世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書 - 未来絵(企業向けマンガ・イラスト)によるコンサルティング・レポート編【ピンポイント調査(マルチ企画)】

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ESP総研
2012年9月お問い合わせください 125

*本体価格:950,000円。価格は、下記をご参照ください。

サマリー

【サブタイトル】

-国内主要17社・団体のケーススタディ&集計・分析レポートの中で、尖がっている(コメント)観点や時間軸で見た未来シーンを繋ぐことで、イノベーション(変革)度が高い各セグメント別に「ビッグデータ(BigData)」がもたらす新たな社会創造(シーン)、市場創造(シーン)を見える化!≪総括絵10枚、個票絵110枚≫-

1)「ビッグデータ(BigData)」がもたらす近未来市場(社会)創造、基礎調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵10枚、個票絵110枚)

(1) 当該主要プレイヤー(17社・団体)に対する基礎調査から抽出できた「時流」「(次の)提案ポイント」「未来への(方向性やポテンシャル)ヒント」×特に変革(イノベーション)ポイントで代表的な観点を「Before」⇒「After」に落とし込み
(2)この「総括絵」「個票絵」のカット・シーンを俯瞰することで「ビッグデータ(BigData)」によってもたらされる潮流、変革(イノベーション)、新たなトレンドが分かる!
(3)当該主要プレイヤー(17社・団体)キーマンが発した言葉(コメント)の中から、尖がっている(コメント)観点や時間軸で見た未来シーンを繋ぐことで、「BigData」による変革(イノベーション)ポイントを可視化(未来絵レポート)!
 

【調査対象】

・2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書-国内主要17社・団体のケーススタディ&集計・分析レポート- 内の当該主要17社・団体

【調査方法】

・2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書-国内主要17社・団体のケーススタディ&集計・分析レポート- のレポート化と並行して、弊社専門調査員によって当該主要プレイヤー(17社・団体)キーマンが発した言葉(コメント)の中から、尖がっている(コメント)観点や時間軸で見た未来シーンを抽出後、未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・2012年8月3日(当該主要プレイヤー(17社・団体)キーマンが発した言葉(コメント)の中から、尖がっている(コメント)観点や時間軸で見た未来シーンを抽出開始)-2012年8月12日まで未来絵の抽出作業(未来絵の指示書作成)を実施し、2012年9月7日に未来絵制作が終了した。

【はじめに】

2012年度上期は間もなく終わるが、「ビッグデータ(BigData)」 に対する期待や注目度は今まで以上に高まっている。

中でも、特に最近では農業分野やヘルスケア分野、交通分野などの各分野別、各業界・業種別に「ビッグデータ(BigData)」がもたらす変革(イノベーション)/将来予測<予防・予見・予兆・コンサルティング)>  -未来絵 編 -をレポート化して欲しい!といった声が高まっている 。
 
背景にあるのは、 「ビッグデータ(BigData)」を収集・蓄積・保存、解析(マイニング)、活用、予防・予見・予兆・コンサルティングなどの一連の流れの結果、どのような社会創造、市場創造がもたらされるのか?が末端のエンドユーザー(市場)からは勿論、 「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスを展開している企業からでさえも見えないため、分かりやすく未来絵(企業向けマンガ・イラスト)を描くことで解説して欲しい!といった要望・リクエストがある。

また、既にESP総研で発刊している、2012年 「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書-国内主要17社・団体のケーススタディ&集計・分析レポート-の中で、尖がっている(コメント)観点や時間軸で見た未来シーンを繋ぐことで、イノベーション(変革)度が高い各セグメント別に「ビッグデータ(BigData)」がもたらす新たな社会創造(シーン)、市場創造(シーン)を見える化!して欲しいといった要望を頂いた。

こうした声を受けて、ESP総研では第15弾として、 2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書 -未来絵(企業向けマンガ・イラスト)によるコンサルティング・レポート 編 -についてレポート化することとなった。

