世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

貿易「Commerce(輸入・輸出)」トレンド 最前線レポート 2015 Vol.1【貿易ITプラットフォーム】

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ESP総研
2015年9月¥180,000 (税別)
PDF(CD-R)
36

サマリー

【はじめに】

 元来、貿易とは様々な人を介し、国と国との間で商品の売買を行ってきた。そのためには、莫大な人とコスト、物流拠点、輸送手段などを必要としてきた。しかし、現在では、個人でもITプラットフォームを活用し、オンラインビジネスとして、手軽に海外との取引を行っている。今までは、海外との取引を行いたくても行う術がないため行えなかった事業者でも海外との取引を始められる。そして、海外との取引を始めたがっている潜在事業者も多数存在しているのではないかと推測される。

 また、2020年に向けて、東京オリンピック・パラリンピックなどによる影響や円安効果もあり、海外から日本に来日する、所謂インバンド人口が増加している。そのことに伴う経済効果もかなり期待されている。

 そこで、第一弾レポートでは、貿易のITプラットフォーム(課金機能を伴う)<例:アマゾン、アリババ、ebayなど)に焦点を当てて、当該(貿易×ITプラットフォーム)市場における代表的な企業をピックアップし、主要各社の優位性、ITプラットフォームを活用することによる利点や投資対効果(収入・支出、利益)、成功事例(特に急成長している分野や業界・業種、商品やサービス)、今後の貿易ITプラットフォームの将来性などを深堀ヒアリングし、貿易ITプラットフォームのケーススタディについて深掘の考察を行った。

 上記の調査結果を基に多面的な分析を行い、各項目ごとに集計&分析コメントとして纏めた。今回、貿易に関するレポートに特化する形で、貿易「Commerce(輸入・輸出)」トレンド 最前線レポート 2015 Vol.1【貿易ITプラットフォーム】を刊行するに至ったが、当該レポートを担当した 河村 昌司 によれば、以下の調査&レポート 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 世界を代表する貿易ITプロットフォーム・ベンダへの多面的なインタビューを通して、貿易ITプラットフォーム・ベンダ&サービスの優位性(強み・弱み)、SWOTをベースに明らかにした。従来では、貿易と言えば、大掛かりな設備投資などを必要とした。つまり、莫大なヒト・モノ・カネを投資しなければビジネスを開始したくてもできない環境であった。しかし、今や貿易ITプラットフォームを活用すれば、個人レベルであっても効率よく貿易を始められることができるようになった。各貿易ITプロットフォーム・ベンダの特徴(SW)・優位点をヒアリング検証することで、当該レポートが今後貿易ビジネスを新規に開始するあるいは貿易ビジネスを拡大するための新たなITインフラ・プラットフォーム(市場調査参考)データとして活用頂ければ幸いである。

 


 

【サブタイトル】

~これから新規に貿易事業を立ち上げる企業や個人にとって即座に役立つ市場調査レポートを発刊。これから貿易(輸入・輸出)事業を拡大・拡張していく企業や個人にとって直ちに活用できるマーケティング・レポートを創刊。~

【調査対象】

・貿易ITプラットフォーム・ベンダ(アマゾンジャパン、アリババ、イーベイ・ジャパン、ビィ・フォアード)

【調査方法】

・弊社専門調査員が貿易ITプラットフォーム・ベンダへの直接電話取材をベースに、貿易ITプラットフォーム・ベンダビジネスの実態や主要各社のSWOT分析ならびにインタビュー個票の作成・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2015年9月9日から多面的なヒアリングを実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2015年9月23日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。



目次

Ⅰ.貿易ITプラットフォーム・ベンダ一覧 編 P1

1)貿易ITプラットフォーム・ベンダ一覧 P2

Ⅱ.総括&個票分析 編 P3

1)今後の方向性に関する提言・調査項目別比較 P4
2-1)取引量・会員数推移 <ポイントのみ抽出> P5
2-2) 取引量・会員数推移 P6
3)取引業種別推移 P7
4)取引顧客従業員規模別推移 P8
5)特徴・強み・アピール点・課題(ビジネス全般、物流拠点、輸送など) (1) P9
5)特徴・強み・アピール点・課題(ビジネス全般、物流拠点、輸送など) (2) P10
6)成功事例(売上規模や利益、成長率など) P11
7)注目理由 P12
8)顧客がプラットフォームを活用する際の投資対効果・メリット・初期費用・ランニングコスト・料金体系 (1) P13
8)顧客がプラットフォームを活用する際の投資対効果・メリット・初期費用・ランニングコスト・料金体系 (2) P14
9)今後の展望・方向性 P15
10)SWOTや競合認識(貿易の業界で、メジャーなITプラットフォームは何か?) P16
11)貿易ITプラットフォーム・ベンダ4社分×実態調査結果・マトリックス(ポイント・キーワードのみ)<企業別×調査項目別>(4社分) P17

Ⅲ.個票 編(当該4社) P23

1.アマゾンジャパン㈱ P24
2.アリババ㈱ P27
3.イーベイ・ジャパン㈱ P30
4.㈱ビィ・フォアード P33

【共通ヒアリング項目】
1.企業概要(住所・代表TEL・売上数ヵ年・特徴など)
2.取引量・会員数推移
3.取引業種別推移
4.取引顧客従業員規模別推移
5.特徴・強み・アピール点・課題(ビジネス全般、物流拠点、輸送など)
6.成功事例(売上規模や利益、成長率など)
7.注目理由
8.顧客がプラットフォームを活用する際の投資対効果・メリット・初期費用・ランニングコスト・料金体系
9.今後の展望・方向性
10.SWOTや競合認識(貿易の業界で、メジャーなITプラットフォームは何か?)

奥付け

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る