世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

“自動運転×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動運転×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ESP総研
2015年3月¥290,000 (税別)
PDF(CD-R)
91

*部分販売 可、組み合わせ販売 可 (1)Ⅰ.総括 編のみ:本体価格90,000円+税 (2)Ⅱ.個票 編のみ:本体価格200,000円+税

サマリー

【はじめに】

  “自動運転×最先端技術”によって、今後20年で、業界全体がいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、“自動運転×最先端技術” に着眼する自動車メーカー、自動車部品メーカー、ロボティクスメーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、自動車あるいはロボティクス関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ITベンダの営業企画・事業推進部門の方々、研究開発部門の方々、ならびに“自動運転×最先端技術” に着眼する幅広い皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、ESP総研では「自動運転×最先端技術」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、“自動運転×最先端技術” に着眼する自動車メーカー、自動車部品メーカー、ロボティクスメーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、自動車あるいはロボティクス関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ITベンダの皆さまの研究開発に役立つかどうか?」「将来、“自動運転×最先端技術”に着眼する皆さまにとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“自動運転×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動運転×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~  レポート を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。 

自動車の全自動運転、ドローンの自動調査、各種ロボティクスにより、多くの作業が全自動化されようとしている。

全自動運転車両により運転作業の多くが全自動化されることにより、運転手の労力が大幅に削減される。また、人的要因による多くの交通事故が発生しなくなる。そして何よりも交通のスムーズ化が実現し、利便性の向上、地球環境のエコに貢献できるようになるだろう。

ロボティクスにより産業・工業・商業の多くが全自動化されることにより、低コスト、24時間体制で生産ラインを動かし続けることができる。また、くり返し作業におけるヒューマンエラーがなくなる。こうしたことによって人間には不可能なレベルでの分析・判断が可能となる。なお、技術訓練を必要とすることなく数多くの場所で作業させることができる他、多くの雑務に人間が振り回される事が無くなりコア業務に集中することができるようになるだろう。

自動飛行を行うドローンが登場することにより、交通の便が悪い地域、僻地、危険地帯への配達が安全に低予算で行えるようになる。また、巡回、調査などの定期的な業務が人的労力を必要とせずに行えるようになる。その結果、人間には行けない場所、人間にはできない業務が行えるようになるだろう。

このように、多くの作業が自動化されることによって、今よりも少ないコストで、より多くの生産が可能となるだろう。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、“自動運転×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動運転×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「自動運転×最先端技術」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 


 

【サブタイトル】

≪業界・分野別×未来予測シリーズ≫
~ “自動運転×最先端技術”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵5枚、個票絵80枚≫~

1)“自動運転×最先端技術”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵5枚、個票絵80枚≫
(1)“自動運転×最先端技術”分野×最先端技術調査から抽出できた「時流」「(次の)提案ポイント」「未来への(方向性やポテンシャル)ヒント」×特に変革(イノベーション)ポイントで代表的な観点を「未来絵(イラスト)」に落とし込み
(2)この「総括絵」「個票絵」のカット・シーンを俯瞰することで“自動運転×最先端技術”によってもたらされる潮流、変革(イノベーション)、“自動運転×最先端技術”業界における新たなトレンドが分かる!
(3)“自動運転×最先端技術“分野×セグメントに集中・特化して”自動運転×最先端技術”業界における変革(イノベーション)ポイントを可視化(未来絵レポート)!

