世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2011年「マッサージチェア」に関する市場調査【ピンポイント調査(マルチ企画)】

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ESP総研
2012年2月お問い合わせください 132

*本体価格:500,000円。

サマリー

【サブタイトル】

~Ⅰ.総括編(マッサージチェア全般)、Ⅱ.メーカー・ヒアリング 編、Ⅲ.店舗 総括(集計&分析)編、 Ⅳ.店舗 ヒアリング(東京都内を中心とした家電量販店:20店舗)編~

Ⅰ.総括編(マッサージチェア全般)

1)「マッサージチェア」に関する定義について
2)「マッサージチェア」の世帯普及率(実態)
3)「マッサージチェア」の世帯普及率=1世帯に1台普及するまでにかかる年数(予測)
4)「マッサージチェア」の販売台数推移・実績(2001年以降~2011年)
5)「マッサージチェア」を何台売ればもとが取れるのか?<広告宣伝費や利益面を鑑みて試算>(仮説シミュレーション) 
6)「マッサージチェア」(フジ医療器とビックカメラ池袋・スタッフからのコメントから何が言えるのか?)
7)「マッサージチェア」広告宣伝費と利益の関係(仮説) 
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説1:基本的な考え) 
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説2:メーカーならびに家電量販店へのヒアリングにより仮説シミュレーション)
9)「マッサージチェア」説明員人件費<募集要項から見えてくること>(指標) 
10)「マッサージチェア」利益の実態(仮説) 
11)「マッサージチェア」買い取りとレンタルのメリット、デメリット、レンタルサービス価格実態 

Ⅱ.メーカー・ヒアリング 編 

1.㈱フジ医療器 
1)会社プロフィール
2)「マッサージチェア」売上推移・予測
3)「マッサージチェア」販売台数推移・予測
4)同社「マッサージチェア」売上推移・予測から、日本国内全体での「マッサージチェア」市場規模推移を予測 
5)「マッサージチェア」販売チャネル 
6) SWOT
7) 工場、生産能力

2.パナソニック㈱ 
1)会社プロフィール
2)販売台数推移 
3)「マッサージチェア」販売チャネル 

3.ファミリー㈱ 
1)会社プロフィール
2)製品ライアンアップ(年表) 
3)販売チャネル網 
4)販売、売上推移 
5)SWOT 

4.㈱アテックス 
1)会社プロフィール 
2)プロダクト(製品)の位置付け 
3)販売チャネル 

5.スライヴ㈱ 
1)会社プロフィール
2)製品ラインアップ 
3)販売チャネル 

Ⅲ.店舗 総括(集計&分析)編 

1)家電量販店×基礎情報(売上規模、店舗数、マッサージチェア取扱店舗、TELなど) 
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(1)㈱フジ医療器
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(2)パナソニック㈱
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(3)ファミリー㈱
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<1>お試し体感コーナーに置いてある「マッサージチェア」台数 
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<2>販売台数&売れ筋(メーカー別人気)ランキング 
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<3>(1)説明員の情熱・トーク(2)店舗説明員の常駐度(3)商品のデザイン性(4)商品の独自性(5)揉みの強度の幅×調査員 相体感 
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<4>価格(お勧め機種) *ポイントを引いた金額で統一

Ⅳ.店舗 ヒアリング(東京都内を中心とした家電量販店:20店舗)編 

【共通調査項目】 *但し、店舗によっては、ヒアリング内容に偏りがある。
1)全体
2)㈱フジ医療器
3)パナソニック㈱
4)ファミリー㈱
5)大まかな当該製品×設置フロア・スペース図(店舗別)

【調査対象】

  • マッサージチェア」メーカーならびに「マッサージチェア」を販売している東京都内の家電量販店などを中心にヒアリングならびに情報収集を実施した。

【調査方法】

  • 弊社専門調査員による訪問調査(覆面調査)、電話取材並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

  • 2011年12月11日(ヒアリング開始)~2011年12月27日まで深堀調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年2月7日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

 

TOP



目次

Ⅰ.総括編(マッサージチェア全般) P1

1)「マッサージチェア」に関する定義について P2
2)「マッサージチェア」の世帯普及率(実態) P3
3)「マッサージチェア」の世帯普及率=1世帯に1台普及するまでにかかる年数(予測)<1> P4
3)「マッサージチェア」の世帯普及率=1世帯に1台普及するまでにかかる年数(予測)<2> P5
4)「マッサージチェア」の販売台数推移・実績(2001年以降~2011年)<1> P6
4)「マッサージチェア」の販売台数推移・実績(2001年以降~2011年)<2> P7
5)「マッサージチェア」を何台売ればもとが取れるのか?<広告宣伝費や利益面を鑑みて試算>(仮説シミュレーション) P8
6)「マッサージチェア」(フジ医療器とビックカメラ池袋・スタッフからのコメントから何が言えるのか?) P9
7)「マッサージチェア」広告宣伝費と利益の関係(仮説) P10
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説1:基本的な考え) P11
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説2:メーカーならびに家電量販店へのヒアリングにより仮説シミュレーション(1)) P12
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説2:メーカーならびに家電量販店へのヒアリングにより仮説シミュレーション(2)) P13
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説2:メーカーならびに家電量販店へのヒアリングにより仮説シミュレーション(3)) P14
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説2:メーカーならびに家電量販店へのヒアリングにより仮説シミュレーション(4)) P15
8)「マッサージチェア」広告宣伝費と販売価格のシミュレーション(仮説2:メーカーならびに家電量販店へのヒアリングにより仮説シミュレーション(5)) P16
9)「マッサージチェア」説明員人件費<募集要項から見えてくること>(指標) P17
10)「マッサージチェア」利益の実態(仮説) P18
11)「マッサージチェア」買い取りとレンタルのメリット、デメリット、レンタルサービス価格実態 P19

