世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2012年「ビッグデータ(BigData)」時代を睨んだ「データマイニング×受託解析サービス」に関する市場調査【ピンポイント調査(マルチ企画)】

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ESP総研
2012年6月お問い合わせください 135

*本体価格:500,000円。

サマリー

【サブタイトル】

- 「データマイニング×受託解析サービス」プレイヤー(17社・団体)の取り組み最前線(最新ビジネスの実態)/適用分野別ランキング、将来予測(2011年度-2015年度までの直近5カ年×市場規模推移・予測)-

Ⅰ.調査対象リスト一覧 編 

1)「データマイニング」×受託解析サービス ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(17社/部門) 

Ⅱ.総括 編 ⇒総括(結論)(主要各社における「データマイニング×受託解析サービス」ビジネスの現状分析とコンサルティング)  

1) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネスの定義範囲について 
2)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 
3)当該主要17社・団体(個票要約分析) ×当該売上額(TOTAL)推移(2011年度-2015年度)の積上 
4)データマイニング×受託解析サービス」ビジネスの市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について 
5)主要17社・団体における「データマイニング×受託解析サービス」 (平均販売実績)価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス 
6) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング(17社・団体から) 、当該17社・団体における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP 、適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪23セグメント別×分類≫【N=17】 
7) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス実態市場規模推移「2011年度(実績)」「2015年度(予測) 」(主要17社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> 
8)「個票要約(17社・団体)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果 
9)開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)統計<N=17> &マッピング<N=17(MA)> 
10)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2011年度 実績)から言えること<N=15(MA)> &相関統計<N=15(MA> 
11)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=17>
12)データの種類ならびにデータ容量に関する集計&分析<N=17> 
13)「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×主要ベンダ・団体(今回、深堀調査実施:主要17社・団体)当該売上予測(2011年度-2015年度:5カ年)推移 一覧 
14)「データマイニング×受託解析サービス」ベンダ×平均(実績)価格&具体的な価格指標一覧(17社・団体) 
15)当該17社・団体における「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<23セグメント> 、マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) 、分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要17社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス換算売上×ランキング)≪23セグメント≫ 
16)「データマイニング×受託解析サービス」プレイヤー×深堀(実態)調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(17社・団体分)
 
Ⅲ.個票要約 編(電話ヒアリング調査 中心)  

1)当該主要17社・団体のビジネス実態をケーススタディとして深堀ヒアリング&レポート
2)当該主要プレイヤー×共通ヒアリング項目 ⇒質問項目(大項目 ⇒ 4項目)+基礎データ(会社データなど)

【調査対象】

・Web上にて「データマイニング」と言及している事業者(プレイヤー)のうち、「受託解析サービス」を行っている(自社内にデータ解析専門スタッフを持ち、お客様からデータを預かってマイニング・解析を行い、レポート作成までを行っている)事業者<17社・団体>すべてにアプローチし、電話ヒアリングを行った。その結果、累計17社・団体(電話アプローチ企業全体の100%)に対して深堀ヒアリングを実施できた。 

【調査方法】

・弊社専門調査員による電話ヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話ヒアリングであった)。

【調査&レポート期間】

・ 2012年5月23日(電話にてヒアリングアプローチ開始)-2012年6月8日まで深堀調査(電話ヒアリング、電話にてフォローヒアリング)を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年6月22日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【はじめに】

 2012年度に入って第一四半期が過ぎようとしているが、引き続きT業界においては「ビッグデータ(BigData)」ブームが加速している。

 近年、“情報爆発”とも形容されるほど、企業を取り巻くデータ量が増大しているものの、めまぐるしく変わる市場環境に追従するためには、従来からある構造化データのみならず、ソーシャルメディア上のテキストデータなど、非構造化データも活用対象としなければならない。こうした「大量データを収益向上に生かす取り組み」として「ビッグデータ(BigData)」がキーワードとなっているが、大量の情報を効率的に収集・蓄積し、部門の壁を超えて柔軟に共有・活用する、分析する、予測・予兆・予見するなど、データを眠らせず、積極的に生かしていく取り組みが注目されている。特に、収集・蓄積・保存、共有、分析、コンサルティングといったビックデータ活用の在り方と意義が注目されている。

 こうした「ビッグデータ(BigData)」ブームの背景には、ここ数年、利用者が急激に拡大しているソーシャルメディア内のテキストデータ、携帯電話・スマートフォンに組み込まれたGPS(全地球測位システム)から発生する位置情報、時々刻々と生成されるセンサーデータなど、日々の生活の中で生み出されるデータが、数年前とは比べ物にならないほど膨大かつ複雑になってきているといったことがある。

