態調査×マトリックス(当該売上×ビジネスモデル)
7-3)実態調査×マトリックス(当該売上×開始時期)
7-4)実態調査×マトリックス(当該売上/全社売上に占める当該売上比率)
7-5)当該(新エネルギーサービス)単年売上×算出根拠レポート(99社) P66

8)実態調査×マトリックス(当該ベンダ×サービス/ソリューション/プロダクツ×シーズ(種)の実績ヒアリング結果) →当該ベンダ×サービス/ソリューション/プロダクツ×シーズ(種)の実績ヒアリング結果)

9)取材対象リスト「新エネルギーサービス」99社・団体(ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(99社/部門))

【調査対象】

  • Web 上にて「新エネルギーサービス」と言及している事業者(プレイヤー)すべてにアプローチし、そのうち「新エネルギーサービス」のシーズ(ハードウェア、ソ フトウェア、SIなどのソリューション、サービスなど)を持っているプレイヤーについてのみヒアリングを徹底的に深堀インタビュー・分析を行った。

【調査方法】

  • 弊社専門調査員による電話による取材、並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話取材であった)。

【調査&レポート期間】

  • 2010年7月12日-2010年10月15日まで深堀調査を実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年1月18日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。


目次

目 次

Ⅰ.総括 編 P1
・調査のステップ(手順) P2

1)「実態市場」に関する調査 総括(ボトムアップ) P3

(0) 「新エネルギーサービス」の定義範囲について P4
(1)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 P5
(2-1) 「新エネルギーサービス」の市場規模推移(2009年度:実績-2013年度:予測)について≪シナリオ1:2009年度 実績-2010年度 見込の推移で今後も市場拡大していくと仮定した場合≫ P6
(2-2) 「新エネルギーサービス」の市場規模推移(楽観的予測、現実的予測、悲観的予測)≪シナリオ2≫ P7
(3-1)ビジネスモデル別×当該売上額推移(当該65社 積上 ※トヨタ自動車×ハイブリッド自動車分を カウントしないケース) P8
(3-2)ビジネスモデル別×当該売上額推移(当該66社 積上 ※トヨタ自動車×ハイブリッド自動車分を カウントするケース) P9
(4)開始時期(新エネルギーサービス)×当該単年売上規模(2009年度 実績)の相関(XY軸)統計<N=66> ※MA(マルチアンサー) P10
(5-1)適用分野(実績ベース)セグメント別<全体>「新エネルギーサービス」シェア(当該68社) P11
(5-2)「新エネルギーサービス」×重点「適用分野」「販売ターゲット」仮説(コンサルティング) P12
(5-3)適用分野(実績ベース)<現状>×俯瞰図 P13
(5-4)当該68社における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP(20点以上を抽出・マッピング) P14

2)「関連市場」に関する調査 総括(トップダウン) P15
・関連市場規模の定義・ランク 階層別 P16

A.「新エネルギーサービス」関連市場規模(関連省庁の数値から当該市場規模 指標を抽出) P17
・「新エネルギー」×市場規模(出典:資源エネルギー庁) P18

B.「新エネルギーサービス」によって影響を受ける関連市場規模<重点テーマ:13テーマ> P19
(1-1)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<1>「スマートグリッド」直接関連市場(各省庁が掲げている数値の俯瞰)(抽出件数:2件) P20
(1-2)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<1>環境省データ(抽出件数:2件) P21
(1-2)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<2>経済産業省データ(1)(抽出件数:2件) P22
(1-2)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<2>経済産業省データ(2)(抽出件数:2件) P23
(2)「 LED照明/白色LED照明」×関連市場規模(抽出件数:2件) P24
(3)「太陽光発電/太陽光発電システム・装置」×関連市場規模(抽出件数:59件) P25
(4)「電気自動車」×関連市場規模(抽出件数:3件) P26
(5)「燃料電池」×関連市場規模(抽出件数:20件) P27
(6)「CO2冷媒ヒートポンプ給湯器:エコキュート/ヒートポンプ給湯器」×関連市場規模(抽出件数:2件) P28
(7)「プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)/ハイブリッド車」×関連市場規模(抽出件数:2件) P29
(8)「風力発電」×関連市場規模(抽出件数:46件) P30
(9)「バイオマス・バイオマスエネルギー」×関連市場規模(抽出件数:17件) P31
(10)「バイオマス燃料」×関連市場規模(抽出件数:13件) P32
(11)「潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)」×関連市場規模(抽出件数:2件) P33
(12)「廃棄物発電」×関連市場規模(抽出件数:11件) P34
(13)「分散型電源システム」×関連市場規模(抽出件数:2件) P35

Ⅱ.個票 集計&分析 編 P36
1)当該68社における「新エネルギーサービス」×適用分野一覧&対象エリア(実績ベース) マトリックス 点数化ランキング P37
2)当該68社における「新エネルギーサービス」×適用分野&対象エリア(実績ベース) マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P39
3)当該68社における「新エネルギーサービス」×適用分野&対象エリア(実績ベース) マトリックス一覧(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P41
4)2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該売上×ビジネスモデル) P43
5)2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該売上×開始時期) P52
6)2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該売上/全社売上に占める当該売上比率) P58
7)当該(新エネルギーサービス)単年売上×算出根拠レポート(99社) P66

