世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2012年「ビッグデータ(BigData)」に関する市場調査

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ESP総研
2012年2月お問い合わせください 99

*本体価格:95,000円。価格は、下記をご参照ください。

サマリー

【サブタイトル】

1)「ビッグデータ(BigData)」ポテンシャル・プレイヤー リスト一覧(66社/部門) 
2)ビッグデータ(種類)分類別×集計・分析 編(N=299件:ビッグ・データの「データ」種類は? 
3)「ビッグデータ(BigData)」キーマンに緊急調査 

(1)定義・範囲は?
(2)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域は?
(3)外部環境・背景は?
(4)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤーとは?
(5)新ビジネス&変革ビジネス領域とは?
(6)(社会に与えるあるいはビッグデータがもたらす)インパクトとは?
(7)課題・ニーズは?
(8)テクノロジー(技術)動向は?
(9)トレンド・(これからの)予測は?
(10)成功&先進事例は?
(11)注目理由は?
(12)投資対効果、メリットとは?-

Ⅰ. 「ビッグデータ(BigData)」ポテンシャル・プレイヤー リスト一覧 編

1)「ビッグデータ(BigData)」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(66社/部門) 

Ⅱ.ビッグデータ(種類)分類別×集計・分析 編(N=299件:ビッグ・データの「データ」種類は?広義、狭義) ※言及したプレイヤー対比表も添付 

1)ビッグデータ(種類)分類別×集計・分析<1> 
2)「ビッグデータ(BigData)」種類調査<合計:299件を集計 ※広義、狭義含む> 

(1)広義 
(2)狭義 
【1.安心・安全分野、2.一般ユーザー分野、3.医療分野、4.企業分野、5.公共分野、6.交通・物流分野、7.化学分野、8.産業・製造業分野、9.商業分野、10.センサー分野、11.共通分野】

Ⅲ.調査結果 編(12の設問について徹底調査)
 
1)定義・範囲(N=20)
2-1)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域 集計・分析
2-2)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域(N=90)
3)外部環境・背景(N=50) 
4-1)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー (N=136)集計・分析
4-2)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー(N=136)
5)新ビジネス&変革ビジネス領域 (N=37)
6)(社会に与えるあるいはビッグデータがもたらす)インパクト(N=28)
7)課題・ニーズ(N=37)
8)テクノロジー(技術)動向(N=32)
9)トレンド・(これからの)予測(N=34)
10)成功&先進事例(N=5)
11)注目理由(N=13)
12)投資対効果、メリット(N=18)

【調査対象】

1)Web上にて「ビッグデータ(BigData)」と言及している事業者(プレイヤー)ならびに知見者(コンサルタント、アナリスト、研究者など)すべてにアプローチし、ヒアリングを行った。

【調査方法】

  • 弊社専門調査員による取材並びにヒアリング、アンケート、そしてメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

  • 2011年12月25日(調査&ヒアリング開始)-2012年1月31日まで深堀調査(取材、ヒアリング、アンケート)を実施した。
    その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年2月2日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【はじめに】

2011年度 下期以降、特にIT業界においては「ビッグデータ(BigData)」ブームが巻き起こっている。

 近年、“情報爆発”とも形容されるほど、企業を取り巻くデータ量が増大しているものの、めまぐるしく変わる市場環境に追従するためには、従来からある構造化データのみならず、ソーシャルメディア上のテキストデータなど、非構造化データも活用対象としなければならない。こうした「大量データを収益向上に生かす取り組み」として「ビッグデータ」がキーワードとなっているが、大量の情報を効率的に収集・蓄積し、部門の壁を超えて柔軟に共有・活用する、分析する、予測するなど、データを眠らせず、積極的に生かしていく取り組みが注目されている。特に、収集・蓄積、共有、分析といったビックデータ活用の在り方と意義が注目されている。

 こうした「ビッグデータ(BigData)」ブームの背景には、ここ数年、利用者が急激に拡大しているソーシャルメディア内のテキストデータ、携帯電話・スマートフォンに組み込まれたGPS(全地球測位システム)から発生する位置情報、時々刻々と生成されるセンサーデータなど、日々の生活の中で生み出されるデータが、数年前とは比べ物にならないほど膨大かつ複雑になってきているといったことがある。 所謂、情報爆発と呼ばれるように、日々多くのデータが生み出され、蓄積されている現在、莫大な量のデータからこれまでにない情報が得られるのではないか?と期待されている。既に、ソーシャルメディアの大量のデータはマーケティング部門で利用され始めている上、大規模データをすばやく分散処理して管理できるHadoopも、一部の企業では実際に使われ始めている。

 このように、ビジネス環境の激しい変化が続く中で、企業は生き残りをかけてさまざまな変革を実践している。ITの領域において、例えばそれは変化を先読みするための“ビッグデータ”のビジネス活用であり、変化に即応する柔軟なIT基盤を目指すインフラのクラウド化といった動きにも表れている。

