世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2019年 海外における「6G」に関する基礎調査(公開資料:44社×250枚付き)

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ESP総研
2019年11月¥180,000 (税別)
PDF(CD-R)
26

※A4版、カラー表示。Excel(集計&加工用生データ)も添付。

サマリー

ESP総研が発行するレポート「2019年 海外における「6G」に関する基礎調査(公開資料:44社×250枚付き)」は、海外における6G基礎調査について、44社/250件の「海外の6G進展状況」×「6Gプレイヤー別」の情報をまとめた調査レポートです。


 

【はじめに】

2019年度がスタートして7か月が経過したが、 海外における「6G」に関する網羅的な調査・整理・レポートに対する期待値や注目度が高まっている。

ここ(直近)1年の間、日本よりは2~3年は進んでいるであろう海外において、 「6G」について網羅的に調査&レポート化して欲しい!といった声が挙がっている。

こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2019年 海外における「6G」に関する基礎調査(公開資料:44社×250枚付き) ” ~ 6Gプレイヤー別に、「海外における6G基礎調査」→網羅的な調査を実施、「海外の6G進展状況」×「6Gプレイヤー別」の徹底探索・抽出・整理≪合計44社×250件の「海外の6G進展状況」などを網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。

この調査報告書が海外における「6G」新規&有望ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 


 

【サブタイトル】

~ 6Gプレイヤー別に、「海外における6G基礎調査」→網羅的な調査を実施、「海外の6G進展状況」×「6Gプレイヤー別」の徹底探索・抽出・整理
≪合計44社×250件の「海外の6G進展状況」などを網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~

【調査対象】

・「海外における6G」 全般 

【調査方法】

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用、海外ベンダなどへのヒアリングにより調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2019年10月10日(調査開始)~2019年11月7日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2019年11月11日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。



