世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2012年 「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測<予防・予見・予兆・コンサルティング> - 未来絵編【ピンポイント調査(マルチ企画)】

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ESP総研
2012年8月お問い合わせください 49

*本体価格:300,000円。

サマリー

【サブタイトル】

- 「ビッグデータ(BigData)」がもたらす近未来市場(社会)創造、基礎調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵8枚、個票絵35枚≫-

1)「ビッグデータ(BigData)」がもたらす近未来市場(社会)創造、基礎調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵8枚、個票絵35枚)

(1) 「飲食業×苦情」分野×基礎調査から抽出できた「時流」「(次の)提案ポイント」「未来への(方向性やポテンシャル)ヒント」×特に変革(イノベーション)ポイントで代表的な観点を「Before」⇒「After」に落とし込み
(2)この「総括絵」「個票絵」のカット・シーンを俯瞰することで「ビッグデータ(BigData)」によってもたらされる潮流、変革(イノベーション)、新たなトレンドが分かる!
(3) 「飲食業×苦情」分野×セグメントに集中・特化して「BigData」変革(イノベーション)ポイントを可視化(未来絵レポート)!
 

【調査対象】

・「飲食業×苦情」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員による基礎調査(「飲食業×苦情」分野におけるビッグデータがもたらす変革・イノベーション/将来予測)後、未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・2012年8月10日(基礎調査開始)-2012年8月15日まで深堀調査を実施し、2012年8月23日に未来絵制作が終了した。

【はじめに】

2012年度に入り、「ビッグデータ(BigData)」 に対する期待や注目度は今まで以上に急速に高まっている。
中でも、各分野別、各業界・業種別に「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測<予防・予見・予兆・コンサルティング)>  -未来絵 編 -をレポート化して欲しい!といった声が高まっている 。
 
背景にあるのは、 「ビッグデータ(BigData)」を収集・蓄積・保存、解析(マイニング)、活用、予防・予見・予兆・コンサルティングなどの一連の流れの結果、どのような社会創造、市場創造がもたらされるのか?が末端のエンドユーザー(市場)から見えないため、分かりやすく未来絵を描くことで解説して欲しい!といった要望・リクエストがある。
こうした声を受けて、ESP総研では第11弾として、「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測<予防・予見・予兆・コンサルティング)>  -未来絵 編 - についてレポート化することとなった。
この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。


目次

【目次】

-「ビッグデータ(BigData)」がもたらす近未来市場(社会)創造、基礎調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵8枚、個票絵35枚)- P1

Ⅰ.総括 編 P2

1.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【価格・料金(未来絵)編】<合計5枚を融合> P3
2.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【接客・対応(未来絵)編】<合計4枚を融合> P4
3.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【安全・衛生・品質・機能(未来絵)編】<合計4枚を融合> P5
4.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【施設・設備(未来絵)編】<合計5枚を融合> P6
5.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【表示・広告(未来絵)編】<合計4枚を融合> P7
6.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【販売方法、契約・解約(未来絵)編】<合計6枚を融合> P8
7.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【風評被害(未来絵)編】<合計3枚を融合> P9
8.「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)【製造物責任(未来絵)編】<合計3枚を融合> P10

Ⅱ.個票 編 P11

(1)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<価格・料金×ホームページのメニュー価格に消費税加算(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P12
(2)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<価格・料金×つり銭に苦情(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P13
(3)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<価格・料金×クレジットカード手数料(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P14
(4)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<価格・料金×サービス料(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P15
(5)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<価格・料金×お通し・つきだし(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P16

(6)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<接客・対応×注文飲料・こぼす・パソコン故障・保存データ全消去(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P17
(7)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<接客・対応×預けた上着が紛失(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P18
(8)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<接客・対応×盲導犬と共に来店→入店拒否(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P19
(9)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<接客・対応×長時間の待たされ(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P20

(10)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<安全・衛生・品質・機能×注文食・異物・ケガ(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P21
(11)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<安全・衛生・品質・機能×アレルギー発症(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P22
(12)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<安全・衛生・品質・機能×鉄板で火傷(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P23
(13)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<安全・衛生・品質・機能×鳥インフルエンザによる風評被害(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P24

(14)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<施設・設備×シンナー臭くて気分が悪くなった店(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P25
(15)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<施設・設備×店内の通路が油で汚れていて大怪我(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P26
(16)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<施設・設備×店内の段差につまずいて転倒(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P27
(17)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<施設・設備×レストラン駐車場で追突(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P28
(18)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<施設・設備×たばこの煙で大喧嘩(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P29

(19)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<表示・広告×産地・表示偽造(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P30
(20)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<表示・広告×勝手にサービス料を追加(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P31
(21)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<表示・広告×使えない割引クーポン券(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P32
(22)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<表示・広告×スピードくじが引けない(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P33

(23)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<販売方法、契約・解約×承諾メールなし→キャンセルと認識(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P34
(24)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<販売方法、契約・解約×高額なキャンセル料請求(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P35
(25)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<販売方法、契約・解約×ネット予約・入力ミス・キャンセル料請求(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P36
(26)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<販売方法、契約・解約×ネット注文・瓶割れ・返金拒否(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P37
(27)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<販売方法、契約・解約×クレジットカード不正使用の嫌疑(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P38
(28)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<販売方法、契約・解約×予約フォーム入力・個人情報乱用(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P39

(29)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<風評被害×SARS対策(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P40
(30)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<風評被害×BSE対策(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P41
(31)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<風評被害×鳥インフルエンザ(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P42

(32)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<製造物責任×ジュース内の異物と負傷(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P43
(33)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<製造物責任×食中毒(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P44
(34)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<製造物責任×中毒死(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P45

(35)「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)<その他×ネットに事実無根の書き込み(予防・予見・予兆・コンサルティング)> P46

Ⅲ.基礎調査 編 P47

・飲食業×苦情 シーンに関する調査【「飲食業×苦情」分野における「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)カット・シーンを創造するための基礎調査】 P48

奥付け

 


 

【ピンポイント調査(マルチ企画)】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊・枚)であるのに対し、「ピンポイント調査(マルチ企画)」は不特定多数を対象としているものの、特定の業界に特化した「調査レポート」(定価は100万円未満/枚・PDF 等)となります。
2) 「ピンポイント調査(マルチ企画)」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。
3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。
4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施しております。
5)なお、「ピンポイント調査(マルチ企画) 」レポートは、個別調査、特別企画調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る