世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2014年「安全機器」ビジネス×「ターゲッティング(用途・適用分野)」の現状・実態に関する深堀調査

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ESP総研
2014年5月¥180,000 (税別)
PDF(CD-R)
46

*Excel(集計&加工用Lowデータ)も添付

サマリー

【はじめに】

 2014年度(2014年4月)に入って、1か月半が経過したが、「安全機器」 に対する期待値や注目度が高まっている。

 調査の背景にあるのは、産業用などの「安全機器」及びリスクアセスメントなどの「安全サービス」関連の調査レポートが不足しており、日本における市場規模やマーケッシェア、市場を形成する用途・分野セグメントについて深堀調査&レポート化して欲しい!といった声である。また、「安全機器」ビジネスを積極的に展開するベンダにとって、今後の販売展開に役立ち(活用価値が高く)、且つ網羅性が高く優先順位が分かるような「安全機器」×ターゲッティング(用途・適用分野)の現状・実態について深堀調査&レポート化して欲しい!といった声も高まっている 。

 こうした声を受けて、ESP総研では調査ニーズが高まっている“2014年「安全機器」ビジネス×「ターゲッティング(用途・適用分野)」の現状・実態に関する深堀調査” ~ 当該主要ベンダ(65社・団体)を中心に、「安全機器」ビジネス×全「ターゲット・セグメント(種類)」の網羅的な深堀調査を実施、「安全機器」ビジネス×「有望&新規ターゲット・セグメント」の徹底探索≪合計261件の「安全機器」用途・適用分野×全「ターゲット・セグメント」種類を抽出・整理&ランキング・体系化≫~”をレポート化することとなった。

 この調査報告書が「安全機器」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【サブタイトル】

~ 当該主要ベンダ(65社・団体)を中心に、「安全機器」ビジネス×全「ターゲット・セグメント(種類)」の網羅的な深堀調査を実施、「安全機器」ビジネス×「有望&新規ターゲット・セグメント」の徹底探索
≪合計261件の「安全機器」用途・適用分野×全「ターゲット・セグメント」種類を抽出・整理&ランキング・体系化≫~

【調査対象】

・「安全機器」分野 全般 

【調査方法】

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2014年4月28日(調査開始)~2014年5月20日まで深堀調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2014年5月21日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

 



目次

【目次】

Ⅰ.総括 編 P1

1)大分類&集計・分析(合計261件の安全機器×用途・適用分野を集計&網羅的に体系化) P2
2)企業別×安全機器 用途・適用分野(合計261件)別×マトリックス 集計&分析<1.企業・団体 別> P3
3)企業別×安全機器 用途・適用分野(合計261件)別×マトリックス 集計&分析<2.小分類 別> P4
4)企業別×安全機器 用途・適用分野(合計261件)別×マトリックス カウント・数値定義について(解説) P5

5)当該68社・団体(社名・団体名 非公開企業は全部で1社・団体とカウント)における「安全機器」×用途・適用分野&対象エリア マトリックス一覧(MAP:俯瞰図) P6

6)「安全機器」×ターゲッティング(261件)→【大分類12セグメント】用途・適用分野(可能な限り、出典先も記載した) P21

7)「安全機器」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(65社/部門) P28

奥付け

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る