目次

I. 総括 編 P1

1)大分類&集計・分析(合計250件の6G進展状況を項目別に集計&網羅的に体系化)<企業・団体×項目別6G進展状況>P2

2)企業・団体別×6G進展状況(合計件)別 ×マトリックス 集計&分析 < 企業・団体別件数(44社)>*抽出件数3件以上のみグラフ化 P3

3)国別×6G進展状況(合計件数)×マトリックス 集計&分析 <合計15ヵ国の国別抽出件数>P4

4)国別×6G進展状況(合計件数)×マトリックス 集計&分析 <合計15ヵ国の国別抽出件数(%)>P5

5)世界地域別×6G進展状況(合計件数)×マトリックス 集計&分析 <世界地域別抽出件数(%)>P6

6)6G 企業・団体(250件)項目別一覧(100%出典先も記載した) P7

Ⅱ.参考資料(付録) 編(44社×250枚) *出典項目別×海外×6G基礎調査(公開資料のみ)P1

1.6Gとは何か P2

1-1. 未来のワイヤレス・データ・ネットワーク P3
1-2. 6Gとは何か:今後の展開予測 P4
1-3. 未来のスマート・ソサエティ (1) P5
1-4. 未来のスマート・ソサエティ (2) P6
1-5. テクノロジの進化 P7
1-6. 第六感となるネットワーク:インテリジェンスに囲まれ生まれる価値 P8
1-7. 2030年に向けた研究の方向性 P9
1-8. ネットワーク市場成長予測 P10
1-9. 6Gに向けたメガトレンド P11
1-10. 未来のネットワーク・ビジョン P12
1-11. 6G向け技術候補 P13
1-12. 「人」が中心のビジネス・モデル P14
1-13. ハイパー・コネクティビティ P15
1-14. 6Gの接続性 P16
1-15. Connectome(コネクトーム) P17
1-16. 無制限のコネクティビティ:インテリジェント・インフラ P18
1-17. ゼロリミット・コネクティビティ P19
1-18. 新技術:フォトニクス・ディファインド・ラジオ P20
1-19. ネットワーク展開の多様性 P21
1-20. AI及びMLがワイヤレス・システムにもたらすもの P22
1-21. 持続を可能にするワイヤレス・ソリューション P23 
1-22. コネクティビティのターゲット P24
1-23. 社会や人々の生活により強い影響を及ぼす6G (1) P25
1-24. 社会や人々の生活により強い影響を及ぼす6G (2) P26
1-25. 社会や人々の生活により強い影響を及ぼす6G (3) P27
1-26. THzアプリケーション向けの新たな需要 P28
1-27. 次世代のハードウェアとソフトウェア・ソリューション P29
1-28. 6Gワイヤレス・ネットワークに重要な人工知能 P30
1-29. 信頼性のある6Gコミュニケーション P31
1-30. 6Gはデータ市場を創出するようになりプライバシー保護が重要な鍵を握る P32
1-31. 6Gの研究での、プライベートとパブリック・ネットワーク間の責任区分を調査する必要性 P33
1-32. 6Gネットワークにおける人工知能とブロックチェーン P34
1-33. 新たなテクノロジの可能性 P35
1-34. 大容量MIMO、ポテンシャルとチャレンジ P36
1-35. アーティフィシャル・ラジオ・スペース P37
1-36. ラージ・インテリジェント・サーフェス(LIS)アシスト・ワイヤレス通信 P38
1-37. ブロックチェーン:アプリケーション P39
1-38. ブロックチェーン:シンクロナイゼーション・スライス P40
1-39. 5Gを超える現代のランダムアクセスのポテンシャル P41
1-40. 6Gビジョン P42
1-41. B5G(Beyond-5G)のシナリオ P43
1-42. 1Tbpsに達するソリューションの定義 P44
1-43. B5G周波数が次世代ワイヤレス・ネットワークのパフォーマンスをさらに向上させる方法 P45
1-44. ニュー・ワイヤレス・ジェネレーション P46
1-45. 6Gとその後 P47
1-46. 研究者が求める将来の6Gワイヤレス・システム P48
1-47. 拡張現実の研究 P49
1-48. ディープラーニングをベースとしたSON(Self-Organizing Network) P50

2. 5Gとの違い P51

2-1. 5G技術は6G研究の中核 P52
2-2. 6Gは人工知能との統合 P53
2-3. 6Gに向けてシステムの基盤を提供できる有望な技術調査 P54
2-4. 新しいスペクトルのキャパシティ向上 P55
2-5. 低コストのより小さなセル P56
2-6. シグナル、エネルギー、コストの効率化のための全構造再設計 P57
2-7. 重要なパラメーターの改善 P58
2-8. 信頼性の向上 P59
2-9. 進化する5G P60
2-10. モバイル通信における標準主導の進化 P61
2-11. 6Gに向けて:超高精度ポジショニングとAIの活用 P62
2-12. 5Gの長期的な進化…または6G? P63
2-13. 未来のソーシャル・ステイク:4G、5Gは今後の道のりの始まり P64
2-14. バリューチェーン・アプローチ:スマートネットワークとサービス P65
2-15. スマートネットワークとサービスのコンセプト P66
2-16. 今後5年間に何が起こるか?5G→6G(1) P67
2-17. 今後5年間に何が起こるか?5G→6G(2) P68
2-18. 今後5年間に何が起こるか?5G→6G(3) P69
2-19. 次は何?(1)P70
2-20. 次は何?(2)P71
2-21. B5G及び6Gの今後についての見解 P72
2-22. 5Gエンジニアリングから6Gヒューマニティへ P73
2-23.  ICT(インフォメーション・コミュニケーション・テクノロジ)サービス P74
2-24. 6G研究を推進する4つの領域を分析 P75
2-25. 6Gの社会的及びビジネス・ドライバー P76
2-26. 6Gは通信とサービスのフレームワーク P77
2-27. 高度なサービスを可能にするポジショニング技術の統合 P78
2-28. 5Gモデルのアップグレイド P79
2-29. 5Gに欠けているもの P80
2-30. 6Gは5Gでは不可能であったことを達成することになる P81
2-31. 5Gでは達成不可能な2020以後の社会的デマンドのギャップを埋める6G P82