この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【資料名】 『2012年「ビッグデータ(BigData)」ビジネス白書 ~未来絵(企業向けマンガ・イラスト)によるコンサルティング・レポート 編 ~』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):997,500円(税込)
<※1部カラー><本体価格950,000円、消費税等47,500円>
2)CD-R:上記1)の価格に含まれております。<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
3)1)2)のセット価格:997,500円(税込)
<本体価格950,000円、消費税等47,500円>
※1)2)それぞれ単体での販売は行っておりません。但し、「Ⅰ.総括 編」のみを(PDF:CD-Rのみの提供で)105,000円(税込)/枚 で部分販売しております。
【発刊日】 2012年9月8日
【報告書体裁】 A4版 オンデマンド限定印刷
【ページ数】 合計125ページ

 



目次

【目次】

-「ビッグデータ(BigData)」がもたらす近未来市場(社会)創造、基礎調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵10枚、個票絵110枚)- P1

Ⅰ.総括 編 P2

1-1.【会社・オフィス×PCデスク】 16枚を融合 合計(109枚)の <14.7%> P3
1-2.【会社・オフィス×会議室・応接室】 12枚を融合 合計(109枚)の <11.0%> P4
1-3.【会社・オフィス×その他】 13枚を融合 合計(109枚)の <11.9%> P5
2.【企業・店舗のシステムセンター、マシンルーム、データ解析センター】 15枚を融合 合計(109枚)の <13.8%> P6
3.【店舗(SHOP):スーパー、SC、レストラン、コンビニ、銀行ATM など】 15枚を融合 合計(109枚)の <13.8%> P7
4.【屋外】 9枚を融合 合計(109枚)の <8.3%> P8
5.【工場】 8枚を融合 合計(109枚)の <7.3%> P9
6.【病院】 8枚を融合 合計(109枚)の <7.3%> P10
7.【HOME(家)】 8枚を融合 合計(109枚)の <7.3%> P11
8.【東京証券取引所、セミナー会場、カンファレンスセンター】 5枚を融合 合計(109枚)の <4.6%> P12