 所謂、情報爆発と呼ばれるように、日々多くのデータが生み出され、蓄積されている現在、莫大な量のデータからこれまでにない情報が得られるのではないか?と期待されている。既に、ソーシャルメディアの大量のデータはマーケティング部門で利用され始めている上、大規模データをすばやく分散処理して管理できるHadoopも、一部の企業では実際に使われ始めている。

  そういった中で注目されているのが、「データマイニング×受託解析サービス」である。高価で使いこなすが大変な「データマイニング」ツール(ソフトウェアなど)を自社で導入し、自社内で0(ゼロ)からデータ・サイエンティスト(解析者)を育成するよりも、「ビッグデータ(BigData)」潮流を受けて、「データマイニング×受託解析サービス」事業者に外注する企業が急増している。

  「ビッグデータ(BigData)」ブームに便乗して需要が高まっている「データマイニング×受託解析サービス」に関する市場調査を多面的に実施して欲しい!といった要望やリクエストを受けたことから、ESP総研では当該主要17社・団体に対して「データマイニング×受託解析サービス」の市場規模推移や市場占有率(シェア)、適用分野などを中心に急遽ヒアリング調査を実施することとなった。
 
 この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。



目次

2012年「ビッグデータ(BigData)」時代を睨んだ「データマイニング×受託解析サービス」に関する市場調査(T字型調査の実施:垂直深堀調査重視) P1

Ⅰ.調査対象リスト一覧 編 P2

1)「データマイニング」×受託解析サービス ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(17社/部門) P3

Ⅱ.総括 編 P7

・総括(結論)(主要各社における「データマイニング×受託解析サービス」ビジネスの現状分析とコンサルティング)  P8

1) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネスの定義範囲について P9
2)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 P10
3)当該主要17社・団体(個票要約分析) ×当該売上額(TOTAL)推移(2011年度-2015年度)の積上 P11
4)データマイニング×受託解析サービス」ビジネスの市場占有率<シェア>(2011年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2011年度:実績)について P12
5)主要17社・団体における「データマイニング×受託解析サービス」 (平均販売実績)価格帯×当該売上(2011年度 実績) 相関クロス P13
6-1) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング(17社・団体から) P14
6-2)当該17社・団体における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP P15
6-3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪23セグメント別×分類≫【N=17】 P16
7-1) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス実態市場規模推移「2011年度(実績)」(主要17社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> P17
7-2) 「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス実態市場規模推移「2015年度(予測)」(主要17社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> P18
8)「個票要約(17社・団体)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果 P19
9-1)開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)統計<N=17> ※1社・団体で複数ビジネスを展開している企業は「ビジネス」毎に開始時期をマッピング P20
9-2)開始時期×当該単年売上規模(2011年度 実績)の相関(XY軸)マッピング<N=17(MA)> P21
10-1)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2011年度 実績)から言えること<N=15(MA)> ※あくまで累計実績(数量ベース)を抽出 P22
10-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2011年度 実績)の相関統計<N=15(MA> ※1事業者で複数回答があったため P23
11)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=17>(1) P24
11)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=17>(2) P25
12)データの種類ならびにデータ容量に関する集計&分析<N=17> P26
13)「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×主要ベンダ・団体(今回、深堀調査実施:主要17社・団体)当該売上予測(2011年度-2015年度:5カ年)推移 一覧 P27
14)「データマイニング×受託解析サービス」ベンダ×平均(実績)価格&具体的な価格指標一覧(17社・団体) P29
15-1)当該17社・団体における「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<23セグメント> P32
15-2)当該17社・団体における「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P34
15-3)当該17社・団体における「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス×分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要17社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「データマイニング×受託解析サービス」ビジネス換算売上×ランキング)≪23セグメント≫ P36
16)「データマイニング×受託解析サービス」プレイヤー×深堀(実態)調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(17社・団体分) P38