3. ポテンシャルなユースケース P83

3-1. mmWaveとTHz アプリケーション P84
3-2. ワイヤレス・コグニション P85
3-3. mmWaveとTHz画像 P86
3-4. ワイヤレス・コミュニケーション P87
3-5. 正確なポジショニング(1) P88
3-6. 正確なポジショニング(2) P89
3-7. AIとワイヤレス接続の融合 P90
3-8. 次世代のビジネス・ユースケース P91
3-9. Microsoft:Holoportaion(ホロポーテーション) P92
3-10. 6Gユースケースの要件 P93
3-11. 6G向け大規模な通信 P94
3-12. 拡張現実(AR)と仮想現実(VR) P95
3-13. ホログラフィック・テレプレゼンス(テレポーテーション) P96
3-14. E-ヘルス P97
3-15. ネットワークの屋内カバレージ P98
3-16. インダストリ4.0及びロボティクス P99
3-17. スマートシティ P100
3-18. 無人モビリティ P101
3-19. 水中と空中デバイス間の直接データ送信 P102
3-20. 新しいモバイル・アプリケーションの先駆的研究 P103
3-21. ロケーション・ベース・サービスとデバイス間のサービス P104
3-22. 拡張デジタル・ヒューマン・システム P105
3-23. テクノロジの組み合わせにより成長する新技術 P106
3-24. 偏在するAIの存在 P107
3-25. 6Gに向けたメガトレンド P108
3-26. メガトレンド:AI P109
3-27. コネクトーム P110
3-28. ハイパーコネクテッド・インテリジェント・プラットフォーム P111
3-29. サイバースペース・ネットワーキング P112
3-30. テレポーテーション(シンプルフォーム) P113
3-31. テレ・インターアクション P114
3-32. リアルタイム・テレ・インターアクション P115
3-33. ホロポーテーションによるリアルタイム・インターアクション P116
3-34. サイバースペース上のリアルタイム・インターアクション P117
3-35. 高品質なホロポーテーション P118
3-36. 完全自律的社会 P119
3-37. 6Gフラッグシップ研究分野 P120
3-38. 次世代のビジネス・ユースケース P121
3-39. 未来のユースケース P122
3-40. 6Gの使用例と新しいデバイス形式 P123
3-41. 新時代のスマホ=軽量メガネ P124
3-42. 旅行に代わるテレプレゼンス P125
3-43. 完全自律車両 P126
3-44. 6G未来のユースケース P127
3-45. ハイスピード・モビリティ P128
3-46. 屋内、屋外向けRFセンシング P129
3-47. ワイヤレス・データセンタ P130
3-48. ロボット・ワイヤレス・ナーブ・システム P131
3-49. 高度に各シナリオのために最適化された1つのフレームのネットワーク P132
3-50. 進化する5Gとその後 P133
3-51. ワイヤレス・ネットワークにおけるAIの使用 P134
3-52. 宇宙-空-地上統合ネットワーク P135
3-53. スマートネットワーキングと都市のためのインテリジェント車両 P136
3-54. 移動車両による分散学習 P137
3-55. スーパーツリーハウジング P138
3-56. メガシティの建設 P139
3-57. 5Gのエンジニアリングから、6G人類への移行の時代 P140
3-58. コネクティッド・スマートホーム P141
3-59. 人工知能とロボット P142
3-60. 自動運転車 P143
3-61. B5G向けTHZ通信の初期ビジョン P144
3-62. B5Gシナリオ:キオスク P145
3-63. ネットワークのインドア接続ソリューション P146
3-64. 超大容量コミュニケーション P147
3-65. E-ヘルス P148
3-66. インダストリ4.0とロボティクス P149
3-67. スマートシティ P150
3-68. ホログラフィック・テレプレゼンス P151
3-69. 無人自動運転車 P152
3-70. B5Gユースケース P153