Ⅲ. 2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該ベンダ×サービス/ソリューション/プロダクツ×シーズ(種)の実績ヒアリング結果)
(2010年10月15日時点) P102
・2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該ベンダ×サービス/ソリューション/プロダクツ×シーズ(種)の実績ヒアリング結果) P103

Ⅳ.取材対象リスト「新エネルギーサービス」99社・団体(2010年7月7時点) P122
・「新エネルギーサービス」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(99社/部門) →当該リストを基に全ての企業・団体に取材依頼を行った。 P123

Ⅴ.奥付け(1)(2)

【99社・団体の内訳】

Ⅰ.総括 編 P1
・調査のステップ(手順) P2

1)「実態市場」に関する調査 総括(ボトムアップ) P3
(0) 「新エネルギーサービス」の定義範囲について P4
(1)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 P5
(2-1) 「新エネルギーサービス」の市場規模推移(2009年度:実績~2013年度:予測)について≪シナリオ1:2009年度 実績~2010年度 見込の推移で今後も市場拡大していくと仮定した場合≫ P6
(2-2) 「新エネルギーサービス」の市場規模推移(楽観的予測、現実的予測、悲観的予測)≪シナリオ2≫ P7
(3-1)ビジネスモデル別×当該売上額推移(当該65社 積上 ※トヨタ自動車×ハイブリッド自動車分を カウントしないケース) P8
(3-2)ビジネスモデル別×当該売上額推移(当該66社 積上 ※トヨタ自動車×ハイブリッド自動車分を カウントするケース) P9
(4)開始時期(新エネルギーサービス)×当該単年売上規模(2009年度 実績)の相関(XY軸)統計<N=66> ※MA(マルチアンサー) P10
(5-1)適用分野(実績ベース)セグメント別<全体>「新エネルギーサービス」シェア(当該68社) P11
(5-2)「新エネルギーサービス」×重点「適用分野」「販売ターゲット」仮説(コンサルティング) P12
(5-3)適用分野(実績ベース)<現状>×俯瞰図 P13
(5-4)当該68社における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP(20点以上を抽出・マッピング) P14

2)「関連市場」に関する調査 総括(トップダウン) P15
・関連市場規模の定義・ランク 階層別 P16

A.「新エネルギーサービス」関連市場規模(関連省庁の数値から当該市場規模 指標を抽出) P17
・「新エネルギー」×市場規模(出典:資源エネルギー庁) P18

B.「新エネルギーサービス」によって影響を受ける関連市場規模<重点テーマ:13テーマ> P19
(1-1)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<1>「スマートグリッド」直接関連市場(各省庁が掲げている数値の俯瞰)(抽出件数:2件) P20
(1-2)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<1>環境省データ(抽出件数:2件) P21
(1-2)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<2>経済産業省データ(1)(抽出件数:2件) P22
(1-2)「スマートグリッド」×関連市場規模(日本国内市場)<2>経済産業省データ(2)(抽出件数:2件) P23
(2)「 LED照明/白色LED照明」×関連市場規模(抽出件数:2件) P24
(3)「太陽光発電/太陽光発電システム・装置」×関連市場規模(抽出件数:59件) P25
(4)「電気自動車」×関連市場規模(抽出件数:3件) P26
(5)「燃料電池」×関連市場規模(抽出件数:20件) P27
(6)「CO2冷媒ヒートポンプ給湯器:エコキュート/ヒートポンプ給湯器」×関連市場規模(抽出件数:2件) P28
(7)「プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)/ハイブリッド車」×関連市場規模(抽出件数:2件) P29
(8)「風力発電」×関連市場規模(抽出件数:46件) P30
(9)「バイオマス・バイオマスエネルギー」×関連市場規模(抽出件数:17件) P31
(10)「バイオマス燃料」×関連市場規模(抽出件数:13件) P32
(11)「潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)」×関連市場規模(抽出件数:2件) P33
(12)「廃棄物発電」×関連市場規模(抽出件数:11件) P34
(13)「分散型電源システム」×関連市場規模(抽出件数:2件) P35

Ⅱ.個票 集計&分析 編 P36
1)当該68社における「新エネルギーサービス」×適用分野一覧&対象エリア(実績ベース) マトリックス 点数化ランキング P37
2)当該68社における「新エネルギーサービス」×適用分野&対象エリア(実績ベース) マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P39
3)当該68社における「新エネルギーサービス」×適用分野&対象エリア(実績ベース) マトリックス一覧(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P41
4)2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該売上×ビジネスモデル) P43
5)2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該売上×開始時期) P52
6)2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該売上/全社売上に占める当該売上比率) P58
7)当該(新エネルギーサービス)単年売上×算出根拠レポート(99社) P66

Ⅲ. 2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該ベンダ×サービス/ソリューション/プロダクツ×シーズ(種)の実績ヒアリング結果)
(2010年10月15日時点) P102
・2011年「新エネルギーサービス」に関する実態調査×マトリックス(当該ベンダ×サービス/ソリューション/プロダクツ×シーズ(種)の実績ヒアリング結果) P103