Ⅱ.メーカー・ヒアリング 編 P20

1.㈱フジ医療器 P21
1)会社プロフィール(1) P22
1)会社プロフィール(2) P23
2)「マッサージチェア」売上推移・予測 P24
3)「マッサージチェア」販売台数推移・予測 P25
4)「マッサージチェア」販売単価推移・予測 P26
5)同社「マッサージチェア」売上推移・予測から、日本国内全体での「マッサージチェア」市場規模推移を予測 P27
6)「マッサージチェア」販売チャネル P28
7) SWOT P29
8) 工場、生産能力 P30

2.パナソニック㈱ P31
1)会社プロフィール(1) P32
1)会社プロフィール(2) P33
1)会社プロフィール(3) P34
1)会社プロフィール(4) P35
2)販売台数推移 P36
3)「マッサージチェア」販売チャネル P37

3.ファミリー㈱ P38
1)会社プロフィール(1) P39
1)会社プロフィール(2) P40
2)製品ライアンアップ(年表) P41
3)販売チャネル網 P42
4)販売、売上推移 P43
5)SWOT P44

4.㈱アテックス P45
1)会社プロフィール P46
2)プロダクト(製品)の位置付け P47
3)販売チャネル P48

5.スライヴ㈱ P49
1)会社プロフィール P50
2)製品ラインアップ P51
3)販売チャネル P52

Ⅲ.店舗 総括(集計&分析)編 P53

1)家電量販店×基礎情報(売上規模、店舗数、マッサージチェア取扱店舗、TELなど) P54
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(1)㈱フジ医療器<1> P55
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(1)㈱フジ医療器<2> P56
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(1)㈱フジ医療器<3> P57
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(2)パナソニック㈱<1> P58
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(2)パナソニック㈱<2> P59
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(2)パナソニック㈱<3> P60
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(2)パナソニック㈱<4> P61
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(3)ファミリー㈱<1> P62
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(3)ファミリー㈱<2> P63
2)東京都内を中心とした、主力家電量販店へのヒアリングから、3大メーカーにおけるSWOT分析(特に強み、弱みの分析中心)(3)ファミリー㈱<3> P64
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<1>お試し体感コーナーに置いてある「マッサージチェア」台数 P65
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<2>販売台数&売れ筋(メーカー別人気)ランキング P66
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<3>(1)説明員の情熱・トーク(2)店舗説明員の常駐度(3)商品のデザイン性(4)商品の独自性(5)揉みの強度の幅×調査員 相体感 P67
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<4-1>価格(お勧め機種) *ポイントを引いた金額で統一 P68
3)メーカー比較(東京エリアを中心とした、主たる家電量販店×20店舗への調査結果を集計&分析)<4-2>価格(お勧め機種) *ポイントを引いた金額で統一 P69

Ⅳ.店舗 ヒアリング(東京都内を中心とした家電量販店:20店舗)編 P70

1)㈱ビックカメラ 新宿西口店(03-5326-1111) P71
2)㈱ヨドバシカメラ 秋葉原店(03-5209-1010) P73
3)㈱エディオン イシマル本店(03-3255-1500) P77
4)㈱ヤマダ電機 LABI新橋生活館(03-3580-7151) P79
5)㈱コジマ NEW南砂町SUNAMO店(TEL: 03-5665-7313) P82
6)㈱ケーズホールディングス(ケーズデンキ)×西葛西店(03-5679-5181) P84
7)㈱ビックカメラ 池袋本店(03-5396-1111) P87
8)㈱ヨドバシカメラ 新宿西口本店(03-3346-1010) P91
9)上新電機㈱ ムラウチジョーシン八王子本店(042-642-6211) P96
10)㈱ビックカメラ JR八王子駅店(042-646-1111) P99
11)㈱ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺(0422-29-1010) P103
12)㈱ヤマダ電機 LABI新宿東口館(03-3359-5566) P106
13)㈱ビックカメラ 渋谷東口店(03-5466-1111) P109
14)㈱ヤマダ電機 LABI渋谷(03-5456-6300) P110
15)㈱ベスト電器 日吉東急店(045-560-5111) P113
16)㈱ヤマダ電機 LABI品川大井町(03-5479-7600) P116
17)㈱ケーズホールディングス(ケーズデンキ) 足立店(03-5813-5252) P120
18)㈱コジマ NEW江戸川店(03-5607-7555) P123
19)㈱ビックカメラ 有楽町店(03-5221-1111) P125
20)㈱ヤマダ電機 LABI 1 日本総本店 池袋(03-5958-7770) P129

【共通調査項目】 *但し、店舗によっては、ヒアリング内容に偏りがある。
1)全体
2)㈱フジ医療器
3)パナソニック㈱
4)ファミリー㈱
5)大まかな当該製品×設置フロア・スペース図(店舗別)

 


 

【ピンポイント調査(マルチ企画)】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「ピンポイント調査(マルチ企画)」は不特定多数を対象としているものの、特定の業界に特化した「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。

2) 「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。

3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。

4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施しております。

5)なお、「ピンポイント調査(マルチ企画) 」レポートは、個別調査、特別企画調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る