4. 誰がまた、どの企業が6Gの開発に力を入れているか P154

4-1. フィンランドの通信大手:NOKIA P155
4-2. 米国FCC P156
4-3. NYUワイヤレス関連企業 P157
4-4. フィンランド・オウル大学:6G Flagship(1) P158
4-5. フィンランド・オウル大学:6G Flagship(2) P159
4-6. キーサイト・テクノロジーズ P160
4-7. ネットワーク主要事業者 P161
4-8. Bittium(ビッティウム)社 P162
4-9. 5G TNF P163
4-10. 6G合同研究コンソーシアム P164
4-11. サムスン・リサーチ P165
4-12. LG-KAIST 6Gリサーチ・センタ P166
4-13. SK Telecom P167
4-14. Ericsson P168
4-15. NET-2030フォーカスグループ P169
4-16. ZTE(1) P170
4-17. ZTE(2) P171
4-18. NOKIA Bell Labs P172
4-19. FiRaコンソーシアム P173
4-20. サムスン・リサーチ:モバイル・インダストリのエコシステム P174
4-21. サムスン・リサーチ:エコシステムの拡張 P175
4-22. University of Surrey:5GIC P176
4-23. 6Gフラッグシップ科学諮問委員会 P177
4-24. WIVE研究参加チーム P178
4-25. ブレイブ・リサーチ・プロジェクト(1) P179
4-26. ブレイブ・リサーチ・プロジェクト(2) P180
4-27. NYU・University of Padova共同研究チーム P181
4-28. ZTE R&D P182
4-29. Padova University研究チーム P183
4-30. KTテレコム P184
4-31. コーネル・ユニバーシティ P185
4-32. MITメディア・ラボ P186
4-33. Huawei Wireless Research P187
4-34. Ericsson Research P188
4-35. サムスン電子 P189
4-36. 5G Laboratories (NTT DOCOMO) P190
4-37. China Telecom Technology Innovation Center P191
4-38. Orange Labs P192
4-39. European Commission P193
4-40. Hyper-Connected Communication Research Lab (ETRI) P194
4-41. 5G Innovation Centre (University of Surrey) P195
4-42. ZTE(6G Technology R&D) P196
4-43. Lulea University of Technology P197
4-44. KAUST(King Abdullah University of Science and Technology) P198
4-45. Huawei Mathematical and Algorithmic Lab P199
4-46. NYU Wireless, Tandon School of Engineering P200
4-47. University of California, Santa Barbara P201
4-48. International Computer Science Institute P202
4-49. University of Michigan P203
4-50. Semiconductor Research Corporation P204

5.誰が6Gの開発に投資しているか P205

5-1. SKテレコム、ノキア、エリクソン、サムソン6G研究開発に合意 P206
5-2. フィンランド・アカデミー資金提供 P207
5-3. フィンランド政府 P208
5-4. フィンランドAalto大学 P209
5-5. ECファンディング・プログラム P210
5-6. Horizon Europe (FP9) P211
5-7. ECにおける投資予算 P212
5-8. オウル大学 P213
5-9. 欧州委員会 P214
5-10. ANRブレイブ・プロジェクトへの支援 P215
5-11. ComSenTer(6Gコンソーシアム) P216

6. 6Gは必要か P217

6-1. 6Gの必要性 P218
6-2. 5Gシステムの能力? P219
6-3. 5Gの長期的な進化が必要 P220
6-4. 6Gに期待できること P221
6-5. 6Gは5Gテクノロジの欠けたギャップを埋める P222
6-6. 本当に6Gが必要か? P223
6-7. 5Gビジョンは継続するのか? P224
6-8. デジタル・トランスフォーメーション P225
6-9. 健康被害の懸念 P226

7. 6G開発の壁、今後の問題点 P227

7-1. 6G、空間多重化と浸透損失への対処 P228
7-2. 現在のところ、5Gの将来も確かでない P229
7-3. 今後の課題:パーティション損失測定結果 P230
7-4. 6G 規制や社会的ルールの設定 P231
7-5. 健康被害の懸念 P232
7-6. THzスペクトルの課題 P233
7-7. ネットワークの進化に必要なもの P234
7-8. エネルギーの効率性の問題 P235
7-9. セキュリティ問題 P236
7-10. インテリジェント・コネクティビティの問題点 P237
7-11. デジタル・ワールドの限界 P238
7-12. 未来のインターネット:主要な問題 P239
7-13. ハイパー・コネクティビティに予想される問題 P240
7-14. 新しい理論とパラダイム及び革新的なブレークスルー技術が必要 P241
7-15. 6Gに向けた今後の課題 P242
7-16. スペクトルの規制 P243
7-17. 6G開発に関するチャレンジ P244
7-18. 6G実現に向けた課題 P245
7-19. 6Gユースケースに必要なもの P246
7-20. 今後のTHz領域でのスペクトルの利用 P247
7-21. ラジオ・ハードウェアの進捗と課題 P248
7-22. 6G向け新世代の無線技術の問題点 P249
7-23. セマンティック通信の概念 P250
7-24. 6G向けキオスク設置における技術的なPHY(フィジカル・レア)関連の課題 P251
7-25. ワイヤレスAIのチャレンジ P252
7-26. 5Gを超える現代のランダムアクセスのチャレンジ P253
7-27. 宇宙-空-地上統合ネットワーク P254

8. 市場成長予測 P255

8-1. 2017~2025年におけるIoTの世界成長予測 P256
8-2. 2025年までに予測されるB5Gが欧州にもたらす収益 P257
8-3. ビジョン:「ソサエティ5.0」 P258
8-4. IoTが2025年までにもたらす経済効果 P259

奥付け

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る