Ⅳ.取材対象リスト「新エネルギーサービス」99社・団体(2010年7月7時点) P122
・「新エネルギーサービス」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(99社/部門) →当該リストを基に全ての企業・団体に取材依頼を行った。 P123

Ⅴ.奥付け(1)(2)

【99社・団体の内訳】
アースリサイクル(株) 白山社中
イー・アンド・イーソリューションズ(株)
イームル工業(株)
出光興産(株)
伊藤忠エネクス(株)
伊藤忠商事(株)
(株)NTTファシリティーズ
(株)NTTデータ経営研究所
(株)エネアージ
エネサーブ(株)
(株)エネルギーアドバンス
四国経済産業局
沖縄電力(株)
オムロン(株)
鹿島建設(株)
関西電力(株)
(株)カンポ
(株)キシムラインダストリー
九州アストモスガス(株)
九州電技開発(株)
京セラ(株)
極東貿易(株)
計電工業(株)
(株)KRI
(株)洸陽電機
国際航業ホールディングス(株)
サンテックパワージャパン(株)
三洋電機(株)
(株)シーエナジー
(株)シーテック
JES日本環境技研(株)
JX日鉱日石エネルギー(株)
JFEエンジニアリング(株)
(株)JPビジネスサービス
清水建設(株)
シャープアメニティシステム(株)
(株)小豆島クリーンサービス
昭和シェル石油(株)
(株)新エネルギー開発エンジニアリング
鈴与商事(株)
(株)スターリングエンジン
ゼファー(株)
ソーラーフロンティア(株)
大成建設(株)
大同特殊鋼(株)
大豊産業(株)
(株)太陽工房
大連森谷新エネルギー電力技術㈲
大和ハウス工業(株)
(株)竹中工務店
東京ガス(株)
東京電力(株)
(株)東芝
(株)東芝社会システム社
東北電力(株)
(株)ドーコン
㈲鳥栖環境開発綜合センター
トヨタ自動車(株)
(株)酉島製作所
(株)トロムソ
長菱設計(株)
(株)南光
西川計測(株)
(株)日立産機システム
日新商事(株)
日新電機(株)
(株)日水コン
日東電工(株)
(株)日本エコシステム
日本環境サービス(株)
日本精工(株)
日本通運(株)
日本風力開発(株)
ネクストエナジー・アンド・リソース(株)
羽田太陽光発電(株)
パナソニック環境エンジニアリング(株)
パナソニック電工(株)
バブコック日立(株)
(株)BDF(染谷商店グループ)
(株)日立エンジニアリング・アンド・サービス
(株)日立製作所
(株)フジオカ
富士電機ホールディングス(株)
復建調査設計(株)
豊国工業(株)
(株)北商コーポレーション
北海道エネルギー(株)
(株)ホンダソルテック
(株)松村機械製作所
三菱商事(株)
(株)三菱総合研究所
三峰川電力(株)丸紅株式会社100%出資
(株)ムクノ
(株)明電舎
(株)安川電機
(株)リサイクルワン
りゅうでん(株)
(株)吾妻バイオパワー

以上


【「特別企画調査」とは?】

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「特別企画調査」は特定少数を対象とした「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。

2) 「特別企画調査」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ-数千万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。

3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。

4)基本的に、最低で3社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「特別企画調査」を実施する方針です。

5)この「特別企画調査」ですが、
(1)提供ベンダ(シーズ)側における「競合調査」「アライアンス先調査」「チャネル調査」「市場(規模、動向)調査」など
(2)ユーザー(ニーズ)側における「ベンダ選定のための各種調査(価格差異や主要ベンダの強みなどを客観的に比較)」など
の2点を主目的とした内容となっております。

6) 「特別企画」調査レポートは単なる「出版物」としての「調査レポート」ではなく、誰もが「直ちに」「調査レポート」を「マーケティング」に活用できる構成を目指しております。 「基礎リスト」を「調査レポート」に含んでいるのもそのためです。

7)従来までは、「調査レポート」は単にクライアント様の「戦略立案」のための「情報収集」に活用する程度に留まっておりましたが、「(新規に)パートナーリング」「顧客開拓」「最適なベンダ・キーマン紹介」など次の具体的な営業アクションまたはマーケティング・アクションを意識した「調査レポート」ともなっております。

8)従って、 「特別企画」調査レポートをご購入頂いたお客様から、別途(株)ESP総研に追加調査やプリセールス(キーマン紹介/顧客紹介などの個別業務)をご発注頂ければ、短期間で「ユーザー」に最適なベンダ側の「キーマン」を紹介できたり、低価格で「フォロー調査」を実施できるように、「キーマン・データベース」を蓄積しながらのヒアリングを心がけております。

9)このように 「特別企画」調査レポートは、特定少数向けではありますが、クライアント様における総合的なマーケティング支援を行うための「バイブル」の位置付けとご理解頂ければ有り難く思います。

10)なお、 「特別企画」調査レポートは、個別調査、マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

 

 

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る