Ⅱ.個票 編 P13

(1-1)ユーザーや管理者が何も考えずにデータを入れておける大きな入れ物<EMCジャパン㈱ > P14
(1-2)トレーニングの重要性<EMCジャパン㈱ > P15
(1-3)バッチ処理時間の大幅な短縮<EMCジャパン㈱ > P16
(1-4)コンサルティングチームを強化<EMCジャパン㈱ > P17
(1-5)他社においてはツールだけ提供すれば良いといった傾向が強い<EMCジャパン㈱ > P18
(1-6)経営者に「ビッグデータ」を活用する事によってどういったメリットがあるのか?を真に理解してもらうことの難しさ<EMCジャパン㈱ > P19
(2-1)日本人が得意としていた管理<クリックテック・ジャパン㈱ > P20
(2-2)シニア層の長年の経験の伝承・伝授<クリックテック・ジャパン㈱ > P21
(2-3)キーパフォーマンスインデックス(KPI)指標に基づく作業 <クリックテック・ジャパン㈱ > P22
(2-4)KPIが正しいかどうか?迅速な判断<クリックテック・ジャパン㈱ > P23
(2-5)管理と判断といった2つの事<クリックテック・ジャパン㈱ > P24
(2-6)長期的なBIプロジェクト後の社長の視点変更(やり直し・修正)<クリックテック・ジャパン㈱ > P25
(2-7)無料パーソナル版配布の効果<クリックテック・ジャパン㈱ > P26
(2-8)製品販売目標、売上目標とは別に、社会貢献を目標に<クリックテック・ジャパン㈱ > P27
(2-9)既存導入ユーザー からの説明(説得力)<クリックテック・ジャパン㈱ > P28
(3-1)スピード感・フットワークの軽さ・機動力・迅速な対応<㈱ザイナス> P29
(3-2)個人情報の取り扱い(法制度に関わる領域)<㈱ザイナス> P30
(3-3)Hadoopカンファレンス 参加者が急増(ビッグデータ×注目度 高)<㈱ザイナス> P31
(4-1)分析時間の大幅な短縮<SAS Institute Japan㈱> P32
(4-2)知見・洞察を短時間で得られるインパクト<SAS Institute Japan㈱> P33
(4-3)多種多量な情報から価値を導き出す重要性<SAS Institute Japan㈱> P34
(4-4)人間の感情さえもデータとして入手可能に<SAS Institute Japan㈱> P35
(4-5)ハイパーコネクテッド・ワールド<SAS Institute Japan㈱> P36
(4-6)「ビッグデータ」の高速な分析の実現によるインパクト(効果)<SAS Institute Japan㈱> P37
(4-7)購買履歴を即座に分析&顧客毎にカスタマイズされた販促クーポンを店頭で発行<SAS Institute Japan㈱> P38
(5-1)BYOD(ブリングユアオンデバイス):モバイル端末やiPadなどでどこでも「ビッグデータ」にアクセス出来る<SAPジャパン㈱> P39
(5-2)ゲノム解析×HANA<SAPジャパン㈱> P40
(5-3)部品特性を踏まえた組み合わせ<SAPジャパン㈱> P41
(5-4)ビリングユアオンデバイス× いつでもどこでも必要なデータにアクセス出来る<SAPジャパン㈱> P42
(6-1)ログ関連製品はやはり国産製品<㈱シー・エル・シー> P43
(6-2)販売当初は停滞気味、しかしここ数年で導入が加速<㈱シー・エル・シー> P44
(6-3)2012年に入ってほぼ2倍の陣容(当該スタッフ)に拡大<㈱シー・エル・シー> P45
(6-4)コンビニエンスストア×膨大な種類のカード・データ解析・分析需要拡大<㈱シー・エル・シー> P46
(6-5)ムダがないデータ管理・有効活用<㈱シー・エル・シー> P47
(6-6)細かいデータを分析する人が増えていく領域<㈱シー・エル・シー> P48
(6-7)アンケートや紅白の回答→データ放送×ログの分析<㈱シー・エル・シー> P49
(7-1)差別化出来るストレージ(脱 値段の叩き合い)<シーティーシー・エスピー㈱ > P50
(7-2)大手製造業におけるストレージ・ニーズの拡大<シーティーシー・エスピー㈱ > P51
(7-3)差別化が出来る付加価値のあるストレージ提案<シーティーシー・エスピー㈱ > P52
(8-1)当該技術をしっかりと検討している人達にまずは理解してもらうことが先決→ Cloudian <ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ㈱> P53
(8-2)「ビッグデータ」というよりも「ビッグウェーブ」<ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ㈱> P54
(8-3)インターネット領域で万一バーストしても大丈夫なストレージを提供<ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ㈱> P55
(8-4)M2Mはデータのボリュームを増やすドライバ<ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ㈱> P56
(8-5)道路のM2M (橋に計測計取り付け、60年間揺れている具合をログとして取り、揺れ具合で橋の老朽化を測定)<ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ㈱> P57
(8-6) Cloudian のインパクト<ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ㈱> P58
(9-1)心臓を強くするリハビリテーション<帝京大学 医療情報システム研究センター > P59
(9-2)「ITベンダの限界を病院の限界にしない」「自分達で行える事は自分達で行えるようにしよう」が目標<帝京大学 医療情報システム研究センター > P60