Ⅲ.個票要約 編(電話ヒアリング調査 中心) P42

1)iAnalysis(アイアナリシス)合同会社(1) P43
1)iAnalysis(アイアナリシス)合同会社(2) P44
1)iAnalysis(アイアナリシス)合同会社(3) P45
1)iAnalysis(アイアナリシス)合同会社(4) P46
1)iAnalysis(アイアナリシス)合同会社(5) P47
2)(株)アイズファクトリー(1) P48
2)(株)アイズファクトリー(2) P49
2)(株)アイズファクトリー(3) P50
2)(株)アイズファクトリー(4) P51
3)エヌ・ティ・ティ・コムウェア北海道(株)(1) P52
3)エヌ・ティ・ティ・コムウェア北海道(株)(2) P53
3)エヌ・ティ・ティ・コムウェア北海道(株)(3) P54
4)(株)ガーラ(1) P55
4)(株)ガーラ(2) P56
4)(株)ガーラ(3) P57
5)一般財団法人化学物質評価研究機構(1) P58
5)一般財団法人化学物質評価研究機構(2) P59
5)一般財団法人化学物質評価研究機構(3) P60
5)一般財団法人化学物質評価研究機構(4) P61
5)一般財団法人化学物質評価研究機構(5) P62
6)(株)金融エンジニアリング・グループ(1) P63
6)(株)金融エンジニアリング・グループ(2) P64
6)(株)金融エンジニアリング・グループ(3) P65
6)(株)金融エンジニアリング・グループ(4) P66
6)(株)金融エンジニアリング・グループ(5) P67
7)(株)ゴーガ(1) P68
7)(株)ゴーガ(2) P69
7)(株)ゴーガ(3) P70
8)(株)IDAJ(1) P71
8)(株)IDAJ(2) P72
8)(株)IDAJ(3) P73
8)(株)IDAJ(4) P74
9)(株)ジナリス(1) P75
9)(株)ジナリス(2) P76
9)(株)ジナリス(3) P77
9)(株)ジナリス(4) P78
9)(株)ジナリス(5) P79
9)(株)ジナリス(6) P80
9)(株)ジナリス(7) P81
10)(株)データフォーシーズ(1) P82
10)(株)データフォーシーズ(2) P83
10)(株)データフォーシーズ(3) P84
10)(株)データフォーシーズ(4) P85
10)(株)データフォーシーズ(5) P86
10)(株)データフォーシーズ(6) P87
10)(株)データフォーシーズ(7) P88
10)(株)データフォーシーズ(8) P89
10)(株)データフォーシーズ(9) P90
11)(株)バイオマトリックス研究所(1) P91
11)(株)バイオマトリックス研究所(2) P92
11)(株)バイオマトリックス研究所(3) P93
11)(株)バイオマトリックス研究所(4) P94
11)(株)バイオマトリックス研究所(5) P95
12)フィルジェン(株)(1) P96
12)フィルジェン(株)(2) P97
12)フィルジェン(株)(3) P98
12)フィルジェン(株)(4) P99
12)フィルジェン(株)(5) P100
12)フィルジェン(株)(6) P101
12)フィルジェン(株)(7) P102
12)フィルジェン(株)(8) P103
12)フィルジェン(株)(9) P104
12)フィルジェン(株)(10) P105
12)フィルジェン(株)(11) P106
12)フィルジェン(株)(12) P107
12)フィルジェン(株)(13) P108
12)フィルジェン(株)(14) P109
12)フィルジェン(株)(15) P110
13)(株)ブレインパッド(1) P111
13)(株)ブレインパッド(2) P112
13)(株)ブレインパッド(3) P113
13)(株)ブレインパッド(4) P114
13)(株)ブレインパッド(5) P115
14)北海道システム・サイエンス(株)(1) P116
14)北海道システム・サイエンス(株)(2) P117
14)北海道システム・サイエンス(株)(3) P118
14)北海道システム・サイエンス(株)(4) P119
14)北海道システム・サイエンス(株)(5) P120
14)北海道システム・サイエンス(株)(6) P121
15)マインドウエア総研(株)(1) P122
15)マインドウエア総研(株)(2) P123
15)マインドウエア総研(株)(3) P124
15)マインドウエア総研(株)(4) P125
16)みずほ情報総研(株)(1) P126
16)みずほ情報総研(株)(2) P127
16)みずほ情報総研(株)(3) P128
16)みずほ情報総研(株)(4) P129
17)(株)ライトウェル(1) P130
17)(株)ライトウェル(2) P131
17)(株)ライトウェル(3) P132
17)(株)ライトウェル(4) P133
17)(株)ライトウェル(5) P134
17)(株)ライトウェル(6) P135

【共通調査項目(17社・団体)】

1.「データマイニング」受託解析サービス概要(具体的なメニュー内容)や料金体系:平均導入実績価格<実績ベースを中心に>など
2.適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)、販売ターゲット
3.データの種類とデータ容量
4.開始時期・導入実績・前年比伸長率(%)
1)開始時期(  年 月)
2)導入実績(累計数量、「データマイニング受託解析サービス」関連 単年売上)
3)前年比伸長率(「データマイニング受託解析サービス」関連売上で、前年と比べた直近伸長率%)
5.参考情報
<1>URL 
<2>電話番号 
<3>売上高(全社) 
<4>従業員数 
<5>設立年月 
6.当該ビジネス×売上推移(予測)
2011年度(実績)
2012年度(見込)

 


ピンポイント調査(マルチ企画)】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「ピンポイント調査(マルチ企画)」は不特定多数を対象としているものの、特定の業界に特化した「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。
2) 「ピンポイント調査(マルチ企画)」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。
3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。
4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施しております。
5)なお、「ピンポイント調査(マルチ企画) 」レポートは、個別調査、特別企画調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

 

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る