世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

“自動車メーカーの戦略”から見えてくる未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ESP総研
2016年9月¥180,000 (税別)
PDF(CD-R)
147

※レポートは全てカラー表示です。

サマリー

ESP総研が発行するレポート「“自動車メーカーの戦略”から見えてくる未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~」は、同社の専門調査員によって自動車メーカーの最新の戦略を調査し、その結果から見えてくる未来予測をイメージしやすいイラスト(未来絵)によってまとめた調査報告書です。



【はじめに】

 自動車メーカーにおける最新の戦略をしっかり捉え、戦略キーワード毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&(戦略キーワードが今後の未来を創るといった観点で)未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、自動車メーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、自動車メーカーまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さまからである。

 今や「戦略の俯瞰」「戦略の可視化」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「戦略」によってどのような未来が創造されるのか。キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、ESP総研ではVer.1となる『 “自動車メーカーの戦略”から見えてくる未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~ 』を発刊することとなった。当レポートは、「毎年必ず更新していって欲しい」といったリクエストも同時に頂いたことから、今後も毎年定期的に発刊・更新する予定である。

 自動車メーカーを中心に、徹底的に最新の戦略調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「戦略カットシーン」など尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「(自動車メーカーにおいて)最新の戦略として掲げているキーワードかどうか?」「将来、自動車メーカーまたは関連会社の研究開発に役立つかどうか?」「将来、自動車メーカーまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ(製品、部品)を提供する企業にとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(製品開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“自動車メーカーの戦略”から見えてくる未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 2016年8月から2016年9月にかけて、自動車メーカーにおける最新の戦略調査を実施した。

 近年の自動車メーカーの戦略であるが、「自動運転」「次世代エネルギー」が大きく目立っている。

 自動運転については、運転補助から始まり、完全自動運転が高速道路、一般道路へ広がっていくだろう。また、自動運転技術を実現するための中核技術として「人工知能」「ビッグデータ」に対する注目が集まっている。

 次世代エネルギーについては、「電気」「水素燃料」に対する研究が加速していくであろう。また、次世代エネルギーの研究に派生して自動車以外に向けたエネルギー運用に対する注目が集まっている。

 市場については、アジア圏の市場を維持しながら、アフリカ、南アジア、北米、南米といった新しい市場に日本の自動車を販売しようといった動きが活発化している。
 これらの流れに沿って、主たる自動車メーカーはあらゆる企業と連携を取り、さらなる発展を目指していることが今回の調査を通じて伝わってきた。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、 “自動車メーカーの戦略”から見えてくる未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「自動車×未来予測」「自動車メーカー×戦略」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 


 

【サブタイトル】

~ 自動車メーカーの戦略調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵14枚、個票絵131枚≫~

【調査対象】

・「自動車メーカーの戦略」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員による最新の自動車メーカーの戦略を調査した後、“自動車メーカーの戦略”から見えてくる未来予測、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2016年8月16日(自動車メーカー×戦略調査開始)~2016年8月25日まで自動車メーカーの最新の戦略調査を実施し、2016年9月15日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。



目次

~ “自動車メーカーの戦略”から見えてくる近未来市場(社会)創造、最新の自動車メーカーの戦略調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵14枚、個票絵131枚)~ P1

Ⅰ.総括 編 P2

1.トヨタ×戦略(自動運転・テレマティクスサービス)P3
2.トヨタ×戦略(ビッグデータ・市場戦略・エネルギー戦略)P4
3.トヨタ×戦略(商品戦略・その他)P5
4.日産×戦略(自動運転・IDSコンセプト)P6
5.日産×戦略(商品戦略・安全戦略)P7
6.日産・三菱×戦略(エネルギー戦略 ・市場戦略)P8
7.ホンダ・日野・いすゞ×戦略 P9
8.スバル・スズキ×戦略 P10
9.マツダ×戦略 P11
10.ベンツ・フォード・アウディ・FCA×戦略 P12
11.ロボットタクシー・他×戦略 P13
12.経済産業省×戦略(1) P14
12.経済産業省×戦略(2) P15

