世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

「日立製作所」が狙う“ワイヤレスM2M&自動車市場 戦略・ビジョン 2014 PC視聴(映像)版【映像レポート】

 

出版社 出版年月電子版価格
ESP総研
2014年7月¥100,000 (税別)
DVD(PC視聴(映像)版)

※【DVD映像コンテンツ時間(合計)】40分2秒

サマリー

【サブタイトル】

ワイヤレスM2Mと自動車市場への適用
Wireless M2M Solutions for Automotive Market

【発信対象】

・「自動車」業界ならびに「ワイヤレス・センサ・ネットワーク」、「M2M(エムツーエム)」業界 など (日本ならびに世界)

【(映像)撮影&編集 方法】

・ムービーカメラ、照明を固定し、日立製作所 情報・通信システム社 会議室 内にて撮影。撮影映像を、ESP総研 機材で編集。

【(映像)撮影&編集 期間】

・ 2014年6月18日に撮影後、2014年7月3日に(映像)編集 終了。

【映像レポート】とは?

1)今や、映像や音声など視覚に訴えて「コンテンツ」を最大限に表現する時代。「伝わりやすさ」「分かりやすさ」「感動」をモットーに「コンテンツ」作りを目指しているESP総研では、「市場調査」業界の先駆者として(文字情報を中心とした)「調査レポート」から(映像や音声を中心とした)「映像レポート」にシフトしました。
2)「取材対象者(語り手)」「スポンサー(番組制作依頼者ならびに番組ニーズ発信者)」「映像制作会社(プロダクション、聞き手=ESP総研)」全てがハッピーで、心から楽しむことを心がけております。
3)「映像レポート」化することで、「情報発信」ならびに「情報伝達」力が高まり、「コンテンツ価値」もUPし、(字幕スーパー:テロップなどを入れるなどして)日本市場のみならず、世界市場に向けた「コンテンツ」作りを行えます。
4)「映像レポート」はスポンサーや真に「当該情報」を必要としている視聴者など、最終的には不特定多数(企業内個人)を対象とした「映像レポート」となっております。また、「コンテンツ」は「映像や音声(パソコンで視聴できるような「MP4 ビデオ (.mp4)」)」+「プレゼンテーター解説資料(PPTなど)」によって構成されていることから、提供形態は「DVD」となります。
5)基本的に、最低で3社以上からの(強い要望)「リクエスト」または特定の企業からの「スポンサー(申し込み)」があった場合に「映像レポート」化を実施しております。
6)なお、「映像レポート」は、「コンテンツ」としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(映像や音声、その他付随資料など)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属します。

【注意事項・備考】

●DISCは片面・1層ディスク ●COLOR ●日本語(ステレオ) ●日本市場向け ●レンタル不可・複製不能
●DVDビデオは映像と音声を高密度に記録したディスクです。DVDビデオ対応のプレイヤーで再生してください。
●このディスク並びにパッケージに関する全ての知的財産権は権利者に留保され、日本国内での企業用、家庭用観賞を目的とした販売に限って許可されています。無断でこれを複製、上映、公衆送信、改変すること、および第三者への頒布(中古販売、貸与などを含む)は法律で厳しく禁止されております。

【コンテンツ・ボリューム(映像)】

【DVD映像コンテンツ時間(合計)】40分2秒

 

 

【資料名】 『『日立製作所』が狙う“ワイヤレスM2M&自動車市場 戦略・ビジョン 2014 PC視聴(映像)版【映像レポート】 』
【頒価】 『DVD』PC視聴(映像)版:MP4 ビデオ (.mp4)(映像レポート→ 40分2秒):本体価格 100,000円+税
<※全部カラー>
【発刊日】 2014年7月3日
【コンテンツ体裁】 『DVD』PC視聴(映像)版:MP4 ビデオ (.mp4)
【コンテンツ・ボリューム】 『DVD』PC視聴(映像)版:MP4 ビデオ (.mp4)は40分2秒

 



目次

Executive Summary

【目 次】
1.はじめに

1.1 自動車におけるビッグデータNW(V2X)
1.2 ワイヤレスNWの種類と自動車への応用

2.ワイヤレスM2Mシステム

2.1 V2Xセンサーネットの目的
2.2 V2Xセンサーネットシステム概要
2.3 広域・狭域ワイヤレスM2M
2.4 自動車向けM2Mの無線周波数
2.5 ワイヤレスM2Mの製品例
2.6 AirLocationーII (位置検知システム)
2.7 AirLocationーMJ (エリア検知システム)
2.8 AirSenseーII (状態検知システム)
2.9 AirSenseーII (状態検知センサ)

3.自動車市場向け応用

3.1 自動車製造工場でのモノ・ヒト位置管理

3.2 駐車場・出荷ヤードでの車位置管理
3.3 自動車ハンズフリー入退室管理
3.4 高速道路でのワイヤレスM2M応用
3.5 次世代ワイヤレスCAN (UWB)
3.6 UWB活用V2Xによるぶつからない車
3.7 V2Xに向けたアドホックネット
3.8 運転者向けBAN
3.9 建設機械でのM2Mシステム
3.10 ロボットカー向けワイヤレスリモコン
3.11 道路保全向けプローブカー

4.まとめ

4.1 応用事例のまとめ
4.2 Executive Summary

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る