【調査対象】

・「自動運転×最先端技術」分野 全般 
 

【調査方法】

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“自動運転×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2015年1月上旬(自動運転×最先端技術調査開始)~2015年1月26日まで自動運転×最先端技術調査を実施し、2015年3月14日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。



目次

~ “自動運転×最先端技術”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵5枚、個票絵80枚)~ P1

Ⅰ.総括 編 P2

1.自動運転×交通 P3
2.自動運転×産業 P4
3.自動運転×工業 P5
4.自動運転×商業 P6
5.自動運転×ドローン P7

Ⅱ.個票 編 P8

1.「自動運転×未来」 P9

(1)自動運転×市街地 P10
(2)自動運転×駐車場(通勤) P11
(3)自動運転×駐車場(観光・娯楽) P12
(4)自動運転×不動産 P13
(5)自動運転×専用道路 P14
(6)自動運転×高速道路 P15
(7)自動運転×高速道路のサービスエリア P16
(8)自動運転×群走行 P17
(9)自動運転×カーシェアリング P18
(10)自動運転×農業(トラクター) P19
(11)自動運転×農業(コンバイン) P20
(12)自動運転×農業(散布機) P21
(13)自動運転×除草 P22
(14)自動運転×トラック P23
(15)自動運転×バス P24
(16)自動運転×無料バス P25
(17)自動運転×船舶 P26
(18)自動運転×清掃業(ソーラパネル) P27
(19)自動運転×清掃業(除雪) P28
(20)自動運転×レーシングカー P29
(21)自動運転×高齢者・障碍者 P30
(22)自動運転×車体 P31
(23)自動運転×車内 P32
(24)自動運転×ダイナミックマップ P33
(25)自動運転×保険 P34
(26)自動運転×深夜ビジネス P35
(27)自動運転×飲み屋 P36
(28)自動運転×車椅子 P37

2.「ドローン×未来」 P38

(29)ドローン×映像製作 P39
(30)ドローン×農業 P40
(31) ドローン×輸送 P41
(32) ドローン×配達 P42
(33) ドローン×検査(建造物) P43
(34) ドローン×検査(危険地域) P44
(35) ドローン×調査(地形データ) P45
(36) ドローン×調査(海洋資源) P46
(37) ドローン×調査(学術研究) P47
(38) ドローン×警備 P48
(39) ドローン×捜索 P49
(40) ドローン×アクセスポイント P50

3.「ロボティクス×未来」 P51

(41) ロボティクス×生活 P52
(42) ロボティクス×農業(農作物) P53
(43) ロボティクス×農業(園芸作物) P54
(44) ロボティクス×農業(地域作物) P55
(45) ロボティクス×農業(収穫物の積み下ろし) P56
(46) ロボティクス×農業(水質管理) P57
(47) ロボティクス×農業(鳥獣害対策) P58
(48) ロボティクス×畜産業 P59
(49) ロボティクス×畜産業(搾乳) P60
(50) ロボティクス×漁業(養殖) P61
(51) ロボティクス×林業 P62
(52)ロボティクス×土木 P63
(53)ロボティクス×建設業 P64
(54)ロボティクス×工場(自己完結一貫生産) P65
(55)ロボティクス×工場(受注&供給) P66
(56)ロボティクス×製造ライン P67
(57)ロボティクス×製造ライン(食品) P68
(58)ロボティクス×物流産業 P69
(59)ロボティクス×飲食業(ファーストフード) P70
(60)ロボティクス×飲食業(バー) P71
(61)ロボティクス×飲食業(屋台) P72
(62)ロボティクス×飲食業(おにぎり) P73
(63)ロボティクス×飲食業(ウェイター) P74
(64)ロボティクス×小売業 P75
(65)ロボティクス×観光業 P76
(66)ロボティクス×サービス業 P77
(67)ロボティクス×サービス業(フィットネスクラブ) P78
(68)ロボティクス×サービス業(ガソリンスタンド) P79
(69)ロボティクス×宿泊業 P80
(70)ロボティクス×宿泊業(料理) P81
(71)ロボティクス×宿泊業(配膳) P82
(72)ロボティクス×電話接客業 P83
(73)ロボティクス×清掃業 P84
(74)ロボティクス×銀行 P85
(75)ロボティクス×災害対応(発生期) P86
(76)ロボティクス×災害対応(復旧期) P87
(77)ロボティクス×リサイクル業 P88
(78)ロボティクス×医療(診断) P89
(79)ロボティクス×医療(バイオ関連作業) P90
(80)ロボティクス×オフィス P91

奥付け

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る