(9-3)生体反応のパターン分け<帝京大学 医療情報システム研究センター > P61
(9-4)医療安全のためのコンピュータ補助<帝京大学 医療情報システム研究センター > P62
(9-5)「医療安全」こそがITを導入するべき目的のひとつ<帝京大学 医療情報システム研究センター > P63
(10-1)情報提供の迅速化&新たな関係性の発見&将来の予見や予測<日本電気㈱> P64
(10-2)カードの不正利用検知<日本電気㈱> P65
(10-3)従来扱い切れなかった複雑なインターフェースをプラットフォーム基盤として提供<日本電気㈱> P66
(10-4)リアルタイム、即時性( CEP技術)の重要性<日本電気㈱> P67
(10-5)人材を4つのエキスパート群に区分(ドメインエキスパートなど)<日本電気㈱> P68
(10-6)現場の勘に頼るのではなく、売上データやレシート情報をデータ分析しアドバイス(原因と分析を行う) <日本電気㈱> P69
(10-7)カメラ映像から年齢・性別を自動で判別するエンジン<日本電気㈱> P70
(10-8)カメラ映像を利用して全ての顧客の属性を特定し、クラスター分析やバスケット分析を行うニーズ、非構造化データ活用ニーズ<日本電気㈱> P71
(10-9)画像技術×身体のレントゲンの写真などを解析する技術 他<日本電気㈱> P72
(10-10)データの所有者は誰か?といった問題<日本電気㈱> P73
(10-11)「ビッグデータ」活用×プライバシーの問題<日本電気㈱> P74
(10-12)株式や外国為替相場などリアルタイムに変動する大量の情報を高速処理し、配信するサービス<日本電気㈱> P75
(10-13)Webアクセスログや店舗からの集計情報等の大量データを、高速に様々な視点で集計・検索でき、タイムリーな情報マーケティング活用を実現<日本電気㈱> P76
(10-14)温度や土壌などセンサネットワークから得られる大量データを収集・分析し、農業の生産性向上や農作物の品質改善を支援<日本電気㈱> P77
(10-15)プラント・建造物管理(異常予兆監視) <日本電気㈱> P78
(11-1)空港に行ってカバンを置き去りにして離れてしまった場合、カメラで撮っていてアラートがいくといった事例<日本ヒューレット・パッカード㈱> P79
(11-2)駅のホームのある線を決めておき、そこを超えるとアラートが鳴り自殺防止を行う<日本ヒューレット・パッカード㈱> P80
(11-3)コアのテクノロジー→周りがまだ追い付いてきていない<日本ヒューレット・パッカード㈱> P81
(11-4)公共系→高速道路を監視 or 渋滞予測を行うプラットフォーム系<日本ヒューレット・パッカード㈱> P82
(12-1)自社サイトの課題ポイント、チャンスの可能性を見い出すための競合との比較の重要性<㈱博報堂> P83
(12-2)相対的な状況把握→相対的に競合と比較して自社の状況を把握することができるのがライフログ分析(ライフログトレーサー)の一番の大きなメリット<㈱博報堂> P84
(12-3)「デジタルマーケティングマネージャー」 の想定以上の反響<㈱博報堂> P85
(13-1)文書管理からコンテンツ管理に至るまで継続的に手掛けてきた実績と、業務ノウハウ<パナソニック ソリューションテクノロジー㈱> P86
(13-2)利用者側のスマートフォンやタブレットの普及と機能の改良→使う側にとって非常に優遇されるような仕組みが出来始めた<パナソニック ソリューションテクノロジー㈱> P87
(13-3)技術文書関連で、国内のコンテンツを貯めた上で海外に出張した際にタブレットからダウンロードする仕組みを活用<パナソニック ソリューションテクノロジー㈱> P88
(13-4)東日本震災から1年が経ってようやく投資をし始めた感→ハードウェア需要の高まり<パナソニック ソリューションテクノロジー㈱> P89
(13-5)需要面でV字回復<パナソニック ソリューションテクノロジー㈱> P90
(14-1)テキストマイニング×コールセンター部門×顧客の声分析→商品の改善や業務改善へ<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P91
(14-2)フルサポート×メールやソーシャルメディアが、これからの一般消費者とのコミュニケーションを行う為の手段→ 「カスタマーリングス」 <㈱プラスアルファ・コンサルティング> P92
(14-3)蓄積型データ(ソーシャルメディア、コールセンターの問い合わせ、売上データなど)として大量のデータが集まるものが「ビッグデータ」 <㈱プラスアルファ・コンサルティング> P93
(14-4)定量と定性と両方を比較しながら分析するニーズ拡大<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P94
(14-5)ソーシャルメディアの活用を考えている「マーケティング部」「広報部」などは情報発信をする方。情報をどのように発信していこうか?投稿していこうか?を常に考えている<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P95
(14-6)ソーシャルメディアを活用→お客様の声を聞き、それに合わせてコミュニケーションするといったサイクル<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P96
(14-7)見える化エンジン→直感的にインターフェースされている<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P97
(14-8)寄り添い型のサポートが非常にしやすいビジネスモデルがSaaS型モデル<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P98