Ⅱ.個票 編 P16

(1)トヨタ:自動運転戦略・次世代モビリティ分野の強化(PFN)P17
(2)トヨタ:自動運転戦略・人工知能分野の強化(TRI) P18
(3)トヨタ:自動運転戦略・ロボティクス分野の強化(ミシガン大学) P19
(4)トヨタ:自動運転戦略・自動車専用道路(Highway Teammate) P20
(5)トヨタ:自動運転戦略・一般自動車道(Urban Teammate) P21
(6)トヨタ:自動運転戦略・ITS協調(ITS Connect) P22
(7)トヨタ:自動運転戦略・地図自動生成システム P23
(8)トヨタ:テレマティクス戦略(TransLog) P24
(9)トヨタ:テレマティクス戦略・自動車保険 P25
(10)トヨタ:ビッグデータ戦略・統合拠点を設立(マイクロソフトと共同) P26
(11)トヨタ:ビッグデータ戦略・データ処理拠点(トヨタ・ビッグデーター・センター) P27
(12)トヨタ:ビッグデータ戦略・グローバル共通化 P28
(13)トヨタ:ビッグデータ戦略・スマフォと連携する車載システムの強化 P29
(14)トヨタ:ビッグデータ戦略・車両情報 P30
(15)トヨタ:ビッグデータ戦略・渋滞情報 P31
(16)トヨタ:商品戦略・次世代プラットフォーム(TNGA) P32
(17)トヨタ:商品戦略・エモーショナル戦略モデル“F”を強化 P33
(18)トヨタ:商品戦略・未来の日本のタクシーを開発 P34
(19)トヨタ:商品戦略・モビリティ社会 P35
(20)トヨタ:商品戦略・超小型モビリティ分野の強化(TOYOTA i-ROAD) P36
(21)トヨタ:商品戦略・パーソナルモビリティロボット(Winglet) P37
(22)トヨタ:商品戦略・バイオ合成ゴム(バイオヒドリンゴム) P38
(23)トヨタ:市場戦略・高齢化社会 P39
(24)トヨタ:市場戦略・オーストラリアに燃料自動車 P40
(25)トヨタ:安全戦略(バーチャル人体モデル) P41
(26)トヨタ:エネルギー戦略・風力発電から水素燃料へ P42
(27)トヨタ:エネルギー戦略・燃料電池フォークリフト P43
(28)トヨタ:エネルギー戦略・水素サプライチェーン P44
(29)トヨタ:ライドシェア戦略 P45
(30)トヨタ・ダイハツ:ダイハツ工業完全子会社化で小型車事業強化戦略 P46
(31)ダイハツ:商品戦略・新商品「軽商用車」を提案 P47
(32)ダイハツ:市場戦略・シグラ(インドネシア) P48
(33)ダイハツ:市場戦略・ベザ(マレーシア) P49
(34)日産:自動運転・高速道路の自動運転走行(パイロットドライブ1.0) P50
(35)日産:自動運転戦略・複数レーンの自動運転走行(パイロットドライブ2.0) P51
(36)日産:自動運転戦略・一般道の自動運転走行(パイロットドライブ3.0) P52
(37)日産:自動運転戦略・人工知能分野の強化(プロパイロット) P53
(38)日産:自動運転戦略・スマフォでリモート駐車(パイロットパーキング) P54
(39)日産:商品戦略・量産型可変圧縮比エンジン(VC-T) P55
(40)日産:商品戦略・ニッサンIDSコンセプト P56
(41)日産:商品戦略・ニッサンIDSコンセプト(TOGETHER WE SEE) P57
(42)日産:商品戦略・ニッサンIDSコンセプト(TOGETHER WE JUDGE) P58
(43)日産:商品戦略・ニッサンIDSコンセプト(TOGETHER WE CHOOSE) P59
(44)日産:商品戦略・ニッサンIDSコンセプト(TOGETHER WE ELECTRIFY) P60
(45)日産:商品戦略(インテリジェント ドライビング) P61
(46)日産:商品戦略(インストルメントパネル前方) P62
(47)日産:商品戦略(インテンション・インジケーター) P63
(48)日産:商品戦略(コモン・モジュール・ファミリー) P64
(49)日産:商品戦略・バッテリー(アモルファスシリコン酸化物) P65
(50)日産:商品戦略・ステアリングが姿を消す P66
(51)日産:商品戦略・車内360°自動撮影(CUBE SHUTTER ROOM) P67
(52)日産:エネルギー戦略・ワイヤレス充電 P68
(53)日産:エネルギー戦略・バイオエタノール燃料電池(e-Bio Fuel-Cell) P69
(54)日産:エネルギー戦略・フル充電で600km走行 P70
(55)日産:安全戦略(#熱駐症 ゼロプロジェクト) P71
(56)日産:安全戦略(真夏日アラート) P72
(57)日産:市場戦略(アルゼンチン) P73
(58)日産:市場戦略(ブラジル) P74
(59)日産:市場戦略(ミャンマー) P75
(60)日産:市場戦略・ダットサンブランド拡大(アフリカ、中東、東南アジア) P76
(61)本田技研工業:知能化戦略(HondaイノベーションラボTokyo) P77
(62)本田技研工業:知能化戦略(感情エンジン) P78
(63)本田技研工業:モビリティ戦略(UNI-CUB) P79
(64)本田技研工業:商品戦略・モーター(ネオジム磁石) P80
(65)本田技研工業:商品戦略・新型燃料電池自動車 P81
(66)本田技研工業:エネルギーマネジメント戦略 P82
(67)三菱:日産+三菱の戦略的アライアンス締結による戦略 P83
(68)三菱:市場戦略(インドネシア) P84
(69)日野自動車:市場戦略(米州を第三の柱に) P85
