世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ワイヤレス・センサ・ネットワーク技術の進化、その理想と現実 2013(PC視聴(映像)版/CD-R版)【映像レポート】

 

出版社 出版年月電子版価格
ESP総研
2013年8月¥100,000 (税別)

サマリー

【サブタイトル】

~M2Mビッグ・データ市場開拓に向けた新たなチャレンジ~

【発信対象】

・「ワイヤレス・センサ・ネットワーク」業界ならびに、「M2M」「ビッグデータ」業界 など (日本ならびに世界)

【(映像)撮影&編集 方法】

・ムービーカメラ、照明を固定し、日立製作所 情報・通信システム社 会議室 内にて撮影。撮影映像を、ESP総研 機材で編集。

【(映像)撮影&編集 期間】

・ 2013年7月29日に撮影後、2013年8月9日に(映像)編集 終了。

【映像レポート】とは?

1)今や、映像や音声など視覚に訴えて「コンテンツ」を最大限に表現する時代。「伝わりやすさ」「分かりやすさ」「感動」をモットーに「コンテンツ」作りを目指しているESP総研では、(文字情報を中心とした)「調査レポート」から(映像や音声を中心とした)「映像レポート」にシフトしました。
2)「取材対象者(語り手)」「スポンサー(番組制作依頼者ならびに番組ニーズ発信者)」「映像制作会社(プロダクション、聞き手=ESP総研)」全てがハッピーで、心から楽しむことを心がけております。
3)「映像レポート」化することで、「情報発信」ならびに「情報伝達」力が高まり、「コンテンツ価値」もUPし、(字幕スーパー:テロップなどを入れるなどして)日本市場のみならず、世界市場に向けた「コンテンツ」作りを行えます。
4)「映像レポート」はスポンサーや真に「当該情報」を必要としている視聴者など、特定少数向けを意識しつつ、最終的には不特定多数を対象とした「映像レポート」となっております。また、「コンテンツ」は「映像や音声(パソコンで視聴できるような「Windows Media オーディオ/ビデオ ファイル (.wmv)」)」「プレゼンテーター解説資料(PPTなど)」によって構成されていることから、提供形態は「DVD」ならびに「CD-R」となります。
5)基本的に、最低で3社以上からの(強い要望)「リクエスト」または特定の企業からの「スポンサー(申し込み)」があった場合に「映像レポート」化を実施しております。
6)なお、「映像レポート」は、「コンテンツ」としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(映像や音声、その他付随資料など)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

【注意事項・備考】

●DISC1、DISC2共に片面・1層ディスク ●COLOR ●日本語(ステレオ) ●日本市場向け ●レンタル不可・複製不能
●DVDビデオは映像と音声を高密度に記録したディスクです。DVDビデオ対応のプレイヤーで再生してください。
●このディスク並びにパッケージに関する全ての知的財産権は権利者に留保され、日本国内での企業用、家庭用観賞を目的とした販売に限って許可されています。無断でこれを複製、上映、公衆送信、改変すること、および第三者への頒布(中古販売、貸与などを含む)は法律で厳しく禁止されております。

【コンテンツ・ボリューム(映像)】

【DVD映像コンテンツ時間(合計)】62分52秒

 

【資料名】 『ワイヤレス・センサ・ネットワーク技術の進化、その理想と現実 2013(PC視聴(映像)版/CD-R版)【映像レポート】』
【頒価】 1)(1)PC視聴(映像)版:Windows Media オーディオ/ビデオ ファイル (.wmv)(映像レポート→ 62分52秒)
<※全部カラー><本体価格100,000円+消費税>
2)CD-R<付随資料 解説(プレゼン)資料PDF:57枚>:上記1)の価格に含まれております。<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定などは行っていません。>
3)1)2)のセット価格:本体価格100,000円+消費税
※1)2)それぞれ単体での販売は行っておりません。
【発刊日】 2013年8月9日
【コンテンツ体裁】 PC視聴(映像)版:Windows Media オーディオ/ビデオ ファイル (.wmv)ならびにCD-R(PDF)
【コンテンツ・ボリューム】 DVD(映像)ならびに、PC視聴(映像)版:Windows Media オーディオ/ビデオ ファイル (.wmv)は各62分52秒、CD-R(PDFは合計で57枚)

 



目次

【目次】

≪DISC1≫
0.はじめに
【M2Mの進展】

1.ビッグデータとワイヤレスM2M
1-1 社会にあふれる有用な“ビッグデータ”
1-2 M2Mビッグデータ例 (国内)
1-3 ワイヤレスM2Mトラフィク(回線数)
1-4 ビッグデータ:M2Mクラウド
1-5 スマートセンサネットの価値
1-6 位置情報と状態情報の融合
1-7 M2M・H2Mセンサネット情報システム

2.スマート・センサ・ネットワーク技術の発展
2-1 広域・狭域ワイヤレスM2Mシステム
2-2 M2M向けワイヤレス技術動向
2-3 M2M向けワイヤレス技術動向
2-4 WPAN:ワイヤレスM2Mセンサネット製品
2-5 位置情報向け技術動向
2-6 AirLocationⅡシステム(屋内GPS)
2-7 AirLocationⅡ機器(位置センサ、タグ)
2-8 AirSenseⅡ機器 (センサノード)
2-9 ワイヤレスM2M 統合管理ミドルウェア
2-10 AirSenseWare表示機能

3.M2Mビジネス実用化事例
3-1 ワイヤレスM2Mビジネス実用化事例
3-1 【事例1】 ヤードピッキング(資材、製品)管理
3-1 【事例2】 施設セキュリティ
3-1 【事例3】ハンズフリー入退室管理
3-1 【事例4】 HACCP食品衛生管理
3-1 【事例5】 データセンタ温湿度プロファイル管理
3-1 【事例6】 工場・オフィスの電力省エネ管理
3-1 【事例7】ビルマネジメント(BEMS)
3-1 【事例8】温泉施設エネルギ管理
3-1 【事例9】病院内ME機器管理
3-2 ワイヤレスM2Mビジネス実用化事例
3-2 社会インフラM2M市場
3-2 【事例10】 ガスタービン保全ビジネス
3-2 【事例11】 横断型 農業クラウド
3-2 【事例11】 IT農場、植物工場の遠隔制御
3-2 【事例12】 クレーンドクタークラウド
3-2 【事例13】 自然・環境モニタリング
3-2 【事例14】 公共インフラ維持管理(道路)
3-2 【事例14】 公共インフラ維持管理(橋梁他)
3-2 【事例15】 EV充電ステーション管理
3-2 【事例16】 ビル・建築物免震システム管理
3-2 【事例17】緊急災害誘導システム

4.将来への期待と現状の課題
4-1 M2M/IoT国際標準化動向
4-1 M2M/IoT国際標準化動向
4-2 ビッグデータ処理のデファクト技術動向
4-3 未来ワイヤレス市場
4-4 OT × IT による情報価値
4-4 O&Mクラウドプラットフォーム
4-5 ビッグデータ(ワイヤレスM2M)の高度処理

2.≪講師プロフィール・略歴≫
(株)日立製作所 情報・通信システム社  通信ネットワーク事業部 兼 スマート情報システム統括本部 事業主管 木下 泰三(きのした たいぞう)氏

≪DISC2≫
●付随資料 解説(プレゼン)資料PDF:57枚

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る