(14-9)ステルスマーケティング →口コミに対する信頼性が損なわれていく可能性<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P99
(14-10)スマートフォン、Facebook、Twitterの利用人数増加 → 情報発信をする人間も増加 → データ量自体が急激に増える傾向<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P100
(14-11)ソーシャルメディアはどの企業においても共通して使える情報として目の前にある→宝の山として使っていきたいといった企業が増加→ビジネスチャンス<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P101
(14-12) TwitterやFacebookは既に現段階で相当に普及→企業側でTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを未だに取り込めていない企業がまだまだ数多くある→ビジネスチャンス<㈱プラスアルファ・コンサルティング> P102
(15-1)分析タイムラグ×スピード感重視→簡単な分析は自社で実施→機会創出< ㈱ブレインパッド> P103
(15-2) 10億以上のログが蓄積されるレベルにまで到達すれば「ビッグデータ」 < ㈱ブレインパッド> P104
(15-3) WEBログやメールのクリックログ等→コミュニケーションログ×レコメンド(先進企業では既に実施)< ㈱ブレインパッド> P105
(15-4)最適化組み合わせ計算×データマイニングで過去から将来予測< ㈱ブレインパッド> P106
(15-5)購入確率が高い物と利益が出る商品とでは問題が別< ㈱ブレインパッド> P107
(15-6) Cloudstock とアナリティクス事業との連携< ㈱ブレインパッド> P108
(15-7)展示会会場での立ち話→後日再度自社のセミナーに集客、個別にヒアリング< ㈱ブレインパッド> P109
(15-8)現行の情報システム部門は攻めに投資するといった役割ではない。彼らは運用する・守るといったスタンス< ㈱ブレインパッド> P110
(15-9)プラス要因はスマホユーザー増加、マイナス要因は情報の流通量が増える一方でセキュリティやプライバシーといった問題、情報漏洩ややり過ぎるサービスがあること< ㈱ブレインパッド> P111
(15-10)アメリカ企業による日本企業の買収など一極化しているような動き → 彼らの許可なしにデータを取りにいけないといった状況< ㈱ブレインパッド> P112
(16-1)健康管理、日々の生活習慣について個人のデータを見て分析し、フィードバックして管理<三井情報㈱ > P113
(16-2)ソーシャルネット分析、テキストなどを扱って、Twitterやブログなどから商品の評価、サービスの評価を行うことに関心(大)<三井情報㈱ > P114
(16-3)「ビッグデータ」人材(統計学の解析など)が不足<データサイエンティスト不足、レポーティング技術者不足><三井情報㈱ > P115
(16-4)スマートフォンやセンサーの技術などで使えるデータが大量になってきている<三井情報㈱ > P116
(16-5)創薬分野、効果のある治療、健康×病気予防に効果が出るような方法を模索、分析結果を使っていく領域での「ビッグデータ」ニーズ拡大<三井情報㈱ > P117
(17-1)「O2O(オンラインで色々な人がソーシャルメディアに存在し、その人達の思考などを取って、WEBサイトまで連れてくる事)」×リアル店舗に何らかの実アクションを起こさせる<㈱モディファイ> P118
(17-2)「ビッグデータ」を扱っている鉄道や車などの交通手段、店舗やPOSデータとインターネットを上手くくっ付ける作業< ㈱モディファイ> P119
(17-3)相当にリアルな情報×データベースに紐付いている×自分自身のデータが本当に安全なのか?→ある程度ロック、バッファーになるようなサイエンスが必要< ㈱モディファイ> P120
(17-4)ECサイトがこれまではYahoo!や楽天のポータルでトラフィックを活用し、有名どころに店舗を出す事によって集客 → 検索エンジン経由でお客様を集客にシフト< ㈱モディファイ> P121
(17-5)スマートフォンの伸長が著しい。このスマートフォンがあるが故にソーシャルでいう「ビッグデータ」が倍増< ㈱モディファイ> P122
(17-6)弱み、口コミをリストアップ→毎日それがネガティブか?ポジティブか?をずっとウォッチ→みんながポジティブに言っていれば株価が上がる< ㈱モディファイ> P123

Ⅲ.個票絵 集計&分析 編 P124

○個票絵 テーマ×セグメント別 シェア(大きい順) P125

奥付け


 

【ピンポイント調査(マルチ企画)】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊・枚)であるのに対し、「ピンポイント調査(マルチ企画)」は不特定多数を対象としているものの、特定の業界に特化した「調査レポート」(定価は100万円未満/枚・PDF 等)となります。
2) 「ピンポイント調査(マルチ企画)」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。
3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。
4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施しております。
5)なお、「ピンポイント調査(マルチ企画) 」レポートは、個別調査、特別企画調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る