(70)日野自動車:商品戦略(小型トラック強化) P86
(71)日野・いすゞ:自動運転戦略・トラック・バスの自動走行・高度運転支援 P87
(72)いすゞ:市場戦略(ロシア) P88
(73)いすゞ:商品戦略・次世代燃料(バイオディーゼル) P89
(74)豊田合成:商品戦略・高耐圧GaNパワー半導体を開発 P90
(75)豊田合成:商品戦略(トラック向け脇見、居眠り警報ハンドル) P91
(76)豊田合成:商品戦略(ガラス封止紫外線LED(UV-LED)) P92
(77) SUBARU:商品戦略・社名変更(富士重工から、SUBARUへ) P93
(78) SUBARU:安全戦略(歩行者保護エアバッグ) P94
(79) SUBARU:自動運転戦略・IBMの人工知能を活用(アイサイト) P95
(80) SUBARU:市場戦略・北米市場の拡大 P96
(81) SUBARU:市場戦略・生産能力増強 P97
(82) SUBARU:市場戦略・産業機器カンパニーを自動車事業へ統合 P98
(83) スズキ:市場戦略・インド進出 P99
(84) スズキ:市場戦略・月面調査で技術力を宣伝 P100
(85) スズキ:事業戦略・発電事業(スズキ牧之原太陽光発電所) P101
(86)レクサス:商品戦略:ラグジュアリーSUV P102
(87)マツダ:商品戦略:クリーンディーゼルエンジン P103
(88)マツダ:商品戦略:駆動トルク(G-Vectoring Control) P104
(89)マツダ:商品戦略:DE精密過給制御 P105
(90)マツダ:商品戦略・エンジン音(ナチュラル・サウンド・スムーザー) P106
(91)マツダ:商品戦略・路面自動検知(i-ACTIV AWD) P107
(92)マツダ:商品戦略・人間中心設計のHMI(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ) P108
(93)マツダ:安全戦略・交通標識認識システム P109
(94)マツダ:安全戦略・ライトの自動最適化(アダプティブ・LED・ヘッドライト) P110
(95)マツダ:安全戦略・自動ブレーキ(アドバンストスマート・シティ・ブレーキ・サポート) P111
(96)マツダ・いすゞ:市場戦略:いすゞ製次世代ピックアップトラックのOEM供給 P112
(97) メルセデス・ベンツ日本:市場戦略・オンラインストア展開(Amazon) P113
(98) メルセデス・ベンツ日本:マーケティング戦略・クルマを置かないショールーム P114
(99) フォード・ジャパン・リミテッド:ハンズフリー通話(SYNC) P115
(100) フォード・ジャパン・リミテッド:ハンズフリー空調コントロール(SYNC) P116
(101) フォード・ジャパン・リミテッド:ハンズフリー音楽(SYNC) P117
(102) アウディジャパン:自動運転戦略(ジャック) P118
(103) アウディジャパン:自動運転戦略・運転補助(トラフィックジャムアシスト) P119
(104) アウディジャパン:商品戦略・サスペンションからのエネルギー回生 P120
(105) アウディジャパン:商品戦略・5気筒エンジン P121
(106) FCAジャパン:自動運転戦略(Googleと提携) P122
(107)ロボットタクシー:ロボットタクシーサービス戦略 P123
(108)ロボットタクシー:医療施設にロボットタクシー活用戦略 P124
(109)ロボットタクシー:過疎地の交通手段にロボットタクシー活用戦略 P125
(110)ロボットタクシー:訪日外国人のロボットタクシー活用戦略 P126
(111)ロボットタクシー:深層学習による検知・認識技術の戦略 P127
(112)ロボットタクシー:レーザーセンサーによる全周囲観測技術の戦略 P128
(113)ロボットタクシー:各種センサーの融合活用戦略 P129
(114) JFEスチール:商品戦略:鋼板の新成形技術 P130
(115)TDK:商品戦略・熱に負けないHEV用DC-DCコンバータ P131
(116)経済産業省:次世代自動車の普及率向上戦略 P132
(117)経済産業省:次世代自動車の普及率向上戦略(EV・PHVの増加) P133
(118)経済産業省:次世代自動車の普及率向上戦略(FCV) P134
(119)経済産業省:燃料電池自動車のコスト低減戦略 P135
(120)経済産業省:2020年までにEV・PHVを最大100万台普及する戦略 P136
(121)経済産業省:経路充電戦略(道の駅・高速道路) P137
(122)経済産業省:目的地充電戦略(大型施設) P138
(123)経済産業省:基礎充電戦略(共同住宅) P139
(124)経済産業省:基礎充電戦略(職場) P140
(125)経済産業省:蓄電池の評価保証で中古市場戦略 P141
(126)経済産業省:高出力の急速充電器の開発戦略 P142
(127)経済産業省:水素ステーションの増加戦略 P143
(128)経済産業省:水素ステーション事業の自立化戦略 P144
(129)AICE:多様なパワートレインに対応した次世代自動車の開発・普及 P145
(130)AICE:大規模な水素供給システム確立(2020年代後半に実現) P146
(131)AICE:CO2フリー水素供給システム(2040年頃に実現) P147

奥付け

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る