 そういった状況の中で、IT業界大手企業のマーケティング部門ならびに製品開発、R&D部門から、大至急「ビッグデータ(BigData)」に関する市場調査(基礎調査)を実施して欲しい!といった要望を頂いた。特に、安心・安全分野 、一般ユーザー分野 、医療分野 、企業分野 、公共分野 、交通・物流分野 、化学分野 、産業・製造業分野、商業分野 、センサー分野 別に、まずはビッグデータの種類をセグメント化して整理して欲しい!また(1)定義・範囲(2)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域(3)外部環境・背景(4)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー (5)新ビジネス&変革ビジネス領域(6)(社会に与えるあるいはビッグデータがもたらす)インパクト(7)課題・ニーズ(8)テクノロジー(技術)動向(9)トレンド・(これからの)予測(10)成功&先進事例(11)注目理由(12)投資対効果、メリットについて、IT知見者やITプレイヤー・キーマンから徹底して情報を収集して欲しい!といったリクエスト・要望を数多くの方々から頂いた。

 従ってESP総研では、上記の点を中心に短期間で大至急調査することとなった。
 
 今回の調査では、上記のリクエストに基づいて、分野別にビッグデータの種類をセグメント化・整理することと同時に、IT知見者やITプレイヤー・キーマンから(1)定義・範囲(2)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域(3)外部環境・背景(4)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー (5)新ビジネス&変革ビジネス領域(6)(社会に与えるあるいはビッグデータがもたらす)インパクト(7)課題・ニーズ(8)テクノロジー(技術)動向(9)トレンド・(これからの)予測(10)成功&先進事例(11)注目理由(12)投資対効果、メリットなどに焦点を当てて多面的に情報収集した。

 この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

【資料名】 『2012年「ビッグデータ(BigData)」に関する市場調査』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):99,750円(税込)
<※1部カラー><本体価格95,000円、消費税等4,750円>
2)CD-R:99,750円(税込)<※全てカラー>
<本体価格95,000円、消費税等4,750円>
3)1)2)のセット価格:149,625円(税込)
<本体価格142,500円、消費税等7,125円>
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2012年2月2日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計99ページ

 

TOP



目次

Ⅰ. 「ビッグデータ(BigData)」ポテンシャル・プレイヤー リスト一覧 編 P1

1)「ビッグデータ(BigData)」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(66社/部門) P2

Ⅱ.ビッグデータ(種類)分類別×集計・分析 編(N=299件:ビッグ・データの「データ」種類は?広義、狭義) ※言及したプレイヤー対比表も添付 P16

1)ビッグデータ(種類)分類別×集計・分析<1> P17
1)ビッグデータ(種類)分類別×集計・分析<2> P18
2)「ビッグデータ(BigData)」種類調査<合計:299件を集計 ※広義、狭義含む> P19
※『ビッグデータとは?』について言及した企業および団体から得られた「データ」の種類を分類した。まずは調査結果を<広義>と<狭義>に分類し、さらに<狭義>については、大分類、小分類に分類した。

(1)広義 P19
(2)狭義 P20
1.安心・安全分野 P20
2.一般ユーザー分野 P20
3.医療分野 P21
4.企業分野 P21
5.公共分野 P23
6.交通・物流分野 P23
7.化学分野 P23
8.産業・製造業分野 P24
9.商業分野 P24
10.センサー分野 P24
11.共通分野 P25

Ⅲ.調査結果 編(12の設問について徹底調査) P27

1)定義・範囲 ⇒ 2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=20)※マルチアンサー P28
2-1)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域 集計・分析<1> P33
2-1)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域 集計・分析<2> P34
2-2)「ビッグデータ」時流によってもたらされる、波及効果(影響)がある(ビジネス・ポテンシャルUP)領域 ⇒2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=90)※マルチアンサー P35
3)外部環境・背景 ⇒ 2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=50)※マルチアンサー P38
4-1)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー (N=136)集計・分析<1> P48
4-1)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー (N=136)集計・分析<2> P49
4-2)勝組プレイヤー&イニシアティブ(先導)・プレイヤー ⇒  2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=136)※マルチアンサー P50
5)新ビジネス&変革ビジネス領域 ⇒  2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=37)※マルチアンサー P56
6)(社会に与えるあるいはビッグデータがもたらす)インパクト ⇒  2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=28)※マルチアンサー P65
7)課題・ニーズ ⇒  2011年12月25日-2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=37)※マルチアンサー P70
8)テクノロジー(技術)動向 ⇒  2011年12月25日- 2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=32)※マルチアンサー P78
9)トレンド・(これからの)予測 ⇒ 2011年12月25日- 2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=34)※マルチアンサー P86
10)成功&先進事例 ⇒  2011年12月25日- 2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=5)※マルチアンサー P91
11)注目理由 ⇒  2011年12月25日- 2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=13)※マルチアンサー P93
12)投資対効果、メリット ⇒  2011年12月25日- 2012年1月31日にかけて市場調査した結果(N=18)※マルチアンサー P96

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る